洋画

【LIMIT リミット】目覚めるとそこは地中に埋められた箱の中

投稿日:

LIMIT リミット

LIMIT リミットをhuluで見る

ロドリゴ・コルテス監督によるスペイン映画。スペインのアカデミー賞と言われるゴヤ賞の最優秀脚本賞受賞。さて、そのあらすじは・・・

アメリカ人のトラック運転手ポール・コンロイ(ライアン・レイノルズ)は、イラクで荷物を移送中に何者かに襲われてしまった。

そして、目が覚めるとそこは真っ暗な中で、さるぐつわをされ、手を縛られていた。

大声で叫んでも助けを求めても、まったく反応がない。自分のジッポライターで火を着け、飛び出た釘で手を縛ったひもを切ったあと、まわりの状況を確認していくと、どうやら棺のようなものに入れられているようだった。

そのとき、足元から携帯のバイブ音が聞こえてきて、その携帯電話をなんとか手元に探りよせ911に電話をかけた。

あてにならない911、電話をかけても留守番電話に切り替わる妻のリンダ(サマンサ・マシス)、自分をこんな目に合わせた犯人、自分の勤め先の会社の人事部長、国務省のダン・ブレナー(ロバート・パターソン)らとのやりとりの中で、救出される希望と救出されない絶望を行ったり来たりするポールコンロイ。

最終的に彼は無事にアメリカの妻と子供の元へ帰れるのか・・・・というストーリー。1時間35分。2010年作品。ライオンズゲート配給。

LIMIT リミットをhuluで見る

LIMIT リミットを観た感想

LIMIT リミット

これはもう、なんと言っていいのか、ポール・コンロイ役のライアン・レイノルズの演技力に、ただただ脱帽するばかりでした。

というのも、カメラに映るのはこのひと一人だけで、まさに一人劇を映画で演じているからです。

確かに、携帯電話を使って何人かの相手と会話を交わしますが、ひとりの男の心の動きが、あふれんばかりの臨場感をもって伝わってくるので、1時間35分が非常に短く感じました。

だいたいこういう一人芝居っていうのは、中だるみがあっても仕方ないと思うんですけど、いろいろな出来事が起こるということと、携帯電話以外のアイテムがうまく機能して、まったく飽きさせない演出がなされていたことにも驚きを覚えましたね。

かなりの低予算でこのクオリティ!アイディアと脚本とカメラワークと俳優の演技力で、画ってもつもんだなと感心しました。

この作品に関しては、最後のオチをネタバレさせてしまうと興ざめ度が高すぎるので、あえてネタバレを書かないことにします。

とりあえず、棺の中に閉じ込められた男が、その犯人の冷酷さに恐怖を覚え、イラクでの仕事を反対した妻の意見を聞かなかったことに謝罪し、自分の国の無力さを知り、勤めている会社の冷酷さを体感するという流れの作品です。

実際に、テレビなどで報道されている多くのテロリストによる人質事件がだぶってしまうので、後半は胸が痛かったのですが、ライアン・レイノルズのすさまじい演技に引きこまれることは確かです。

何十億ドルもかけた大作もいいですが、たまにはこういった作品を見るのも映画の奥深さを感じることが出来て良いのではないでしょうか?

LIMIT リミットをhuluで見る

2週間無料で楽しめる!↓↓↓お試しはバナーをクリック!↓↓↓

[紹介している作品に関しては、現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式サイトにてご確認ください。]

-洋画
-, ,

Copyright© 海外ドラマと映画 ネタバレとレビュー , 2020 All Rights Reserved.