アカデミー賞作品

【モンスター】シャーリーズ・セロンの迫力が凄い!

投稿日:

モンスター
モンスターをhuluで見る

実在の人物、元娼婦の連続殺人犯アイリーン・ウォーノスを描いた当作品。さて、そのあらすじは・・・

少女時代のアイリーン・ウォーノスは、いつか自分はテレビで見るようなスターになれると信じていた。自分はダイヤの原石で皆に夢を与える存在だと。

ところがどこで何をどう踏み外したのか、13歳から体を売る行為をおこない、いつしか娼婦として生きることになってしまっていた。

そんなある日、ふと立ち寄ったバーで同性愛者のセルビー(クリスティーナ・リッチ)と出会う。

二人の距離はどんどんと縮まっていき、理想の暮らしを求めて一緒に旅にでることになるのだが・・・・というストーリー。

モンスターをhuluで見る

モンスターを見た感想

モンスター

この作品の主人公、アイリーン・ウォーノスを演じたのはシャーリーズ・セロンなのですが、役作りのために13キロも増量し、眉毛のないメイクを施し、

「あの美しいシャーリーズ・セロンはどこにいった?」

というくらい、ある意味エグイ女性を演じきっています。

「ケツに指を入れると喜ぶ」なんていうセリフもサラっと口にしますし、言葉遣いも荒々しく全く別人に見えるのがすごいんですよね。

そのしぐさや話し方、視線の落ち着きのなさなど、後ろ暗い感情をもって生活している女性はこういう感じなんだろうなとリアルに想像させられる演技力は素晴らしく、当然のごとくアカデミー主演女優賞を獲得しました。

途中でヌードシーンもあるのですが、胸はさほど大きくないままで、おなかまわりのボリュームが増えて、セクシーとは程遠い体になっていましたね。

あの体を作品のためとはいえ、世間にさらすのは相当な勇気がいったと思います。女優魂にあっぱれをあげたいですね。

モンスターをhuluで見る

レズビアンの口説き方

アイリーンは、同性愛者であるセルビーと出会い、最初は嫌悪しているのですが徐々に打ち解けていきます。

お酒の力もあるでしょうし、友達がいないという毎日で、楽しく会話ができる相手が見つかったということもあるでしょう。自殺するつもりだったところにセルビーと出会ったのも運命だったのかもしれません。

そういう理由を含めて考えても、セルビーがアイリーンに恋心を抱かせたのは、彼女の魅力とテクニックが素晴らしかったということなんでしょうね。

特にいっしょに飲んでいたバーが閉店時間を迎えて、自分の部屋に誘うところから、同じベッドで眠りにつくあたりの持っていきかたは「やるな~」と思ってしまいました。

「強引ではないけど強引」というか、矛盾してるんですけど、相手に選択させながら自分の思い通りにことが運ぶようにコントロールしている感じをすごく感じたんですよね。

ちょっとはにかみながら誘うあたりとか、返事をまつまでの沈黙とか。

ベッドに入ってから、いきなりガバっといくことをせず、「顔さわってもいい」という拒否しにくいことから始めるのも高等テクニックだと思いました。

作品の中盤で登場する、バーで飲んでいる女の子と話しをするきっかけを作る方法も自然で違和感がなく、「こいつ、経験豊かだな~」と思わせるものでした。

ひょっとすると、脚本家とか製作者のスタッフのなかにゲイの人がいたのかもしれませんね。

このように、セルビーを演じたクリスティーナ・リッチはすごい演技をしていて、顔がE.Tとかグレイとかの宇宙人に見えることを除くと、「アイリーンよりこの女のほうがコワイな」と思わせるキャラを演じきっていました。

手足もそんなに長くなく、ムチムチ体つきで、それが逆に普通に存在するレズビアンのリアル感をかもしだしていましたね。ケミカルウォッシュのジージャンもダサかったですし。

ちなみに、その他の出演者では、後半でウォーキングデッドに出演してるハーシェル・グリーン役のスコット・ウィルソンが登場するんですが、このときだけはちょっとだけ和みました(*´∀`*)

モンスターをhuluで見る

モンスターのネタバレ

モンスター

バーで出会ったアイリーンとセルビーが本格的にその距離を縮めることになるのが、「ムーンライト」というローラースケート場です。

カップルタイム(チークタイム的なもの)で、ジャーニーの「ドントストップビリービン」がかかるんですが、これを聞きながら他のお客さんがいることを意に介さずキスを交わすふたり。

お店の外にでてからのキスシーンもかなり興奮度の高いもので、今後のアイリーンの狂気をはらんだ行動が「セルビーに対する愛の証」というイメージ付けをするための重要なシーンになっています。

ふたりで生活するお金を稼ぐために、アイリーンは売春を再開しますが、ちょっと驚いたのが、その方法なんですよね。

車が行き交う道路のわきにたって、ヒッチハイクを装ってお客を見つけるという方法なんです。

で、最初は世間話の中で自分の娘が写っている写真を見せて、

「マイアミにいるから迎えに行く」「でもお金がないから力になってくれない?お礼はするからさ」

というストーリーで、売春へと流れを持っていくわけなんですよね。

ヒッチハイクで客をとるなんて危険極まりないのは明白で、自分の身に何かあるとか日常茶飯事なんだろうなとも思いますし、アメリカではこの映画のような事件がいっぱい起こってるんだろうなと思ってしまいました。

モンスター
モンスターをhuluで見る

そして、その金額もあまりに安いのが二重の驚きでした。25ドルとか30ドル、もっとも高い金額でも40ドルですからね。

この事件が起きた当時と現在ではどれくらいの物価の違いがあるのかわかりませんが、それでも安すぎるでしょう。アメリカのストリートガールはこれくらいが相場なんですかね???

さきほどヒッチハイクでの売春を行なうのは危険が伴うと書きましたが、まさにそれが実際におこります。

アイリーンは車に乗せてくれたお客と行為に移ろうとしたとき、頭部を殴られ気絶し、車のシートの上に寝転がされて油をかけられ殺されそうになってしまいます。

しばらくして目が覚めたアイリーンは、手を縄で縛られていたのですがなんとかそれを解き、車内の床においてあったお客の男のバッグに銃があることを見つけ、それを使って男を射殺します。

その後、警察に捕まらないようにするため娼婦をやめ、一般の会社勤めを始めようと面接をうけていきますが、どこにも採用されません。それをセルビーからなじられたことと、新聞で「殺人事件の手がかりがない」ということを知って安心したことで再び娼婦へと逆戻りします。

ただ、殺されそうになったトラウマから逃れられず、ヒッチハイクして見つけた客を人影のない場所まで誘導し射殺し、その都度財布からお金を盗み出し生活費にあてていくのです。

殺した相手の車を奪って普段使いしていたのですが、ある日事故をおこしてしまい、老夫婦に車と自分たちの顔を見られてしまいます。

悪いことはかさなるもので、いつものようにお客を見つけ銃で殺すのですが、それが警官だったことからニュースなどでも大々的に取り上げられ、しかも老夫婦たちの証言をもとに自分たちの似顔絵も公開されてしまいます。

セルビーとの生活も終わりの時がきたと感じたアイリーンは、セルビーに自宅へのバスのチケットを買ってやり、自分も地元にもどることにします。

しかし、いつも通っていたバーで警官につかまってしまうのでした。

その後アイリーンは12年服役したあと、2002年10月9日に処刑されてしまったそうですが、非常に後味の悪い事件のひとつなのは間違いないですね。

生まれ育った環境、出会う人物、ちょっとした間違い・・・そういうものが大きなうねりとなって、自分を思ってもいない場所に向かわせてしまうのは本当にコワいと思いましたね。

ホラーよりも現実にあったサスペンスのほうが、お腹のおくのほうにジワジワときて、エネルギーを持って行かれてしまいます。

見終わったあとしばらくたっても、アイリーンの顔が頭にちらついて仕方ないですから・・・。

モンスターをhuluで見る

2週間無料で楽しめる!↓↓↓お試しはバナーをクリック!↓↓↓

[紹介している作品に関しては、現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式サイトにてご確認ください。]

-アカデミー賞作品
-, ,

Copyright© 海外ドラマと映画 ネタバレとレビュー , 2020 All Rights Reserved.