日本のドラマ

【時効警察】この推理力と捜査力を仕事で生かしてほしい!

更新日:

時効警察

時効警察をhuluで見る

テレビ朝日の「金曜ナイトドラマ」で放送されたドラマ。さて、そのあらすじは・・・

総武署時効管理課の霧山修一朗(オダギリジョー)は、趣味がないことを同僚から指摘されて、「時効になった未解決事件を捜査する」ことを趣味にすることにした。

そんな霧山に密かに恋心を抱く交通課の三日月しずか(麻生久美子)が、デートに誘われたと勘違いしたことから、その趣味に付き合うようになる。

霧山は、鑑識課の諸沢(光石研)や時効管理課の課長熊本(岩松了)の協力を得ながら、時効事件の真犯人を割り出していく。

ただし、あくまで趣味の捜査ということで、真実を打ち明けた犯人に「誰にも言いませんよ」カードに認め印を押して渡すということで捜査の締めとしている・・・というストーリー。全9話。

時効警察を見た感想

まず、「時効になる前にちゃんと捜査しろよ~」というツッコミを入れざるを得ませんね(笑)

だってですよ、霧山と三日月が自分たちのプライベートの時間を使って数日捜査するだけで、事件の真相が判明してしまうわけですから、捜査本部を設置して多くの捜査員を動員しても解決しなかったというのは、怠慢捜査と言われても仕方ないですからね。

というか、そもそもこんなに才能のある霧山が、閑職に近い「時効管理課」に配属されている時点で人事の間違いというか、上司の見る目のなさまで露呈していることになりますよね。

まぁ、そのへんを真面目に語ってしまうと、このドラマが成立しなくなるばかりか、総武署の警官たち全員の立場がなくなってしまうのでこれでいいんですけどね(笑)

そもそもエースが十文字疾風(じゅうもんじ はやて/豊原功補)ですから、架空の警察署のおとぼけ警官たちの話という認識のもとで、ゆるい見方をするのが正しいんだと思います。

この作品は、ちょっとしたネタとかが凝っていて、好きな人はどはまりする要素がいっぱいです。

  • 「人は嘘をつくと髪型が変わる」
  • 「日曜日にメガネをかけるなんて、イギリス人じゃあるまいし」
  • 「ソーセージは曇りの日に食べたほうが美味しい」
  • 「寝る前に『デュマ・デュマ・デュマ』と3回言えば、かなりの確率でいやな夢が見られる」

このようなセリフもそうですし、セットに仕込まれた小物なども非常に面白く、じっくり観察すれば楽しめるアイテムが満載なんですよね。

さらに、ナレーションの由紀さおりさんがいいんです。

ひょうひょうとしていて、それでいて笑いの間というものを完璧に理解しているナレーション!この起用を決定した時点で、このドラマの成功の半分は確定したようなものじゃないでしょうか。

オダギリジョーさんが「ロンズデール」を愛用してるのも、かなりテンションあがりましたね。

時効警察をhuluで見る

時効警察の主演女優

主役の霧山と行動を共にする三日月しずかを演じている麻生久美子さんが、本当にキュートなんです。

時効警察・麻生久美子

好きな気持を上手に伝えられない女心を、抜群の演技力で表現していますし、コケティッシュな魅力も振りまいてくれています。

他にも又来(ふせえり)やサネイエ(江口のりこ)など、個性の強い女優さんが多く登場しますが、交通課の三日月しずかの後輩、吉祥寺(星野奈津子)と下北沢(大友みなみ)のふたりが一服の清涼剤のような役割を担ってくれています。

吉祥寺(星野奈津子)と下北沢(大友みなみ)

最近は全国放送のテレビドラマなどで姿をみないですが、引退しちゃったんですかね??

ここからネタバレ

#1 時効の事件には、おいしいご飯の湯気が似合うと言っても過言では無いのだ

西総武市における料理学校理事殺人事件

笠松ひろみ(東ちづる)は、自身が勤めていた料理学校の理事の夫(木村靖司)が亡くなった後、再婚してから有名な料理研究家になった。

#2 偶然も極まれば必然となると言っても過言ではないのだ!

上総武市における水泳オリンピック選手とコーチの不倫の末の無理心中事件

水泳のオリンピック強化選手の藤山一子(塩山みさこ)が橋から落ちて死亡。その後、コーチの小原(田中要次)も自宅とは別に借りていたアパートの部屋で爆発事故を起こし死亡。

姉と同じくオリンピックの候補選手だった一子の妹、しおり(池脇千鶴)は事件から15年後、有名なコーチになっていた。

時効警察・池脇千鶴

#3 百万人に無視されても、一人振りむいてくれれば人はしあわせ…じゃない?

センター東駅における丸閥商事社員轢死事件

社内での不正を疑われていた藤沢(田中哲司)は、一緒にいた町田(大西武志)が駅のホームから転落死したことで、犯行の嫌疑をかけられた。

ところが、売店の浜野道子(緒川たまき)が事故だという証言をしたことで無罪放免となった。

15年後、道子は藤沢と結婚しており、自宅で華道教室を開いていた。

時効警察・緒川たまき

#4 犯人の575は崖の上

犬吠埼温泉「湯けむり」殺人事件

人気のテレビドラマ「THEアネゴ探偵 寂水先生が行く」の主演を演じていた白河湯舟(広田レオナ)が、第13回の撮影中に崖から転落死した。

その後、2代目寂水にキャスティングされたのは助手役で出演していたアヤメ旅子(永作博美)だった。

事件解決後に575を詠む探偵、寂水を演じて15年。視聴率が低迷している現状を打破するため、アヤメ旅子が霧山を宣伝に使おうと考え、趣味の捜査に協力することにした。

時効警察・永作博美

#5 キッスで殺せ!死の接吻は甘かったかも?

本郷高志変死事件

人気絶頂の歌手、本郷高志がバレンタインの日に若手タレント6人をホテルの部屋に呼んで、王様ゲームを楽しんでいた。

そして、そのうちのひとり夏川リナとキスをしたあとに死んでしまった。このことから世間ではこの事件を「殺しのキス事件」と呼んだ。

現場では特におかしなことがなかったため、元医大生の妻で本郷の度重なる浮気に振り回されていた雪絵(奥菜恵)の犯行が疑われたが、完璧なアリバイがあったため、事件は迷宮入りとなった。

時効警察・奥菜恵

#6 恋の時効は2月14日であるか否かはあなた次第

整形逃亡犯事件

浮気をした夫を刺殺して逃亡している茗荷谷かよ子(森口瑤子)の時効は2月14日。その日はあと数日後にせまっていた。

そのころ霧山は、趣味で時効の過ぎた事件を捜査することに、ほとほと嫌気を感じていた。

ある日、霧山は頭痛薬を買おうと入った薬局で、若い女性二人組が万引きをするのを発見。それをたしなめて万引きした商品を預かったものの、今度は薬局の店主から万引き犯扱いされてしまった。

三日月しずかや十文字を呼び、なんとか自分が警察官であることを証明しようとするが、決め手になったのは、さきほど万引きをたしなめた少女のひとり、真弓(吉高由里子)が今まで万引きしたものを返しに来たことだった。

時効警察・吉高由里子

真弓は自分の母親が経営するスナック「私」に霧山らを連れ帰り、お詫びにとごちそうしてくれた。そのときに十文字は母のレイコ(森口瑤子)に一目ぼれしてしまう。

時効警察・森口瑤子

霧山と十文字は、レイコのことをどこかで見たことがあると感じているのだが、それは指名手配している茗荷谷かよ子のポスターで見たのだということに気づいていない。

#7 主婦が裸足にまる理由をみんなで考えよう!

総府武中市平成三億円事件

平成三億円事件の犯人と名乗る女性から、時効成立の日に電話がかかってきた。それを受けた霧山は三日月しずかを伴って、その女性に会いに出でかけた。

時効となったことで、彼女は手記を書こうとしている。そしてより正確性を増すために、警察に保管されている遺留品を渡瀬と霧山に迫っているのだった。

霧山は三日月にたきつけられ、その女性、秋津聡子(葉月里緒奈)が犯人だという確証が得られれば遺留品を返すと約束してしまう。

時効警察・葉月里緒奈

#8 桜咲く合格通知は死への招待状?

減毛林における女子高生スカーフ絞殺事件

朝日が丘大学の入学発表の日に殺された立花律子(真木よう子)

時効警察・真木よう子

ともに同じ大学に合格した関ヶ原弥生(櫻井淳子)とふたりで合格祝いとして「森の荒熊」という喫茶店で飲食。午後10時に店をでたあと、自宅から1キロ離れた森の中でセーラー服のスカーフで締殺された。

15年後、関ヶ原弥生は朝日が丘大学の助教授になっている。

時効警察・櫻井淳子

#9 さよならのメッセージは別れの言葉とは限らないと言ってもかごんではないのだ!

日本のアマデウス殺人事件

北総武市の塩砦で作曲家の雨田潮(うだうしお/ROLLY)の死体が発見された。そこには「サリエリ」というダイイングメッセージが残されていた。

彼は酒や女とのトラブルも多かったが、天才と言われた作曲家で、恋人だった冴島翠(りょう)が遺体の身元確認を行った。

彼の死後、冴島翠は1年に1曲だけ曲を発表し、それがすべて大ヒット。天才と言われる有名な作曲家になっていく。

時効警察・りょう

そして15年後、15作目の発表をもって作曲活動を終了するというのだが・・・

当時、雨田の愛人だったアンズ(つぐみ)の記憶によって、霧山はこの事件の真犯人が誰かを確信するのだった。

時効警察・つぐみ

時効警察をhuluで見る

2週間無料で楽しめる!↓↓↓お試しはバナーをクリック!↓↓↓

[紹介している作品に関しては、現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式サイトにてご確認ください。]

-日本のドラマ
-,

Copyright© 海外ドラマと映画 ネタバレとレビュー , 2020 All Rights Reserved.