邦画

【片腕マシンガール】B級アクション作品をお探しの方に!

投稿日:

片腕マシンガール

片腕マシンガールをhuluで見る

すさまじいまでのB級感漂う本作品。さて、そのあらすじは・・・

ヤクザの息子、木村翔(西原信裕)たち不良グループのいじめによって弟を殺された女子高生の日向アミ(八代みなせ)の復讐劇。

弟の敵をとるために、いじめグループのひとりひとりを追い込んでいくアミだが、木村翔の屋敷に忍び込んだ時に捕まってしまい、左腕を切断されてしまう。

なんとか屋敷から逃げ出し、同じくいじめによって息子をなくした自動車修理工場を営む夫婦、杉原スグルとミキ(亜紗美)に助けを乞う。そしてスグルによって制作されたマシンガンを失くした腕に装着し、ミキとともに再び復讐に向かう・・・というストーリー。

片腕マシンガールをhuluで見る

片腕マシンガールを見た感想

片腕マシンガール

この作品は、設定と描写がこれでもかというほどマンガチックで、一部の人達の間でカルト的な人気を誇っているというのもなんとなくわかるような気がします。

ツッコミどころが満載というのも、なんかいいんですよね。

まず、不良グループの木村翔は忍者服部半蔵の子孫であるということ。

服部半蔵直系の子孫っぽい設定なのに、なぜ「服部」という姓ではなく木村なのか?というところから「?」が頭に浮かびます。

そして、アミの片腕マシンガンは、明らかに「コブラ」のサイコガンをモチーフにしていると思うのですが、自動車工場を営む一般人がマシンガンを制作する技術や知識があるという前提もなかなか笑えます。

さらに装着されている銃弾はそんなに多くはなさそうなのに、何百発も発射できるのがすごいです。いっそのことコブラのように精神力がエネルギー源にしてくれれば、さらにSF要素も混ざったB級作品になったのにと思うと残念でなりません。

まぁ、そのあたりが面白くて、制服サバイガールと完全に一致するグダグダ感が人気の秘密なのかもしれないですが・・・。

片腕マシンガールをhuluで見る

片腕マシンガールの出演女優

片腕マシンガール・八代みなせ

低予算作品ということで、出演女優さんもなかなかの渋いキャスティングでそそられます。

  • 日向アミ:八代みなせ → グラビアアイドル
  • 杉原ミキ:亜紗美 → 元AV女優
  • 木村スミレ(翔の母親):穂花 → AV女優
  • ヨシエ(アミの友達):木嶋のりこ → グラビアアイドル

メインで登場し続ける配役に、専門の女優がいないという大胆さ。これがある種学芸会的な雰囲気を醸し出していて独特な世界観を創りだしているような気がします。

いじめグループのメンバーの母親役、藤井マサコを演じた菜葉菜さんくらいしかちゃんとした女優さんは出演してないようなのですが、菜葉菜さんの演技も微妙で、

「このわざとらしい演技は、監督の演出なのか?」

と思ってしまうほどです。それくらいB級感に満ち満ちているということなんですね。

ストーリーがすすむにつれて、ミキ役の亜紗美さんがお笑い芸人のまちゃまちゃにしか見えなくなってくる点も見ものです。

主演の八代みなせさんはMUGUMIさんにどことなく似ていて、カピパラっぽいところがかわいいのですが、ブラチラシーン、パンチラシーンなどサービスショットもあってそれに関しては満足しました(笑)

ただ、元AV女優の亜紗美さん、人気AV女優の穂花さんが出演してるのですから、もっとセクシーなお色気シーンもいれてほしかったな~というのが正直なところですね。

バイオレンスなグロシーンは満載なんですが、グロとくればエロも・・・と期待するのが男ってやつですからね。

まぁ、穂花さんの「鋼鉄のドリルブラ」はちょっと興奮しましたけど(笑)

片腕マシンガールをhuluで見る

片腕マシンガールのネタバレ

アミは最終的に弟の敵うちを成し遂げることはできるのですが、面白いのは

「片腕マシンガール」が「片腕チェーンソーガール」になって勝つ

という点ですね。

ガンマンが最後の敵はナイフでやっつけた・・・的な感じがして、なんとも締まらないオチでした。

半分コントのような作品でしたが、こういったB級感が大好きな人にはかなりおすすめできる映画です。

「個人的にはわざわざDVDをレンタルしてまでは見ないけど、HULUで配信されてたから見てみた」という作品の中のひとつで、そういう意味では新しい出会いになったので結果的によかったですね。

これもHULUさまさまです!

片腕マシンガールをhuluで見る

2週間無料で楽しめる!↓↓↓お試しはバナーをクリック!↓↓↓

[紹介している作品に関しては、現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式サイトにてご確認ください。]

-邦画
-,

Copyright© 海外ドラマと映画 ネタバレとレビュー , 2020 All Rights Reserved.