洋画

【ボーン・レガシー】ボーンシリーズのスピンオフ作品

更新日:

ボーン・レガシー

ボーン・レガシーをhuluで見る

アメリカのスパイ映画「ボーンシリーズ」の4作目。ロバート・ラドラムの原作ではなく、スピンオフ作品として製作されている。監督はトニー・ギルロイ。さて、そのあらすじは・・・

「トレッドストーン」「ブラックブライアー」という作戦をCIAが実施している裏側で、ワシントンDCの国防省、米国調査分析局・NYの対テロ極秘調査局などが4つの作戦を同時進行していた。

ところが、CIA内部調査局のパメラ・ ランディの手により「トレッドストーン」「ブラックブライアー」が明るみに出る可能性が高くなったことにより、現在進行中の「アウトカム」他の作戦の全面中止を決定せざるを得なくなった。

アウトカム計画に携わった者達が次々と殺されていく中、アーロン・クロス(ジェレミー・レナー)とマルタ・シェアリング博士(レイチェル・ワイズ)は、協力し合い、執拗な追跡を逃れていくというストーリー。2012年ユニバーサル作品。2時間15分。

ボーン・レガシーをhuluで見る

ボーン・レガシーを見た感想

ボーン・レガシー

ボーンシリーズの4作目ということですが、ジェイソン・ボーンは登場せず、シリーズのスピンオフという形の作品になっています。原作も存在せず、オリジナルの脚本だそうです。

パメラやノア・ヴォーゼン、アルバート・ハーシュ博士などの登場はありますが、「ボーン・アルティメイタム」「ボーン・スプレマシー」と同じ時間軸でおきている、別のストーリーと捉えてもらえればよいかと思います。

ただ、この作品だけをみて、ボーンシリーズ全体像はつかめないと思いますし、できれば「ボーン・アイディンティティ」から続けて一気に見るのが一番じゃないかと思うのです。

3部作からこの作品を見るまで時間を開けてしまうと、登場人物の相関関係や、細かい設定などを忘れている可能性がありますからね。

シリーズの特徴である、「場面がころころ変わる」ということと、「世界各地に舞台が移動する」という演出はさらに過激さを増していますから、整理しながら見るのは結構大変なんですよね。

1日ゆっくりできる日などに、朝から4作連続で見ることができれば、全てのつながりがしっかり理解できることでしょう。

ちなみに今作品では、アラスカ、アメリカ(メリーランド州ベセスタ、バージニア州レストン、ワシントンDC、NY、シカゴ)、韓国・ソウル、パキスタン・カラチ、フィリピン・マニラなどが登場します。

名物になったカーチェイスが、なかなか出てこないな~と思っていると、最後の最後にすさまじいヤツが待っていますので、期待して見てくださいね。あと、消火器を武器代わりにするあたりも、スパイ映画っぽくてよかったです。

で、5作目は製作されるんでしょうか?できれば、近いうちに製作発表なんかがあると、かなり嬉しいんですけどね~。

ボーン・レガシーをhuluで見る

ボーン・レガシーの主演女優

ボーン・レガシー レイチェル・ワイズ

今回は、大好きなレイチェル・ワイズが主役のひとりということで、かなり楽しく見ることが出来ました。「ハムナプトラシリーズ」でその存在を知って以来、「コンフィデンス」「コンスタンチン」「ナイロビの蜂」「マイ・ブルーベリー・ナイツ」などの作品で、美しいお姿を拝見してきましたが、彼女も40歳をこえて「さすがに老けたな~」という印象でしたね。

それでも、美しいことに変わりはないんですけど、西洋人は一気に老けてしまうので、2~3年姿を見ないと、あっという間にしわしわになってしまうのでビックリしてしまいます。

ただ、今回もタンクトップ姿がセクシーさ満開ですし、やっぱりいいもんはいいですね!

ボーン・レガシーをhuluで見る

ボーン・レガシーのネタバレ

ボーン・レガシー

アラスカの特殊作戦訓練地で、アウトカム作戦に参加中のアーロン・クロス。彼はブルーとグリーンの錠剤を飲むことで、身体的にも精神的にも、通常の人間の能力をはるかに超えた人間兵器となっている。

これは国防省がすすめる、人間を兵器化する人体実験であり、それらの作戦を指揮しているのが、アメリカ空軍退役大佐リック・バイヤー(エドワード・ノートン)だった。

ところが、ガーディアン紙の記者サイモンロスが、CIAの内通者からの情報により、「トレッドストーン」「ブラックブライアー」などの機密事項に近づき、ジェイソン・ボーンからCIA内部調査局のパメラ・ ランディへと極秘情報が渡ったことで、アウトカム作戦など、現在進行中の作戦全てを中止する結論をリックは出したのだった。

作戦の中止=情報漏洩を防ぐため、関係者を抹殺

これが絶対条件であり、リックはそれを実行していくよう、スタッフに指示を出していく。

アラスカで訓練とテストに参加中のアーロンは、グリーンとブルーの錠剤が無くなることを危惧し、少しでも手持ちの量を増やしておこうと、チェックポイントの山小屋に駐留する工作員 #3(オスカー・アイザック)に、錠剤を紛失したことにして、追加を要求する。ところが、そこには在庫はなかった。

工作員の義務とされている血液採取したサンプルを#3に渡すと、彼は無人プロペラ機を使って研究所へと送り届ける手配をした。送り先はキャンデント社グループのステリシン・モルランタ社であり、そこに勤務するマルタ・シェアリング博士(レイチェル・ワイズ)たち複数のスタッフが、血液の研究を行っていた。

天井に「ジェイソン・ボーン」ら、過去に訓練を受けた者達のサインがあるベッドで眠った翌朝、吹雪がはじまりそうな中、アーロンが外の様子を見に出かけた。その直後、ミサイルが飛来し、#3ごと山小屋を爆破してしまった。さらに、バージニアの無人機管制本部から、無人飛行機も飛来してきた。

同時に、パキスタンや韓国に滞在する工作員たちも、黄色い錠剤を飲用させられ殺害されてしまう。

アーロンは、アウトカムに携わる工作員が処分されようとしていることを感じとり、右足の太ももに埋め込まれた発信機をナイフで取り出す。そして、山中で近づいてきたオオカミにそれを飲ませ、自分が狙われている危険を回避。実際に無人飛行機から発射されたミサイルは、移動するオオカミをロックオンし、爆破したのだった。

ボーン・レガシー
ボーン・レガシーをhuluで見る

ステリシン・モルランタ社の研究室では、薬品により脳をコントロールされたドナルド・フォイト博士(ジェリコ・イヴァネク)が、仲間を拳銃で次々と撃ち殺していった。アウトカムに関わった人間は、一人残らず始末されるようだ。

研究室では、マルタ・シェアリング博士がフォイト博士に狙われ、まさに間一髪のところで警備員の助けが入り、ひとりだけ生き残ることが出来た。しかし後日、ダウド博士とフーパー捜査官ら数人が自宅に訪れ、自殺に見せかけて殺されそうになる。

そこに助けにはいったのがアーロンだった。彼は、研究所で働くマルタの自宅に、グリーンとブルーの錠剤が保管してあると考え、近くに潜んでいたのだった。

襲いかかってくる暗殺チームの全てを倒し、家にガソリンを巻き、火をつけて車でその場をはなれるアーロンとマルタ。途中で警察に尋問されてときのために、アーロンは偽の名前や状況設定を決め、それをマルタに覚えるように指示する。

車の中で会話をするふたり。研究所で何度か顔を合わせているにも関わらず、マルタはアーロンの名前を知らない。採取した血液サンプルには「5」としか書かれておらず、マルタは彼の名前を今初めて知ったのだった。

グリーンとブルーの薬の保管場所を尋ねるアーロンに対し、マルタは「製造工場はフィリピンのマニラにある」と伝える。そして、現在もグリーンの錠剤を飲んでいるというアーロンの告白に対し、「8ヶ月前に中止になったはず」と答える。

実は、活性ウィルスのおかげで薬を服用しなくても良くなったのだ。アーロンは、過去に高熱で死にかけたことを思い出し、あのとき知らずに活性ウィルスを投与されていたことを知る。

そして、マニラの製造工場に行けば、残りのブルーの錠剤の活性ウィルスも摂取できるということで、ふたりでマニラに飛ぶことにした。

リック・バイヤーは、一刻もはやくマルタを亡き者にするため、NSA(安全保障局国防総省)に協力を要請。マルタが病原菌を盗んだということにし、彼女を追い込む作戦を開始した。

監視の目を逃れ、マニラに到着したアーロンとマルタだったが、リックらも着々とその行動を追跡し、マルタがアーロンと行動を共にしていることを突き止めた。

製造工場に到着したふたり。活性ウィルスを注射することに成功するが、リックからの連絡で工場が封鎖されることになる。

アーロンは、工場内で働く人々にパニックをおこさせ、そのドサクサにまぎれて逃亡し、マニラのホテルに宿をとるが、アーロンは活性ウィルスの影響で意識が朦朧としている。

そのタイミングを狙ってか、リックは二人の抹殺に、冷酷な人間兵器RX(ラークス)-03(ルイ・オザワ)の派遣を決定する。

翌朝、マルタは街の薬局に買い物に出かけている、アーロンは体力を取り戻し復活しているようだ。

薬局で買い物をしていると、警察官たちが慌ただしく自分たちの宿泊するホテルを取り囲む様子が見えた。マルタは危険を顧みず、大声でアーロンに逃げるように伝える。

ここから、警察とラークス、アーロンとマルタのカーチェイスが始まっていきます。

今回はバイクがメインとなっているのですが、その凄さは手に汗握る展開の連続で、息をつく間も与えてくれません。

そして、ラストシーンへと続くわけですが、危機を乗り越えた男女がどうなっていくのか、その先の物語もちょっと見てみたいなと思わせるラストでした。

ボーン・レガシーをhuluで見る

2週間無料で楽しめる!↓↓↓お試しはバナーをクリック!↓↓↓

[紹介している作品に関しては、現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式サイトにてご確認ください。]

ジェイソンボーンシリーズ

-洋画
-,

Copyright© 海外ドラマと映画 ネタバレとレビュー , 2019 All Rights Reserved.