海外ドラマ

【LOST】飛行機墜落で生き残った48人の人間模様を描く

投稿日:

LOST

LOSTをhuluで見る

海外ドラマのミステリー作品の代表作はな何か?と問われた時に、この「LOST」をはずすわけにはいかないでしょう。

今では1話完結のストーリーでなければ視聴者受けしない時代ですが、LOSTが放送された当時は連続もののストーリーをワクワクしながら見続けるという我慢が視聴者にもあったように思います。

エミー賞、ゴールデングローブ賞などを受賞した実績から考えても、海外ドラマの代表作の一つといえるでしょう。さて、そのあらすじとは・・・

シドニー発ロサンゼルス行きオーシャニック815便が南洋の島に墜落したことから物語は始まります。

墜落したこの島で48人の生存者たちのサバイバルライフが始まるのですが、この島が特殊な島だということが徐々にわかっていきます。

目に言えないモンスターや、ジャングルに住むシロクマ。車いすの生活を余儀なくされていた登場人物のひとりロックが自由に歩き回れるようになるなど、不思議なことが起こる島だったのです。

いくらまっても救助がこないことで、生存者たちはこの島の脱出をはかる計画をたてますが、その準備の途中「ハッチ」と呼ばれる地下施設を見つけます。

島の電磁気現象、施設を作ったダーマ・イニシアティブという謎の企業、登場人物たちの過去や人間関係、全てを知ると思われるジェイコブという存在・・・それらのエピソードが数珠つなぎのようにつながっていくことになるのです。

そして島からの脱出は成功したのか?その後の大きな展開はどうなるか?など見どころ満載のドラマになっています。

LOSTをhuluで見る

ロストを見た感想

監督がJ・J・エイブラムスということで、練りに練られた伏線とその回収が見事です。ハワイ州オアフ島でほとんどのロケが行われたそうですが、きらびやかで明るい南の島というイメージはなく、本当の無人島というのはこういうものなんだなと変なところで感心させられます。

キャストもバラエティに富んでいて、医師や詐欺師、逃亡犯の女性、大金持ちの巨漢、人気ロックバンドのベーシスト、韓国人夫妻などがメインキャラクターになっています。

ほとんどが、南の島のビーチと、ハッチという建造物の中だけで場面が展開するにもかかわらず、しっかり練られた人間模様が描かれているため飽きさせません。

同じ飛行機に乗り合わせただけの48人の中で、誰がリーダーシップをとり、誰が仲介役になり、誰が気まま勝手な行動をとるのかなど、自分の身の回りの人物に当てはめてみると面白いですね。

ある意味では、三国志を投影したかのような楽しみ方もできる作品だと思います。

LOSTをhuluで見る

ロストのネタバレ

ロスト

不可思議なことが起こりまくる島なのは、強力な電磁波を発している中心地だからという理由なのですが、そのパワーを抑制しているのがハッチという施設の役割となっています。

この抑制のために「4 8 15 16 23 42」という文字を4時間ごとに機械に入力しなければならないのですが、これを怠ることで磁場が乱れ世界に影響を与えるという設定になっています。

オーシャニック815便の墜落も実はこれが原因なのでした。

ストーリー展開のなかで、「どうやらパラレルワールドっていうものの存在もありえるな」と考えていたのですが、そればかりかタイムスリップまで取り入れて物語の幅をひろげているのには少し驚きました。なぜなら「そこまで手を広げたら収拾がつなかくなるんじゃないのかな?」と感じたからです。

ただでさえ主要な登場人物ひとちひとりのエピソードも交えながら話が展開しているのに、パラレルワールドとタイムスリップまで導入したらわけが分からなくなると感じたんですね。
なんていうか、ドラゴンボールの最後の方というか・・・。だれがだれの親で、だれがだれの子なのかとか、今の時代はいつなのかとかこんがらがってしまった経験があるんで余計にそう思ったのです。

最終的にうまくまとまるようにはできていたのですが、本当の最後のシーンで結局オーシャニック815便の搭乗者は死んでしまうという結末につなげるための伏線だったんだなとわかるまでは、ちょっと中だるみした部分もありました。

LOSTをhuluで見る

ロストの登場人物で最も気になった人

ロスト/ジョシュ・ホロウェイ

詐欺師のソーヤー(ジェームズ・フォード)の動向が気になって気になって仕方なかったんですが、演じているジョシュ・ホロウェイの魅力が素晴らしかったからだと思います。

最高にイヤなやつで表情にもそれが浮き出ていたのですが、ストーリーがすすむにつれ少しづつ人間味あふれる部分がでてきたり、本当は心優しいんだということがわかってきた時に、人間的な魅力にひきこまれていきました。

逆に、最初は好青年だと感じていた医師のジャック・シェパードの傲慢さが鼻についてきたり、いぶし銀のサイドプレーヤーだと思っていたジョン・ロックの影の部分がみえてきたりして、人間ドラマとしての側面もよく描かれていたと思います。

ケイト(キャサリン・アン・オースティン)役のエヴァンジェリン・リリー、クレア・リトルトン役のエミリー・デ・レイヴィンもキュートなので、女優さん大好きな人にも納得のキャスティングだと思います。

そして、みんな大好きハリー役のホルヘ・ガルシアもいい味だしてました。ウィーザーのアルバム「ハーリー」はこのドラマからタイトルが名付けられ、ジャケットもホルヘ・ガルシアが起用されています。ものすごくナイスガイなのでこの生存者の中で友達になれるなら迷わずハリーと答えますね。

2004年に放送が開始されたドラマですが、いま見ても十分に楽しめます。ただ、どんどん次が見たくなるので時間がたっぷりあるときに見始めることをおすすめします。

LOSTをhuluで見る

2週間無料で楽しめる!↓↓↓お試しはバナーをクリック!↓↓↓

[紹介している作品に関しては、現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式サイトにてご確認ください。]

-海外ドラマ
-, , ,

Copyright© 海外ドラマと映画 ネタバレとレビュー , 2019 All Rights Reserved.