アカデミー賞作品

【ナイロビの蜂】アフリカの人道支援と医療メーカーと陰謀

投稿日:

ナイロビの蜂

ナイロビの蜂をhuluで見る

原作のジョン・ル・カレの小説「ナイロビの蜂」(The Constant Gardener)をフェルナンド・メイレレス監督が映画化。さて、そのあらすじは・・・

英国外務省一等書記官ジャスティン・クエイル(レイフ・ファインズ)は、サー・バーナード・ペレグリン外務省アフリカ局長の代理で記者発表を行った会場で、テッサ(レイチェル・ワイズ)と出会う。

アフリカのナイロビへの駐在が決まったジャスティンに、テッサは「私も連れて行ってほしい」と依頼し、それがきっかけにふたりは結婚する。

ナイロビでは「世界の医師団」のアーノルド・ブルーム(ユベール・クンデ)とともにスラムの人たちと交流をはかるテッサは、そこで行わている医療行為に不審を抱くようになる。

ある日、アーノルドとロキに出かけたその帰り、トゥルカナ湖で殺害されたテッサ。その謎を解きあかすジャスティンの身にも危険がせまり・・・というストーリー。2005年のイギリス映画。2時間9分。

ナイロビの蜂をhuluで見る

ナイロビの蜂を見た感想

最初「ナイロビの蜂」というタイトルは、どういう意味なんだろう?と思っていたのですが、作品中でテッサが皮肉っぽく言うセリフでその意味が理解できました。

ようするに、甘い利権に群がる人々というニュアンスの「蜂」だったということですね。

医薬品メーカーと、医療が万全ではないアフリカの人々、ワイロでどうとでもなる政治家たち・・・これがアフリカの本当の姿だとするなら、人間というのは悪魔に等しいのかもしれません。

アフリカの人たちの死亡率というデータを基準にして、「彼らはほっておいても死ぬんだよ」という考えを持っている一部の人間。そして、ほっておいても死ぬなら、それを他の人達のために使うのが何が悪い?という開き直り。

そこに、アフリカの人たちの気持ちが入り込むことはありません。偽善、利権、そういったものが渦巻く世界は、本当に恐ろしくて仕方がないですね。

本作品はドキュメンタリーも何でも無く、あくまでフィクションとして描かれていますが、それはフィクションにしなければ発表できない何かがあるからだという気がしてなりません。

限りなく真実に近いフィクション。おそらく、それがこの作品の中身なんでしょう。

ナイロビの蜂をhuluで見る

ナイロビの蜂の主演女優

ナイロビの蜂・レイチェルワイズ
レイチェル・ワイズが2005年のアカデミー助演女優賞を受賞した作品ということで、やはり彼女を中心に見てしまったわけですが、オスカーを受賞しただけのことはあるなと感じました。

というのも、演技力の他にも、役に合わせて自分の体型をしっかりコントロールしているからなんです。

今回、妊婦を演じるシーンがあるのですが、バスにはいっているその後姿が完全に妊婦のものだったんですよね。

もともと、スレンダーな体つきなレイチェル・ワイズですが、おしりもドーンと大きくなり、足も脂肪がついてまさに妊婦らしい体つきになっていたんです。

「モンスター」でシャーリーズ・セロンが体重を13キロ増やしていましたが、それとはまた違った太り方をしていて、女優の執念を垣間見ることが出来ましたね。

バストトップもちゃんと見せていて、「狗神」の天海祐希さんのように、「そこだけは死守します」っていうような、違和感のある演出になっていなかったのもよかったです。

ナイロビの蜂をhuluで見る

ナイロビの蜂のネタバレ

ナイロビの蜂

最後まで明らかにされないのですが、テッサ(レイチェル・ワイズ)がジャスティン・クエイル(レイフ・ファインズ)と結婚し、アフリカに同行するまでに至ったのは、彼女の計画だったのでしょうか?

仕事がなければ生きていけないとまで言うテッサのライフワークは、「人道支援」であったりしたわけで、そのためには外交官の妻になるのが最も効率的だと考えたような気がしてならないんですよね。

でも、心からジャスティンのことを愛し、自分が暴こうとしている巨大な悪の計画に彼を巻き込みたくないという気持ちがあったのも確かです。

ということは、最初は自分の仕事のためにジャスティンに近づいたが、途中から本当に愛するようになった・・・そう考えるのが最も自然かもしれません。

もちろん、アフリカの人たちを支援するという目的でナイロビに入った当初は、そこで行われている極悪な計画のことは知らなかったとも考えられます。

製薬会社がHIVと結核の検査を無料で実施している、その本当の計画は下記のようなものです。

1:耐性のある結核菌が世界に蔓延する
2:その結核菌に効果のあるワクチン「ダイプラクサ」をKDHが開発
3:ナイロビの現地企業スリービーズが治験を行う
4:治験はナイロビのスラムの人々を騙して行う

つまり、アフリカの人々には結核の薬の治験を行っていることを告げずに、無料の医療支援だと偽っているということです。

副作用がないことがわかれば薬の認可が下り、世界中で売れることで「ダイプラクサ」は超巨大な金脈になるわけなんですね。結核市場で何十億ドルも稼ぐために、7000万ドルかけてアフリカで実験しているのです。

ナイロビの蜂
ナイロビの蜂をhuluで見る

これに関わっているのが、ケニア保険相ジョシュア・ンガバ博士(ジョン・シビオクム)です。そして、その動きを怪しいと感じ製薬会社を監視している団体は、

  • オックスファム
  • 国境なき医師団
  • 国際保健行動

などですが、アーノルド・ブルーム医師(ユベール・クンデ)もそのメンバーで、そこに加わったのがテッサということになります。

「ヴァークハルジッヒ」というコードネームを与えられたテッサは、綿密な調査を行い、その内容を16ページのレポートにまとめ上げるのですが、ジャスティンの同僚のサンディ・ウッドロウ(ダニー・ヒューストン)にそのレポートを託し、英国のサー・バーナード・ペレグリン外務省アフリカ局長に送付してくれるように依頼します。

ところが、この局長が一枚かんでいたということで、テッサとアーノルドはその口を封じられることになってしまうんですね。

しかも、当局はテッサとアーノルドが不倫していたということにし、夫のジャスティンを欺こうと策略した点など、政府機関の薄汚さをこれというほど見せつけられてしまいました。まさに極悪非道、品性下劣!

何かおかしいと感じたジャスティンは、独自の調査を開始しますが、その結果は「悲劇」という一言で片付けるにはあまりに複雑すぎます。

そこには、テッサのやり残した遺志を継ぐということ、自分の妻を愛し信頼している感情、真実を暴き膿となっているものを洗い流そうとする気持ちなど、いろいろなものが交錯しています。

アフリカの雄大な自然と、人間のドロドロした金銭欲の対比がなんとも言えない世界観を作り出している作品です。

めったにこういう内容の映画を見ることはないですが、見てよかったなと思えるものでした。

ナイロビの蜂をhuluで見る

2週間無料で楽しめる!↓↓↓お試しはバナーをクリック!↓↓↓

[紹介している作品に関しては、現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式サイトにてご確認ください。]

-アカデミー賞作品
-,

Copyright© 海外ドラマと映画 ネタバレとレビュー , 2020 All Rights Reserved.