日本のドラマ

【セーラーゾンビ】若手女優が勢揃い!

更新日:

セーラーゾンビ

セーラーゾンビをhuluで見る

テレビ東京系「金曜25時」枠で放送された、AKB48メンバー主演のドラマ。さて、そのあらすじは・・・

ゾンビだらけになった世界。自ら車を運転して逃げてきた乾舞子(大和田南那)は、事故を起こしてゾンビに襲われそうになっていたところを、藤美女子高校の小山田睦美(高橋朱里)らに助けだされた。

舞子が気が付くと、そこは藤美女子高校の教室で、周りには20人ほどの女生徒たちがいた。彼女たちは数人の先生たちとここで共同生活を行っているという。

東高校の生徒だった舞子は、藤美女子高校に転校してきたということにして、みんなと一緒に暮らし始めたのだが、その後いろいろな事件がおきて・・・というストーリー。2014年放送。

セーラーゾンビを観た感想

「マジすか学園」のように、AKB48グループのメンバーが総出演というわけでなく、次世代を担うAKBメンバーと、同世代のブレイクが期待できそうな若手女優たちが出演しているドラマです。

設定としては特に目新しいものはなく、ゾンビだらけの世界で女子高生たちがゆるーく生き残っていくという展開になっています。

登場するゾンビにはいくつかの特徴があって、

  • 「ムンムンラル」という曲を聞くと踊りだす
  • ゾンビに噛まれて24時間以内は瞳が赤い状態になり、この間にワクチンを注射すると人間に戻れる
  • 人間だったときの生活パターンや癖、趣味などを継承する

というキャラクターとなっています。このドラマは、基本的にAKB48ファンが見て楽しめるようになっているので、内容の充実度は二の次かなという気はしますね。

AKB48ファン以外であれば中高生がターゲットだと思うので、本格的な演技力なども必要ないということもあるのか、学園祭的なクオリティの演技もあちこちで見受けられます。

まぁ、それだけではさすがによろしくないという制作サイドの良心が働いたのか、教頭役に相島一之さん、教師役に石橋けいさん、永岡卓也さんらを配置して、だるだるにならないように配慮はしているようです。

もちろん、マオを演じた前田聖来ちゃんのように、本格的な演技が出来る女の子もキャスティングしていましたけどね。

個人的には、「パラダイスレディオ」のDJマーロンを演じたブラザートムさんがツボでした。

もともとコメディアンとして世に出てきた人ですから、その演技力や独特のキャラクターは、アイドル主演のドラマにバチっとはまりますね。

アクの強いキャラクターを起用するのが好きな秋元康さんの考えも、非常によく理解出来る気がします。

セーラーゾンビをhuluで見る

セーラーゾンビの主演女優

メインは乾舞子を演じた大和田南那ちゃんで、準主役がその友人、小山田睦美を演じた高橋朱里ちゃんとなっています。

大和田南那

その次が、秋月百花役の川栄李奈ちゃんと言った感じでしょうか。

ただ、気になったのは生徒会長の中嶋(相葉香凛)と、

相葉香凛

百花の友人である玲子(藤原令子)、

一言だけのセリフだったイオリ(飯田祐真)ですね。

これからどんどん有名になっていくんじゃないかな?という気がした3人でした。

ミルクプラネット

・マユ(渡辺麻友)・ユイ(横山由依)・カレン(岩田華怜)

セーラーゾンビをhuluで見る

セーラーゾンビのネタバレ

アイドルになるのが夢という舞子が、憧れのアイドルグループ「ミルクプラネット」のアドバイスを受けながら、前向きに生きていくという内容となっています。その中で、

  • 読者モデルで性格の悪い百花や、その取り巻き連中との関係性。
  • 人間と見分けがつかないゾンビがいるという噂に対する対応。
  • 「大人は裏切る」という教訓。
  • 自分を助けてくれた友人への恩返し。
  • 愛する者を亡くしたあとの虚無感。
  • 絶望的な状況でも夢を諦めないという気持ち。
  • 生き残ることをゲーム感覚で楽しむ者の存在。

などなど、いわゆるゾンビ作品の多くがテーマにしている内容と重なりあう部分が多いのですが、それを女子高生目線で描き出しているところがオリジナルなんだと思います。

友人たちが次々とゾンビになっていき、舞子たちは感覚が麻痺しているとは思うのですが、ゾンビだらけの状況で「いつ自分が襲われるかわからない」という精神状態なのに、あれだけ平然と生活していられるのは、神経が図太いのかただのバカなのか?という感じですね。

そこに恐怖感とか危機感とか切迫感とかは全くないですから(笑)。

まぁ、女子高生たちだけでなく、登場する大人たちも概ねゆるい感じですので、ひとり取り乱しまくっている鍋島先生のほうが異常なんじゃないかと思ってしまいます。

普通はこちらが正常な反応なはずなんですけどね。

最終的に、偶然ながら、憧れのミルクプラネットと同じく3人組のアイドルグループ(のようなもの)を作れて、しかも自分たちで作詞作曲した曲を披露し、その曲でゾンビたちが踊るというアイドルコンサート的なイベントを行うことが出来たのはよかったですね。

作曲は睦美が行ったようですが、「ムンムンラル」をパクって作ったからゾンビたちも楽しそうに踊ったということです。

ただ、歌うことをやめるとゾンビに襲われるので、その後はどうしたのかな?とは思いますが、夢を叶えた舞子はこれでゾンビになっても悔いはないということなのかもしれません。

憧れのミルクプラネットも、実は死の世界の住人だったことですしね。

あと、スカートめくりを決めまくった亀岡元気(市川大樹)・勇気(若林瑠海)の兄弟はグッドジョブでした(笑)。

セーラーゾンビをhuluで見る

2週間無料で楽しめる!↓↓↓お試しはバナーをクリック!↓↓↓

 

 

[紹介している作品に関しては、現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式サイトにてご確認ください。]

-日本のドラマ
-,

Copyright© 海外ドラマと映画 ネタバレとレビュー , 2020 All Rights Reserved.