海外ドラマ

【SMASH~スマッシュ~】ミュージカルスターを目指す女性たちの物語

投稿日:

SMASH~スマッシュ~

SMASH~スマッシュ~をhuluで見る

スティーブン・スピルバーグが製作総指揮を担当したドラマ。さて、そのあらすじは・・・

カレン・カートライト(キャサリン・マクフィー)は、アイオワからニューヨークにやってきた、ブロードウェイミュージカルスターを夢見る女性。

彼氏のデーヴ・サンダラム(ラザ・ジャフリー)と同棲し、バイトしながら様々なオーディションを受けている。

そんなとき、マリリンモンローを主題にしたミュージカルのオーディションの最終選考まで勝ち残り、ブロードウェイの舞台に立つチャンスをつかみかけるのだが・・・というストーリー。

SMASH~スマッシュ~を見た感想

Huluでは、2015年5月現在、シーズン1・2がの全話が配信されています。

私は、ミュージカルとかほとんど興味ないのですが、スピルバーグが製作したという1点だけに惹かれて見始めました。

ところが、食わず嫌いというのはやはり良くないですね~。自分がこれほどまでにミュージカルドラマにはまるとは思っていませんでした。

もともと音楽が好きということもありますが、とにかく出演者の歌とダンスのダンスのレベルがすごい!!!!

ダンスのことはほとんどわからない私ですが、それでも日本のアイドルグループが踊っているそれとは全く別次元で、いかに今まで見てきたダンスがお遊戯会の延長だったかということを思い知らされました。

主演のカレン・カートライトを演じたキャサリン・マクフィーは、「こんなに歌のうまい女性が有名ではないなんて、どういうことだ?」と思っていたのですが、ちょっと調べてみると、

・アメリカの人気オーディション番組「アメリカン・アイドル シーズン5」(2006年)で準優勝
・デビューアルバム「Katharine McPhee」が全米アルバムチャート第2位

という実績のある女優さんでした。そりゃあ歌がすさまじくうまいはずだと納得。

でも、マリリンモンローのキャストを争いライバルのアイヴィー・リン役を演じたメーガン・ヒルティも、かなりの歌い手で、歌う曲によってはキャサリン・マクフィーよりも心に刺さった場面も多くありました。

なんというか、アメリカのショービズ界の底辺の広さというか、

「実力者がゴロゴロいる国だからこそ、アメリカンドリームは起こりえるんだな」

ということを再確認しました。実力もないのに、コネとか事務所のちからだけで売れてしまう日本のエンタメ界とは、やはり別物なんですよね。

当作品では、マリリン・モンローのミュージカル「ボムシェル」の制作の過程を描いているのですが、複雑な人間関係や、ショービズ界の汚れた一面、自由奔放な恋愛などがバランス良く表現されています。

シーズン2はまだ配信されていませんが、シーズン2も新しく登場するキャラクターとともに新展開になりますので、その完成度の高さを満喫してください。

SMASH~スマッシュ~をhuluで見る

SMASH~スマッシュ~の出演女優

メインになるのは、女優のふたり、カレンとアイヴィーなのですが、それ以外にも脚本と作詞を担当するジュリア・ヒューストン(デブラ・メッシング)や、プロデューサーのアイリーン・ランド(アンジェリカ・ヒューストン)など大人の女性の恋愛も描かれています。

不倫、離婚、新しい恋・・・などなど、日本の昼ドラにも負けていないドロドロシーンがあり、そういうのが好きな人にも楽しめること請け合いです。

私の楽しみとしては、ニューヨーク・タイムズの記者RJ役のタラ・アッシュ、ダンサー役のジェシカを演じたサヴァンナ・ワイズ、そしてアイリーンの娘ケイティ・ランド役のグレース・ガマーがかわいくて、その登場を心待ちにする・・・というものだったんですけどね。

ほかにも、映画スター「レベッカ・デュバル」としてユマ・サーマンが出演していたりして、そのときに「超有名女優が画面に登場するだけで、一気に作品が面白く感じるもんだな」と感じたんですが、やはりスターのオーラの影響なのか?と不思議に思いましたね。

ちなみに、回をおうごとに出演女優が日本のタレントさんとかぶってきて、そのイメージが頭にこびりついて閉口してしまいましたよ。

たとえば

  • アイヴィー・リン(メーガン・ヒルティ)は伊佐山ひろ子さん
  • アイリーン・ランド(アンジェリカ・ヒューストン)はハイヒールりんごさん
  • カレン・カートライト(キャサリン・マクフィー)は吉川友さん
  • レベッカ・デュバル(ユマ・サーマン)は大政絢さん

などなどです。

年齢とかスタイルとかは違うんですが、一度そのイメージを持つと、その人にしか見えなくなるのが私の悪いくせで、特にアイリーンがニックと事を終えたシーンなどは、ちょっとゲンナリしてしまいました(笑)

SMASH~スマッシュ~をhuluで見る

SMASH~スマッシュ~の主な登場人物とややネタバレ

SMASH~スマッシュ~
  • カレン・カートライト(キャサリン・マクフィー):アイオワ州出身の新人女優
  • アイヴィー・リン(メーガン・ヒルティ):母親はトニー賞を受賞した女優
  • リー・コンロイ(バーナデット・ピーターズ):アイヴィーの母親
  • ジュリア・ヒューストン(デブラ・メッシング)::脚本・作詞担当
  • トム・レヴィット(クリスチャン・ボール):作曲家・ゲイ
  • デレク・ウィルズ(ジャック・ダヴェンポート)演出家 アイヴィーと交際しているのにレベッカと寝る
  • アイリーン・ランド(アンジェリカ・ヒューストン):プロデューサー
  • エリス・ボイド(ハイメ・セペロ)トムの助手からアイリーンの助手になる レベッカのスムージーにピーナツを入れてクビになる 一番イヤなやつ
  • マイケル・スウィフト(ウィル・チェイス):ジョーディマジオ役の俳優 ジュリアの不倫相手
  • ジェシカ(サヴァンナ・ワイズ):ダンサーのひとり
  • レベッカ・デュバル(ユマ・サーマン):映画スター マリリン役のオファーを受けるが降板
  • デーヴ・サンダラム(ラザ・ジャフリー) :カレンの彼氏
  • フランク・ヒューストン(ブライアン・ダーシー・ジェームズ):ジュリアの夫 元科学の教師
  • レオ・ヒューストン(エモリー・ コーエン):ジュリアとフランクの息子
  • ジェリー・ランド(マイケル・クリストファー):アイリーンの夫。有名なプロデューサー
  • ケイティ・ランド(グレース・ガマー):アイリーンとジェリーの娘
  • RJ(タラ・アッシュ)ニューヨーク・タイムズの記者 デーヴに片思いしている
  • ニック(トースティン・ケイ):美味しいマティーニをだすバーのマスター アイリーンとスティディになる

印象に残っているシーンはいくつもあるのですが、田舎娘くささが抜けないカレンを垢抜けさせるために、洋服などの買い物に連れ出すボビー(ウェズリー・テイラー)、ジェシカ、スー(ジェニー・ラロッシュ)がいいやつだったことがわかったところとか、結構好きですね。

ゲイの人たちも多く登場しますが、トム・レヴィット(クリスチャン・ボール)が複数男性とキスしてるのには、役者魂を感じました。ちょっとしたしぐさもオネェにしか見えなくて、その演技力の高さには感服しました。

挿入歌も選曲がよくて、エイミーワインハウスの曲を取り上げていたり、音楽好きにも楽しめる作品になっています。

カレンがマリリン役を射止めることができるのか?ということが焦点になっていますが、アメリカのドラマはやはりハッピーエンドが良いということで、これをネタバレとさせていただきます。

ただ、シーズン2への伏線もいろいろあるので、そのあたりでは不幸な結末も出現すると思います。早く続きが見たいと感じる作品になっていますよ。
シーズン2もさらに面白さを増して、非常に楽しめる作品となっています。おそらくシーズン2で完結という感じですが、できれば続編が見たいですね。

SMASH~スマッシュ~をhuluで見る

2週間無料で楽しめる!↓↓↓お試しはバナーをクリック!↓↓↓

[紹介している作品に関しては、現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式サイトにてご確認ください。]

-海外ドラマ
-, , , ,

Copyright© 海外ドラマと映画 ネタバレとレビュー , 2019 All Rights Reserved.