洋画

【トワイライト~初恋~】人間とヴァンパイアの淡い恋

更新日:

トワイライト~初恋~

トワイライト~初恋~をhuluで見る

ステファニー・メイヤーの原作小説「トワイライト」を、キャサリン・ハードウィック監督が映画化。さて、そのあらすじは・・・

離婚した両親の母親と暮らしていた高校生のイザベラ・マリー・スワン(ベラ/クリステン・スチュワート)は、母の再婚をきっかけに、父(ビリー・バーク)と住むことを決心し、人口わずか3120人のワシントン州フォークスに越してくる。

転校先のフォークス高校で数人の友達がすぐにできるが、学校内で異彩を放つカレン家の兄弟たちと、その中のひとりであるエドワード・カレン(ロバート・パティンソン)のことが気になり始める。

ある日、学校の駐車場の自分の車の前で立ち止まっていときに、同級生の車が暴走し、ベラは危うく轢かれそうになるのをエドワードが助ける。常人離れしたエドワードの能力に何らかの秘密を感じ取ったベラは、彼に惹かれつつもその秘密が何なのか調べる。

そして、エドワードをはじめ、カレン家のみんながヴァンパイアであることを知るのだった・・・というストーリー。

2009年アメリカ映画。2時間2分。

トワイライト~初恋~をhuluで見る

トワイライト~初恋~を観た感想

最初は、「ヴァンパイアと人間の恋愛モノなんて、別に新しくもなんとも無いからなぁ」なんて、否定的な感覚で見始めたんです。

ところが、これが予測の範疇をはるか飛び越えて面白かったっていう・・・。

なぜ舞台がフォークスなのか?ということから始まって、古くから刷り込まれてきた吸血鬼像をぶち壊す、そんな新しいキャラクター設定がかなり興味深くて、すっかりハマってしまいました。

そもそもヴァンパイアは太陽の光を浴びると焼け死んでしまうという存在だったはずなんですが、カレン家のヴァンパイアたちは死なないんですよね。

でも、太陽の光が得意なわけではなく、晴れの日は学校を休んだりします。でも、これは、太陽の光を浴びると皮膚がダイアモンドのようにキラキラ光るという特質を持っているからなんでしょう。

明らかに普通の人間とは違いますから、「こいつら、おかしいぞ」と周りから特異な目で見られ、最終的にはこの場所で生きていけなくなることを避けたのだと思います。

そして、フォークスという土地は北米で一番雨が多い地域なんだとか。できるだけ普通の日常を送るには、この場所が最適だったんでしょうね。う~ん、ちゃんと設定ができてて素晴らしいです!

まぁ、カレン家の家族と握手しても、誰も彼らがヴァンパイアだと気づかないのは、ちょっと詰めが甘いかな?という気もしますが、そのあたりはスルーしておいてあげましょう。

トワイライト~初恋~をhuluで見る

トワイライト~初恋~の出演女優

舞台が高校ということで、若い女優さんがたくさん出演する当作品ですが、やはり最も神秘的な魅力に満ち満ちているのは、ベラ役のクリステン・スチュワートでしょう。

クリステン・スチュワート

ヴァンパイアよりも陰があるその存在感。すこししゃくれて、エマ・ワトソンを彷彿とさせるアゴまわり。静かな語り口調。揺らがない意思を感じさせる瞳。

まさにこの役にぴったりの女優さんだと思います。あ、しゃくれは関係ないか。

あと、「アンダー・ザ・ドーム」で初めて知ったレイチェル・レフィブレが、ヴィクトリアというヴァンパイア役で出演してるんですが、若くてかわいい女の子だったのでビックリしました。

さすが女優!出演作品によって見た目や印象がかなり変わりますね。・・・・まぁ、年をとったっていうのもあるんでしょうけど。

トワイライト~初恋~をhuluで見る

トワイライト~初恋~のネタバレ

トワイライト~初恋~

父親と住むためにフォークスに引っ越してきたベラは、子供の頃に遊んだ男の子ジェイコブ・ブラック(テイラー・ロートナー)と、その父親ビリー・ブラック(ジル・バーミンガム)と久し振りに再会する。

彼らはオオカミの子孫と言われているキラユーテ族で、先祖代々、ここフォークスで暮らしている。

転校先のフォークス高校に通いはじめてすぐ、数人の友人が出来たベラだが、独特な空気感をだしているグループが目に留まる。

彼らは、ロザリー、エメット、アリス、ジャスパー、そしてエドワードのカレン家の子供たちで、どうやら外科医のカーライル・カレン(ピーター・ファシネリ)の養子だということがわかった。

生物のクラスでとなりの席になったエドワードは、ベラが近づくと明らかに「なにか臭う」という態度をとり、学校の教務部に「クラスを変えたい」と申し出るが、どのクラスも満員ということで諦める。

その日から数日の間、学校に登校してこないエドワードだったが、久し振りに学校にやってきたとき、黒かった瞳が金茶に変わり、避けていたはずのベラに積極的に話しかけるようになっていた。

ある日、車に轢かれそうになったベラをエドワードが助ける。回りにいた同級生たちは気づいていないが、彼は超人的なスピードとパワーで車の衝突から彼女を守ったのだった。

念のため病院に運ばれたベラは、廊下で話しているカレン家の会話を耳にする。その内容は「ベラを助けたことで、自分たちの立場が危うくなるかもしれない。助けたのは失敗だったかも?」というものだった。

幼なじみのジェイコブが、エドワードたちの秘密を知っているようだったので話を聞き出すと、この地で伝説になっている言い伝えを教えてくれた。

それは、ジェイコブたちキラユーテ族はカレン家の種族と敵だったが、お互いの種族の秘密を口外しないこと、カレンたちの種族は人間を襲わないことを条件に、この土地に永住しても良いという約束を交わしたというものだった。

後日、週末のプロムのドレスを買うというジェシカ・スタンリー(アナ・ケンドリック)とアンジェラ・ウェーバー(クリスチャンセラトス)とともに、ベラはポートアンジェルスに向かう。

現地でドレスを選ぶふたりと別れて、本屋で目当ての本を購入するベラ。その後待ち合わせ場所のレストランに向かう途中で、4人の男に囲まれる。そこに車で登場したエドワードがベラを救い出す。

ポートアンジェルスにいたエドワードに対し、その理由を尋ねるベラ。彼は「真剣に君を守りたいと思い、遠くから見守っていた」と告げる。そして、襲った男たちの心を読んで助けに来たとも。

お互いにひかれあう二人。ふとエドワードの手に触れたベラは、その冷たさに驚く。

インターネットで検索していくと、「冷人族」という種族からヴァンパイアにぶち当たる。いろいろと思い返してみると、エドワードはヴァンパイアの条件にぴったりだった。たとえば

  • 敏捷性とパワー
  • 時々、昔の人のような話し方をする(不老不死)
  • 太陽に当たらない
  • 食事をとらない
  • 眼の色が変わる

などである。

森の中で2人きりになり、自分がヴァンパイアだとベラに打ち明けるエドワード。その日からふたりは付き合い始める。

そして、エドワードは「ヴァンパイアにも自分たち以外の種族がいて、フォークスで立て続けに起こった殺人事件は彼らのせいだ」と話す。

ある日、カレン家のみんなが野球大会を開催し、ベラもそこに招待されるのだが、そこに現れたのが殺人事件を起こしているヴァンパイアのローラン(エディ・ガテギ)とジェームズ(キャム・ギガンデット)とヴィクトリアだった。

ベラの臭いを嗅ぎつけたジェームスは、彼女を狩るための行動をおこし、それから逃れるためにカレン家は共同でベラを守る計画を実行する。

ここからエンディングに向けては、ヴァンパイア同士の戦いと、エドワードとベスの覚悟が描かれていきます。

ヴァンパイアと人間の恋の未来はどうなるのか?「ニュームーン/トワイライト・サーガ」「エクリプス/トワイライト・サーガ」「トワイライトサーガ ブレイキングドーン part1・part2」と続いていく物語は、どのような結末を迎えるのか、かなり楽しみです。

トワイライト~初恋~をhuluで見る

トワイライトシリーズの順番

トワイライト~初恋~をhuluで見る

2週間無料で楽しめる!↓↓↓お試しはバナーをクリック!↓↓↓

[紹介している作品に関しては、現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式サイトにてご確認ください。]

-洋画
-, ,

Copyright© 海外ドラマと映画 ネタバレとレビュー , 2019 All Rights Reserved.