海外ドラマ

【PERSON of INTEREST 犯罪予知ユニット】秘密裏に犯罪を防ぐチームの活躍を描く

投稿日:

PERSON of INTEREST 犯罪予知ユニット

PERSON of INTEREST 犯罪予知ユニットをhuluで見る

J.J. エイブラムス(フリンジほか)とジョナサン・ノーラン(ダークナイト)がタッグを組んだ作品。さて、そのあらすじは・・・

天才的なコンピュータープログラマーであるハロルド・フィンチ(マイケル・エマーソン)は、自らが作った「マシーン」と呼ばれる犯罪予告システムを利用して、ニューヨークシティで起こる、警察が動くことの出来ない「未来の犯罪」を防止しようと考える。

その実行を担う人材としてリクルートしたのが、元グリーンベレーで元CIAのジョン・リース(ジム・カヴィーゼル)だった。

犯罪に関わる人物をマシーンは見つけ出すが、その人物は社会保障番号でしか表示されない。しかも被害者なのか加害者なのかもわからない。

ジョン(ジョナサン)とフィンチ、そこにNY市警の刑事や過去に彼らがつながりを持った人物がからみ合って・・・というストーリー。

2017年11月現在、シーズン5までの全話が配信されています。

PERSON of INTEREST 犯罪予知ユニットをhuluで見る

PERSON of INTEREST 犯罪予知ユニットを見た感想

PERSON of INTEREST 犯罪予知ユニット

この作品は、「ロスト」「フリンジ」「アルマゲドン」などで知られるJ.J. エイブラムスと、「ダークナイト」「プレステージ」などの脚本家として知られるジョナサン・ノーランが製作総指揮・脚本を担当しています。

SF的な要素は排除し、

「実はすでにリアルの世界でも、こういうシステムって稼働してるんじゃないの?」

と思えるくらいリアルな世界観を作り出していますので、より現実社会に近いストーリー展開が楽しめますよ。

日本でも「Nシステム」というものがありますので、この作品のコアになっている「マシーン」というのは、あながち空想だけのものではないんだろうなという気がします。

それくらいリアルに感じられるほど、インターネットを含めた通信網のセキュリティシステムは進んでいる世の中になっているんでしょうね。

当作品は、テレビ放送時にも、すさまじいまでの人気を誇っていたそうですが、なるほど納得の完成度です。

ほぼ1話完結の形をとっていますので、「1話見逃しても楽しめる」という強みはあるにしろ、出演しているキャラクターの個性もわかりやすいですし、ストーリーの大どんでん返しも予測を裏切るものがいくつも用意されていて、最後まで飽きさせないのが素晴らしいんですよね。

あと、なんといっても主役のジョンとフィンチの2人のコンビが、なんとも言えない良い雰囲気を醸しだしていて、非常に魅力的な人物として描かれています。

長身でイケメン、アクションもバリバリなジョンと、プログラマー・ハッカーとして超一流であり、しかも億万長者の「ねずみ顔」のフィンチ。

共に「未来の犯罪を防ぐ」という共通のテーマに向かって行動していますが、彼らの過去も興味深いもので、まだまだ表に現れてきていない事実が隠されていると思うと、ワクワクがとまりません。

PERSON of INTEREST 犯罪予知ユニット

そして、数話ごとに登場する新しいキャラクターも、ストーリーの深みと興味を持たせるのに役だっているんですよね。

いろいろな海外ドラマを見てきましたが、この作品ほどジワジワくる面白さは、なかなか無いように思います。チョイ役の出演女優さんにも美人が多く、それがまた楽しみのひとつでもあるんですけどね。

そうそう。ジョンは元スパイだったにもかかわらず、007のジェームスボンドのようなプレイボーイではありません。過去の心の傷を引きずっている姿が人間性を感じさせ、親近感を抱かせるんですよね。

ニューヨーク市警のジョス・カーター(タラジ・P・ヘンソン)、ライオネル・ファスコ(ケヴィン・チャップマン)もいい味出しまくっています。個人的には、ジョンの恋人だったジェシカ・アーント(スーザン・マイズナー)と、23話に登場したルート(エイミー・アッカー)がたまりません(笑)

それにしても、ニューヨークでは18時間に1人殺されるそうですから、昔より治安がよくなったとはいえ、相変わらず「犯罪都市」であることには間違いないようですね。そのニューヨークを舞台に繰り広げられる当作品、大人が楽しめるドラマに仕上がっていますよ!

シーズン5で完結しますが、最後まで飽きさせない展開で、ストーリーの構成は秀逸な作品です。

PERSON of INTEREST 犯罪予知ユニットをhuluで見る

シーズン1・各ストーリーのマシーンによる選別者

  • 1話「序章」:ダイアン・ハンセン
  • 2話「ゴースト」:テレサ・ウィテカー
  • 3話「償い」:ジョーイ・ダーバン
  • 4話「復讐」:メーガン・ティルマン
  • 5話「判決」:サミュエル・ゲイツ
  • 6話「フィクサー」:ゾーイ・モーガン(ペイジ・トゥルコ)
  • 7話「目撃者」:カール・イライアス(エンリコ・コラントーニ)
  • 8話「敵」:ウォレス・ニーゲル
  • 9話「カーター刑事」:ジョス・カーター(タラジ・P・ヘンソン)
  • 10話「汚れた金」:クレア・ライアン / マット・ダガン / ウェンディ・マクナリー / ポーラ・バスケス
  • 11話「管理人」:アーネスト・トラスク
  • 12話「弁護士」:アンドレア・グティエレス(エイプリル・リー・エルナンデス)
  • 13話「罠」:スコット・パウエル ※この回からルート登場
  • 14話「弟」:ダレン・マグレディ
  • 15話「警察の掟」:マイケル・ケイヒル
  • 16話「リスク」:アダム・ソーンダース
  • 17話「レイラ」:レイラ・スミス
  • 18話「アイディンティティ」:ジョーダン・ヘスター
  • 19話「父と子」:五大ファミリーのドンたち(カパレリ / ザンブラーノ / グリフォーニ / バシーレ / モレッティ・ジュニア)
  • 20話「欲望の連鎖」:トミー・クレイ
  • 21話「運命の日」:カレン・ガーナー
  • 22話「真実を追うもの」:ヘンリー・ペック
  • 23話「予感」:キャロライン・トゥーリング

PERSON of INTEREST 犯罪予知ユニットをhuluで見る

シーズン1・各ストーリーのちょっとした感想など

1.相手を探るときにしばしば使われる、スマートフォンのペアリング機能。これは対象にした人のスマホの着信などをそのまま自分のスマホに転送できるっていうシステムなんですけど、すごいですね。しかもこれ、リアルタイムですからね。

これを使えば、彼氏や彼女、夫や妻の浮気とか、いっぱつで判明してしまうので、絶対に世に出してはいけない機能ですね。

追跡アプリを無断で仕込んで、大問題になった例もありますから、ある意味犯罪になりそうです。もし、本当にこういう機能があっても使わないほうが良いと思います。「知らぬが仏」という言葉もありますからね。

2.12話に出演の、弁護士アンドレア・グティエレス役のエイプリル・リー・エルナンデスが、supefly越智志帆さんに似ていて、かなりキュートです。

PERSON of INTEREST 犯罪予知ユニット

3.フィンチはコーヒーは飲まないので、煎茶を差し入れしたり、クロッキヨンドーナツを差し入れしたり、ジョンはなかなか気が利くタイプなんですよね。

PERSON of INTEREST 犯罪予知ユニットをhuluで見る

2週間無料で楽しめる!↓↓↓お試しはバナーをクリック!↓↓↓

[紹介している作品に関しては、現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式サイトにてご確認ください。]

-海外ドラマ
-, , ,

Copyright© 海外ドラマと映画 ネタバレとレビュー , 2020 All Rights Reserved.