洋画

【ワイルド・スピードMAX】ブライアンとドミニクのコンビが復活

更新日:

ワイルド・スピードMAX

ワイルド・スピードMAXをhuluで見る

今作では、ブライアンとドミニクのコンビが復活したんですけど、やっぱりワイルド・スピードといえばこの二人が出てこないと面白さが半減ですね。

3作目の「ワイルド・スピードX3」がどことなくしょぼかったせいもあって、間を置かずに続けて観て大成功!大満足でした。

ワイルド・スピードMAXを見た感想

ワイルド・スピードMAX

冒頭のシーンは、ドミニカ共和国でドミニク(ヴィン・ディーゼル)たちがタンクローリーを襲撃しているところが映し出されているんですけど、そのメンバーに3作目で死んでしまったハン(サン・カン)がいるんですよね。

襲撃後にハンが「東京でレースをする」とドミニクに言うんですけど、そのセリフから時系列を考えると3作目は今作品より後の出来事だとわかります。一応wikiでチェックしてみると、やっぱり正解でした。

作品の流れとしては、1作目 → 2作目 → 4作目 → 5作目 → 6作目 → 3作目 → 7作目となっているそうですね。

それはそれとして、ワイルドスピードシリーズは出だしからいきなり派手なカーアクションが登場するのが定番になっていますけど、転がってくるタンクローリーの下をすり抜けるシーンがあったりして、今回が過去4作で1番興奮したオープニングでした。

ヒットしたことで予算も大幅にアップしたのか、ついつい「もったいない!」と思ってしまう車のクラッシュシーンも増えている気がします。笑

ワイルド・スピードMAXをhuluで見る

ワイルド・スピードMAXのあらすじをやや詳細に(ネタバレあり)

ではストーリーの流れをちょっと詳しくご紹介していきたいと思います。かなりネタバレを含むのでまだ観ていない人は注意してくださいね!

ワイルド・スピードMAX

ドミニカ共和国でタンクローリーを襲撃し、盗難したものを現金化したあと、ドミニクはチームのハンとレティに「警察の狙いは自分なので、一緒にいると捕まるからこれで別れだ」と告げます。恋人のレティ(ミシェル・ロドリゲス)は当然それを断りますが、寝ている間にドミニクはこっそりと姿を消したのでした。

一方、ロサンゼルスのFBIではブライアンが復職しており、巨大な麻薬組織の撲滅のための捜査に関わっています。麻薬の運び役の手配役でデビット・パークという名前の男の情報をつかみ、同時にレティが殺されたことを知りドミニカがアメリカに戻ってくることを察知します。

アメリカにいる妹のミア(ジョーダナ・ブリュースター)に会いに来たドミニクは、レティが殺されたときの詳しい話を聞き出し、殺害された現場の状況をチェックしていきます。タイヤ跡などから、ニトロを使っているフォードコンチネンタル・タイヤだと判定、ニトロを売っている人物の修理工場に向かい、緑のフォードトリノを持ち込んだデビッドパク(ロン・ユアン)という韓国人のことを聞き出すことに成功します。

ブライアン(ポール・ウォーカー)は50人のデビッド・パク候補から、改造車を所有している一人に絞り込むのですが、訪問してみるとすでにドミニクが彼を脅している光景を目にします。デビッド・パクの口からわかったことは、レティは運び屋をしてて殺されたということでした。

ブラガの右腕カンポスが運び屋を雇うためのレースを行なうことを知ったブライアンは、デビッド・パクの紹介ということでそれに参加することになります。

そこにはブライアンもおり、合計4人でのレースがはじまります。最終的にドミニクがトップで運び屋に選ばれるのですが、なんとしてでもブラガに近づかなければならないブライアンは、運び屋のドワイト(グレッグ・サイプス)を麻薬不法所持をでっちあげて逮捕し、その補充人員として運び屋に選ばれたのでした。

ブライアンたちは運び屋の仕事のため集合をかけられ、車ごとトレーラーに載せられて移動メキシコへ向かいます。

砂漠で合流したフェニックス(ラズ・アロンソ)が先導して走行中、熱センサーを駆使する警察が異常を察知しヘリで巡回監視にやってきます。それを秘密トンネルに入り回避し安全な場所で集合することに成功します。

レティを殺したフェニックスらに、自分たちも殺されそうな雰囲気を感じ取ったドミニクはニトロを開栓し車を爆破、そのすきに6000万ドル分の麻薬を積み込んだ車に乗り込み、ブライアンのアイディアで警察の押収車両置場に車ごと隠します。

ミアの自宅に戻ったドミニクはレティの証拠品入れの中に携帯電話があることを見つけ、気になる番号にかけてみるとブライアンの携帯が鳴り始めます。そのことでレティはおとり捜査に関わっていたと知り、ブライアンに殴り掛かるのでした。しかし真相は、おとり捜査に協力するかわりにドミニクを無罪にしてくれるように交換条件を出したからというものだったのです。

ドミニクを自由の身にしてやりたいのはブライアンも同じです。押収した麻薬を取引につかってブラガを逮捕する計画をたて、それが成功したらドミニクの無罪放免を上司に約束させます。

麻薬を返す条件として600万をブラガ本人にもってこさせるようにカンポス(ジョン・オーティス)に指示するドミニク。

ブライアンと向かった取引場所で、ブラガと思われるスーツを着た紳士が車から降りてくるのですが、指紋認証の結果を待たずに早とちりしたFBIの上司が、待機しているSWATに確保せよとの命令をだします。

ところが彼はフェイクで、本物のブラガはカンポスだったのでした。銃撃戦が始まりブラガを捕まえることに失敗し、さらに手の出せないメキシコに逃げられてしまいます。

ブラガが車で逃げるときに、仲間であるジゼル・ヤシャール(ガル・ガドット)を躊躇なく轢きそうになったのをドミニクが助けます。そして混乱に乗じてドミニク自身も姿をくらますのでした。

ブライアンはブラガ逮捕の失敗の責任をとって、捜査から外されてしまいますが、裏ではドミニクと連絡を取り合いブラガを始末しに出発します。その途中で生命を助けられた恩返しのために、ジゼル・ヤシャールがブラガの隠れ家の情報を与えてくれました。

メキシコの教会に隠れているところを見つけたドミニクは、ブラガを殺さずブライアンに逮捕させアメリカまで連れ帰ろうとしますが、その途中でブラガの部下たちの襲撃にあいます。

国境の秘密のトンネルを通過しながら追手を交わすブライアンでしたが、フェニックスの車に追突され横転、助手席のブラガを奪われたあと車から這い出てきたところを銃をつきつけられてしまいます。

まさに殺されそうになる寸前、ドミニクの車がトンネルを抜け出てフェニックスに衝突。見事レティのリベンジを果たすのでした。

ブラガ逮捕に協力したことで、ドミニクの刑が免除されると期待していたものの、裁判長の判断は「懲役25年、ロンポック連邦刑務所への移送」でした。納得できないブライアンとミアは、ドミニクを移送中のバスを今まさに襲おうとしています。

ワイルド・スピードMAXをhuluで見る

まとめ

かなり詳細にあらすじを説明したんですけど、ほぼ全ての流れがわかってしまいますね。笑

最初にも書いたんですけど、前作がイマイチだった分、今作品はかなり楽しめました。違和感を感じるシーンはほとんどなかったですし、迫力やストーリー展開も素晴らしかったと思います。

まぁ、肩を撃たれているのに全く痛そうな顔をしないドミニクの強靭な精神力は超人並みだな~とか、ブライアンの車が右ハンドルなのはなぜなんだろう?とかという部分もありましたけどね。笑

ただ、ひとつだけリクエストするとしたら、ブライアンとミアのお色気シーンも見たかったな~ということです。笑

イケメンと美女のベッドシーンって、やっぱりすごく美しいですし、カーマニア以外の人も楽しめると思うんですよ。あえてそういうシーンを挟まないというコンセプトなのかもしれないですけど、次作にはそういう場面もあれば嬉しいなと思いつつ、早速5作目を観ていきたいと思います。

ワイルド・スピードMAXをhuluで見る

2週間無料で楽しめる!↓↓↓お試しはバナーをクリック!↓↓↓

[紹介している作品に関しては、現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式サイトにてご確認ください。]

ワイルドスピードシリーズ

  1. ワイルドスピード
  2. ワイルド・スピードX2
  3. ワイルド・スピードX3 TOKYODRIFT
  4. ワイルド・スピード MAX
  5. ワイルド・スピード MEGA MAX
  6. ワイルド・スピード EURO MISSION
  7. ワイルド・スピード SKY MISSION
  8. ワイルド・スピード ICE BREAK

-洋画
-,

Copyright© 海外ドラマと映画 ネタバレとレビュー , 2019 All Rights Reserved.