洋画

【アンダーワールド】ヴァンパイアと狼男の戦い

投稿日:

アンダーワールド

アンダーワールドをhuluで見る

ホラーとアクション、コメデイとサスペンス、そしてSFがあれば満足できる私なのですが、ヴァンパイアものも欠かせないということに最近気づきました。

過去に「トワイライトシリーズ」「インタビューウィズヴァンパイア」「ヴァン・ヘルシング」「30デイズ・ナイト」「ブレイド」などの他にも、10作以上のヴァンパイア系作品を観てきました。

しかしながら、有名なアンダーワールドシリーズは「ビギンズ」しか観たことがなく、いつか1作めから順番に観ておきたいと考えていたのです。

今年は、新作の「アンダーワールド ブラッド・ウォーズ」の公開を前に、Huluでシリーズ4作品の配信が開始されましたので、コンプリートするべく、まずは1作めをチェックしました。ちなみにシリーズが公開された順番は、下記のようになっています。

  1. アンダーワールド:(2003年)
  2. アンダーワールド・エボリューション:(2006年)
  3. アンダーワールド・ビギンズ:(2009年)
  4. アンダーワールド・覚醒:(2012年)

アンダーワールドをhuluで見る

アンダーワールドのあらすじ

一言で言うと、ヴァンパイア軍団とライカン(狼男)軍団の戦いを描いた作品です。

主人公はライカン処刑人のセリーン(ケイト・ベッキンセイル)で、元人間だった彼女が処刑人になった理由や、ヴァンパイアの長老から特別扱いされている背景などを織り交ぜつつ、ストーリーが展開していきます。

ヴァンパイアとライカンの始祖となった人間についての情報も語られており、エピソードや人物相関図などの設定がしっかり練られて作られている作品となっています。

アンダーワールドを観た感想

レン・ワイズマン監督が描く世界観

アンダーワールド

監督のレン・ワイズマンは、元美術スタッフとして数々の大作に参加していて、このアンダーワールドが監督デビュー作なんだそうです。

美術スタッフのときに「マトリックス」にも参加したのかな?と思うくらい、細かい描写の部分でよく似ている部分がありました。

たとえば、セリーンが着る丈の長いコートや、アクションシーンのカメラワークなどですね。「もしかしてカメラマンがマトリックスを撮ったのかも?」と思って調べてみたんですが、全くの別人でした。おそらく監督が好きな映画のエッセンスを入れたくて、リスペクトを表すために似せたのかもしれません。

初監督作品ということで、かなりこだわりをもって作り込んだことが伝わってきて、その姿勢にはかなり好印象を持ちました。例えばこういう設定です。

  • 満月じゃなくても変身できるライカン
  • 長老が眠りについている棺システムのかっこよさ
  • ヴァンパイアを殺す特殊弾「紫外線弾」が開発されていること
  • ライカンを殺すための特殊弾「硫化銀弾」が開発されていること

そして、ライカンの処刑を生きる糧としているセレーンの葛藤をきちんと説明しているところも、作品に重みを与えています。

「ライカンを一人ずつ見つけ消す。数は確実に減ったがそれで処刑人としての仕事が減る。」というセレーンのセリフがそれです。

そもそもセレーンが処刑人となったのも、自分の家族をライカンに皆殺しにされた復讐を遂げるためなんですが、ライカンを根絶やしにしたあとに生きる意味を失うかもしれないという含みを持たせているあたりも、素晴らしいです。

そして、その心の穴を埋めるための存在として、マイケル・コーヴィン(スコット・スピードマン)を用意しているあたりも心憎いんですよね。

アンダーワールドをhuluで見る

一族への裏切りや血族殺しなども

単純にヴァンパイアとライカンの戦いを描いているだけでなく、一族の血塗られた歴史も現在の戦いのベースにあるという部分も面白いです。

例えば、三長老のひとりであるビクター(ビル・ナイ)が、一族の純血を守るために、ライカンのルシアン(マイケル・シーン)の子をお腹に宿した娘のソーニャを処刑した過去などですね。

さらに、ヴァンパイアの現在のリーダーであるクレイヴン(シェーン・ブローリー)がルシアンと通じていて、彼のヴァンパイアとライカンの混血を作る計画に加担しているなど、それぞれの思惑が渦巻きまくっています。

数世紀という途方もない時間を生きる中で、一族の存続意義なども変化していったのかもしれません。

また、厳格な鉄の掟が存在するヴァンパイア界において、一族を存続するためとは言え、リーダーのクレイヴンに反抗するセレーンのような存在は異質です。

しかしながら、こういう異質な存在こそが、伝統のせいでがんじがらめになり、終末が訪れるのをただ待つしか無い状態を打破するのも確かです。そうやって新しい歴史が作られてきた史実も多いですからね。

アンダーワールドをhuluで見る

ぜひとも抑えておきたい小ネタ

マイケル・コーヴィンの同僚役でウェントワース・ミラーが出演しているのですが、「プリズンブレイク」のマイケル役のイメージが強い彼が、マイケル・コーヴィンに向かって「マイケル」と呼びかけているシーンは、なんだか面白かったです。

セイレーンは黒髪で癖っ毛のように見えるのですが、演じたケイト・ベッキンセイルの写真を確認すると、ストレートパーマを当てているふうにも思えるんですよね。

金髪のイメージが強い女優さんでも、本当はブロンドに染めているということも多いので、彼女の本来の髪の色と、癖っ毛なのかどうかを激しく知りたいです。笑

ということで、早速2作目を観ていこうと思います。

アンダーワールドをhuluで見る

2週間無料で楽しめる!↓↓↓お試しはバナーをクリック!↓↓↓

[紹介している作品に関しては、現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式サイトにてご確認ください。]

-洋画
-, ,

Copyright© 海外ドラマと映画 ネタバレとレビュー , 2019 All Rights Reserved.