洋画 ホラー&サスペンス

【ザ・ライト ~エクソシストの真実~】アンソニー・ホプキンスの圧倒的オーラを体感せよ!

投稿日:

ザ・ライト ~エクソシストの真実~
ザ・ライト ~エクソシストの真実~をhuluで見る

実在の人物やエピソードを元にした、ミカエル・ハフストローム監督作品。さて、そのあらすじは・・・

コヴァック葬儀社を営む父の元で、幼少の頃からその仕事ぶりを見てきたマイケル・コヴァック(コリン・オドナヒュー)は、信仰心が無いにもかかわらず神学校への進学を決めた。

4年後、マイケルは4年生となり、自らの信仰心のなさを理由に退学届けをマシュー神父(トビー・ジョーンズ)へと送る。

ところがマシュー神父は、ある事件のマイケルの対応を評価し、バチカンで行われている悪魔祓いの講座を受けるように薦めた。

ローマに到着したマイケルは、ザビエル神父の講義を受けながらも、神や悪魔の存在を受け入れず、悪魔憑きは「精神疾患」という認識でいた。

ザビエル神父はそんなマイケルに対し、ルーカス・トレヴァント神父(アンソニー・ホプキンス)の元を訪れるように命じた。彼こそ真のエクソシスト(悪魔祓い)であり、そのやり方を見ることでマイケルが真実に目を向けるようになると考えたからだった。

ルーカス神父が、16歳の妊婦ロザリア(マルタ・ガスティーニ)の悪魔祓いを行うさまをそばで見るマイケルは、少しづつエクソシストへの道に近づき始める・・・というストーリー。2011年。1時間53分。

ザ・ライト ~エクソシストの真実~をhuluで見る

ザ・ライト ~エクソシストの真実~を見た感想

ザ・ライト ~エクソシストの真実~

「エクソシスト」も非常に好きな作品ですが、当作品はこれとはかなり違う内容で、ひとりの青年が信仰心をもつようになり、エクソシストになっていく経過にフォーカスされています。

ホラーというよりも、ヒューマンドラマといったニュアンスが強い作品に仕上がっていますね。

考えてみれば、「神や悪魔」という目に見えない存在を信じていない人は多いわけで、信仰心の無い人目線で物語がスタートする演出というのは、非常に理にかなっていると思うのです。

ただ、そういった人々もマイケルのような体験をすると、人間を超越した存在を信じざるを得ないんだろうなという気もします。「精神疾患」という言葉で片付けられない出来事が次々に起こるわけですからね。

と言っても、作中のセリフにあるように「緑の液体を吐いたり、四足で歩いたりはしない」ですけど・・・。

それにしても、この作品の重厚感のある雰囲気というのは、バチカンの町並みや歴史を感じさせる建物のせいもあると思うんですけど、出演者の演技力によるところが大きいですね~。

特にルーカス神父を演じたアンソニー・ホプキンスの、圧倒的なオーラはすさまじいものがありますね。過去に演じたレクター教授の狂気に似た、悪魔と対峙する人間にしか持てないような奥深さを感じてしまいます。

全編を通じて笑顔のシーンがほとんど出てこないのですが、それでも悲しみや恐怖だけに支配されているわけでなく、一筋の光を耐えず感じることが出来るという非常に秀逸な演出がなされています。

こういう空気感は、邦画では感じることのできないものなので、やはり根本的なものが違うんだろうなという気がしてしまうんですよね。もちろん、日本人にしか出せない空気感もあるので、どちらが優れているという話ではありません。

登場するルーカス神父もマイケルも実在する人物ということで、ふたりともエクソシストとしての活動を現在も行っているそうです。ルーカス神父は2000以上の悪魔祓いを行い、現在はフィレンツェ郊外に在住。マイケルはアメリカの14人のエクソシストのうちのひとりとして、シカゴ教区にいるそうです。

ふと思ったのですが、日本でも悪魔憑きという事象は存在するんでしょうか?信仰が違うということは、悪魔とは異なるものが憑くということなのかも?それが昔からある「キツネ憑き」と呼ばれるものとイコールなのかどうか、非常に興味がありますね。

柳田国男の書籍を読んで行くと、そういうエピソードが見つかるかもしれません。もしくは図書館の文化人類学のコーナーを徹底的に調べるか・・・。どちらにしても、科学では説明できないことが存在するということを、私は信じておきたいのです。

作品冒頭の教皇ヨハネ・パウロ2世の言葉がズドーンと心にはいってくるのは、人間の持つ知識や知能などでは理解できない事象があってほしいという気持ちの現われなのかもしれません。

「大天使ミカエルによる悪魔との戦いは今も続いている。悪魔は今も存在するからである。」

ザ・ライト ~エクソシストの真実~をhuluで見る

ザ・ライト ~エクソシストの真実~の主演女優

悪魔につかれた父親の子を宿した16歳の少女、ロザリアを演じたのがマルタ・ガスティーニです。

マルタ・ガスティーニ

この女優さんの演技力も凄かったです。表情だけでなく、体の動きひとつひとつの細部まで神経が行き届いており、彼女の登場シーンを見るだけでもこの作品を見る価値はあると思えるほどです。

そして、マイケルと同じ講座を受けているジャーナリストのアンジェリーナを演じたアリシー・ブラガ。「ブラインドネス」や「アイアムレジェンド」などにも出演しています。

アリシー・ブラガ

ルックス的には、ジャーナリストというよりも、軍隊の女性隊員という雰囲気かな?という気がしますね(笑)

ザ・ライト ~エクソシストの真実~をhuluで見る

ザ・ライト ~エクソシストの真実~のネタバレ

ストーリーの流れを、わかりやすく箇条書きにしていきます。

  • 自宅でコヴァック葬儀社を営むコヴァック家。その一人息子であるマイケルは、自殺した女性の遺体を整えている
  • 遺体の体を洗い、髪を乾かし、洋服とブレスレッドを身につけさせてから仕事を終え、自宅で食事をとる
  • マイケルはハイスクール卒業後に町を出て神学校に進学した。それは信仰心からではなく、ただ町を出る手段からだった
  • 4年後、相変わらず信仰心をもてないマイケルは、退学願のメールをマシュー神父へと送る
  • その後、雨の降る町中をマイケルが歩いていると、後ろからマシュー神父が声をかけた
  • マシュー神父は何かにつまづき、その拍子に通りかかった自転車の少年とぶつかってしまう
  • そのせいで少年は車にひかれてしまい、道路へと投げ出された。走り寄ったマイケルに「神父さま、お祈りを。このまま死にたくない」と告げる
  • マイケルは祈りを捧げているときに、その少年は息をひきとった
  • その一部始終を見ていたマシュー神父は、マイケルの退学を引き止め、バチカンでの悪魔祓いの講座を受けるように薦めた
  • バチカンに到着したマイケルは、ザビエル神父の「悪魔祓いの実態」という講義を受ける
  • 講義内容は「エクソシストの仕事は取り憑いた悪魔の数と名前の確定である。名前がわかればその霊体を支配し命ずることが出来る」というものだった
  • マイケルは講師のザビエル神父に意見を述べる。そんなマイケルに興味をもったのが同じ講座を受けるジャーナリストのアンジェリーナだった
  • 悪魔の存在に否定的なマイケルに対し、ザビエル神父はイエズス会のウェールズ人、ルーカス神父に会いに行くように告げた。彼が悪魔の存在の証拠を見せてくれると言うのだ
  • ネコだらけのボロボロの屋敷に住むルーカス神父を訪ねると、ちょうどそこに2人の女性がやってきた
  • 彼女たちは、ロザリアという16歳の妊婦とその叔母で、すぐにロザリアに憑いた悪魔を祓う儀式が開始されることになった
  • 悪魔を信じないマイケルに、ルーカス神父は袋の中に自分の持ち物を隠すように言い、マイケルはアメリカドル札を隠しいれた
  • ロザリアは袋の中に入ったドルのことを言い当てた。さらに、彼女の手首には4年前に自殺した女性がつけていたブレスレッドと同じものがはめられていた
  • あっさりと儀式が終わったことに疑問をもつマイケル。ルーカスは「悪魔祓いは数ヶ月から数年かかる」と告げた
  • 町中を歩いているマイケルはマクドナルドを見つけ、テークアウトのコーヒーを飲みながらうろうろしていた
  • そこに声をかけてきたのがアンジェリーナだった。ふたりはカフェに入り、いろいろな話をする
  • そして、取材を受けてくれないルーカス神父と行っていることを教えてほしいとマイケルに乞う
  • 後日、ザビエル神父の講義で、悪魔にも階級や「ベルゼブブ、レヴィアタン、バール」などの名前があることを知る
  • マイケルはザビエル神父からルーカス神父についての感想を聞かれ、「精神病の少女に儀式を行っているのは危険だ」と意見を述べる
  • それを聞いたザビエル神父は、「苦しんでいるのは対象者ではなく悪魔だ」と答えた
  • 部屋に帰ったマイケルは、自分の上着のポケットにあのブレスレッドが入っていることに気づき、ルーカス神父の元へ訪れた
  • そこにいたロザリアに真相を尋ねると、「悪魔がやった」と答え、突然豹変したあと知るはずのない、4年前に自殺した女性のことを語りだし、その後、口から釘を3本吐き出した
  • 後日、ルーカス神父とマイケルは、別の対象者であるヴィンチェンツォという少年の自宅を訪ねた
  • 彼は「夢の中で赤い目のロバが出てきて、それは父親で『自殺しろ』と言った」と話し、目覚めるとお腹と背中に蹄のあとができていたとそれを見せてくれた
  • ルーカス神父は母親のDVを疑ったのか、「ママがやったのか?」と問うたあと、いつも使っている枕を持ってこさせた
  • その枕を探ると、中から1匹のカエルが出てきた。ルーカス神父はそれを暖炉にくべて殺した
  • 立ち去ろうとするマイケルをじっと見つめるヴィンチェンツォは、母親の耳元でに何かを囁くが、マイケルはその言葉を聞き取れない
  • 床においたルーカス神父のカバンの中に、カエルが何匹もいることを発見したマイケルは、先ほどの行為はトリックだと疑う
  • そこにロザリアが溺死をはかったとの連絡が入り、ふたりは病院にむかった
  • 担当医師は「鎮痛剤も抗鬱剤も効果なし」だと言う。病室で祈りを捧げるルーカス神父
  • ロザリアに憑依した悪魔はマイケルに悪魔についての問いを投げかけるが、マイケルは「存在しないものは信じない」と答え、悪魔を怒らせてしまう
  • 手に持ったカバンをルーカス神父に手渡し「小道具を忘れずに」と皮肉を言い帰宅したが、その日の夜に大量出血を起こしたロザリアがお腹の子供とともに亡くなってしまった
  • マイケルはそれを知り非常に落ちこんだ。そしてアンジェリーナを呼び出し、匿名を条件にロザリアの件を話したのだった
  • 実はアンジェリーナの弟も悪魔憑きだったことから、こういった記事を書きはじめたと彼女は告白した
  • マイケルの父が脳卒中で倒れたと連絡がはいる。そして自室に戻ると、部屋の中に大量のカエルがいた
  • アメリカに帰ろうとするが、火山の噴火の影響で空港が封鎖されているという
  • ホテルに部屋をとったマイケルは、父が入院している病院へ電話をかけ、父と数分間の会話をした
  • ところが電話を変わった担当医が、6時間前にお父さまは亡くなりましたと告げたのだった。混乱するマイケルは妙な気配を感じる
  • 違和感を感じた窓の外を見ると、薄く積もった雪の上に蹄のあとが点在している
  • ドアの外側に何かの気配がするが、開けて確認しても誰もいない。ところがそこにあのブレスレッドがおいてあった
  • 思わず外へでたマイケルは、そこで赤い目のロバの姿をみる。一瞬目を離したあと、ロバも足元の雪もすべて消え去っていた
  • マイケルは。自分は幻覚を見て幻聴を聞いているのだと思い込んでしまった
  • あの日、ヴィンチェンツォが母親に耳打ちした言葉がどうしても気になるマイケルは、アンジェリーナを誘い、彼の自宅へと向った
  • そして、彼が告げた言葉は「マイケルの父親が亡くなる」というものだったことを知った
  • ヴィンチェンツォは、「あなたも見たあの赤い目のロバがそれを教えてくれた」と告げたのだった
  • ロザリアを救うことが出来なかったことで、ルーカス神父は信仰心に迷いを感じている
  • そして、そこを悪魔に付け込まれてしまい、憑依されてしまっていた
  • 家中の十字架を逆さまにしているルーカス神父は、自分に悪魔が憑いていることに気づいており、ザビエル神父を呼ぶようにマイケルに命じるが、週末のため連絡がとれない
  • 月曜日まで待つことが出来ないと感じたマイケルは、自分が悪魔祓いを行う決心をする
  • しかしながら、信仰心の無い彼には何の脅威も感じることはなく、ルーカス神父に取り憑いた悪魔は好き勝手な振る舞いをする
  • やはり自分には出来ないと諦めかけるマイケルに、アンジェリーナは「この道に導かれた。これは運命だった」と説得する
  • 再び儀式を開始するマイケルだったが、イスに縛り付けていたはずのルーカス神父が突然立ち上がり、アンジェリーナを襲う
  • 吹き飛ばされたマイケルがなんとか立ち上がり、ルーカス神父を棒で殴りつけるが全くダメージを感じていない
  • 逆に首をしめられ、悪魔の存在を信じさせられ、闇の世界に落ちようとする瞬間、薄れゆく意識の中で幼いころに亡くした母親の顔をマイケルははっきりと思い出した
  • 「悪魔を信じるゆえに神を信じる」と言葉にし、その瞬間からルーカス神父のパワーが減退していく
  • 部屋中にラップ音が鳴り響く中、悪魔の名を問うマイケル。ついに悪魔は「バール」と名乗りマイケルの支配下に落ちた
  • 夜が明け、すっかりと元通りになったルーカス神父の元を去り、アメリカへと帰っていったマイケル
  • アンジェリーナの書いた記事の切り抜きが送られてきた。それは「エクソシストの誕生」という内容だった

ザ・ライト ~エクソシストの真実~をhuluで見る

2週間無料で楽しめる!↓↓↓お試しはバナーをクリック!↓↓↓

[紹介している作品に関しては、現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式サイトにてご確認ください。]

-洋画 ホラー&サスペンス
-, , ,

Copyright© 海外ドラマと映画 ネタバレとレビュー , 2020 All Rights Reserved.