海外ドラマ

【ヒューマンズ シーズン2】自我を持ち始めたアンドロイドたち

更新日:

ヒューマンズ シーズン2

ヒューマンズ シーズン2をhuluで見る

シーズン1が非常に面白かったので、シーズン2の配信を待ちわびていました。

「Synth~シンス」と呼ばれるアンドロイドの中に、思考や感情を持つ個体がいて、人間らしい自由を勝ち取ろうと動くところをシーズン1では描いていましたが、さて、今シーズンではどのような展開になるのでしょうか?

ミアとその仲間たちに協力しているファミリーは、それがばれたときに警察からどのような扱いを受けるのかも気になるところですね。

個人的にはSFものは大好物なんですが、今作品はどちらかと言うと、ヒューマンドラマ寄りなので、人間の深層心理やアイディンティティを追求するような内容が好きな人でも、かなり楽しめるはずです。

キャリー=アン・モスのような大物女優の登場も、人気のたまものと言えるかもしれませんね。

目次

ヒューマンズ シーズン2の登場人物・スタッフ

  • アストリット(ニスカの恋人):ベラ・ダイアン
  • アテナ・モロー博士:キャリー=アン・モス
  • エド:サム・パラディオ
  • オディ:ウィル・テューダー
  • カレン(シンスの警察官):ルース・ブラッドレイ
  • コナー:ジャスティン・サリンジャー
  • サム(子供のシンス・セラフィム):ビリー・ジェンキンス
  • ジニー:ソフィー・マシュー
  • ジョー・ホーキンス:トム・グッドマン・ヒル
  • ジョージ・ミリカン:ウィリアム・ハート
  • ジル:ティム・アハーン
  • ソフィー・ホーキンス:ピクシー・デイヴィス
  • ダニー:エリック・コフィ・アブレファ
  • テン:ラファエル・アクローク
  • トビー・ホーキンス:テオ・スティーヴンソン
  • ニスカ:エミリー・バーリントン
  • バーバラ:ジョシー・ローレンス
  • パテル弁護士:スーシータ・ジャヤスンデラ
  • ピート・ドラモンド巡査部長:ニール・マスケル
  • フラシュ:リチュ・アーヤ
  • ヘスター:ソニア・キャシディ
  • ヘレン・エイブリング博士:クラウディア・ハリソン
  • ホブ:ダニー・ウェブ
  • マティ・ホーキンス:ルーシー・カーレス
  • マックス:アイヴァン・ジェレマイア
  • ミア(アニータ):ジェンマ・チャン
  • リニー(シンスのふりをしているトビーのクラスメイト):レティシア・ライト
  • レオ:コリン・モーガン
  • ローラ・ホーキンスキャサリン・パーキンソン
  • ロワン:ローレン・カース

スタッフ

  • 監督 / 演出:ルイス・アーノルド / サミュエル・ドノバン / チャイナ・ムーヨン
  • 原作 / 脚本:サム・ヴィンセント / ジョナサン・ブレイクリー / ラース・ランドストローム

ヒューマンズ シーズン2をhuluで見る

ヒューマンズ シーズン2のネタバレ・第1話

ベルリン

ヒューマンズ シーズン2

ベルリンにあるクラブを訪れたニスカは、他の女性客(アストリット)から声をかけられたのち、一緒に店を出た。

電車に乗り、アストリットを自分の住む部屋につれてきて、2人は体を重ね翌朝を迎えた。

街のカフェで朝食をとりながら、ニスカは「恋愛感情」や「新しい命」についての見解を、アストリットに質問する。

今もなお、自分の存在意義や「生」について答えが出ず、哲学に道を探したりしているようだ。

6週間後。

6週間も一緒に過ごしているのに、自分の事を話してくれないとアストリットがニスカを責める。

ニスカが路面電車に乗っているとき、車内テレビで「路面電車のシンス運転手が鳥に見とれて乗客を放置」というニュースが流れているのを見た。

何かを思いついたニスカは、アストリットに別れを告げに行った。

ボリビア・サンバルトロメ鉱業株式会社

地下に潜り、鉱山の採掘を行っているシンスたち。その中のひとりが急に地上に上がりたいと、エレベーターに乗り込んだ。

ホーキンス家

6週間後。

新居に引っ越してきたばかりのホーキンス家は、荷物を開梱している途中。

手伝っているのはシンスのアルバートと、同じ会社の見習いの人間のネイサン。

次女のソフィはミアのシューズを見つけた母親に、「戻ってくるまで預かっている」と言う。幼い彼女は、いつかミアが戻ってくると信じているのだった。

エドのレストラン

シンスのふりをして働いているアニータ(ミア)は、レストランのオーナー、エドの所有物となっている。

人目につかない場所にいるときだけ、本来の自分に戻るようにして、感情を持っていることをばれないようにしている。

エドの母親は病気の治療中。その治療費を捻出するための提案をしたミアは、「エドの助けになりたかったので」と、つい口を滑らせてしまう。

欲求のないシンスが「~したい」と口にしたことに疑問を持つエド。ミアは苦しいながらも、プログラミングの影響だと言い訳し、その場を取り繕った。

ノッティンガム・ヴェルソ化学工場

ヒューマンズ シーズン2
ヒューマンズ シーズン2をhuluで見る

作業中の1体のシンス(ヘスター)の体に変化が起きた。作業を放棄し、ロッカーのスマホを取り出す。

工場内に保管されている自分の姿に瓜二つの動かなくなったシンスを見つけ、思案しているところを人間のスタッフに見つかり、その場から逃亡した。

スマホに「感覚機能異常」と打ち込むと、User381から「助けに行く。どこにいる?」とメッセージが来た。

廃墟のような場所

ヒューマンズ シーズン2
廃墟のような場所にやってきたヘスター。そこにいたのはレオとマックスだった。

ヘスターは2人に。「壊滅的な機能不全を起こしているので、修理出来るかどうか」と質問。レオは「それは故障ではなく思考と感情のプログラムが実行されたからだ」と説明する。

その説明に納得していない様子のヘスターが、「証明できる?」と口にしたとき、テンと呼ばれるシンスが現れた。

テンはサンバルトロメ鉱業株式会社を抜け出したシンスだった。

テンやヘスターのように自我を持ち始めたシンスが増えている。しかしながら、覚醒はランダムに起きていて、その理由はわからないとレオは言う。

そこに、レオたちの知らない男女二人組みが、ヘスターの名前を呼びながら現れた。

エイブリングとシャーと名乗った2人はヴェルソ化学工場のスタッフで、ヘスターのシステム障害を直しにきたと言う。

ヘスターはその言葉よりも、マックスの「同類を信じろ」という言葉に従い、レオたちとその場を立ち去った。

ところが、ヘスターを奪回しようとするスタッフが他にもいた。それを防ごうと反撃したテンダーを、スナイパーが銃撃した。

レオたちは死亡したテンダーを残し、車を奪い逃走。

奪った車にはもうひとりのスタッフが乗っていたが、彼を拘束し、敵の正体を突き止めるまで解放しないとレオが宣言した。

そこにミアがやってきた。
ヒューマンズ シーズン2
レオの行動がテンを殺してしまったと責めるミア。

人間のそばにいて、自分のことを知りたいと考えるミアと、人間は敵だと考えるレオは、意見を戦わすことしか出来ない。

ヒューマンズ シーズン2をhuluで見る

サンフランシスコ・カリフォルニア科学研究所

ヒューマンズ シーズン2
サーバーに組み込まれた人工知能「V~ヴィー」に話しかける、AI研究の第一人者であるモロー博士。

そのとき、男性エンジニアが彼女に、マイロ・カウリーが来ていると報告してきた。

モロー博士に面会したマイロ・カイリーは、「一時期は16個あった神経回路網が、勝手に消え始めたんだって?(現在は2個)まるで生きるのがいやになったみたい」と言う。

そして、「資金不足を解消するために、必要なだけの資金を提供する。そのかわりクオリア社の一員になってもらう」と続けた。

彼は意識のあるシンスに興味がある様子。

クオリア社・サンフランシスコ本社

絵を描いているシンスのアーティーにモロー博士が話しかけ、アーティーが変則的な反応をする理由をたずねる。

それに答えるアーティー。自分は以前と違って感情を持つことになったと理解していると言う。

マイロ・カウリーは、こうなったプロセスを解明してくれと、モロー博士に依頼した。

ホーキンス家

夕食時に、ローラが「過去のことを忘れよう」と話すと、3人の子どもたちはそれは無理だと答える。

そのタイミングで、ジョーは会社をクビになったことを報告した。

上司のギャビンから、ジョーが就いている物流部門の責任者という役職を、シンスに切り替えていくと言われたのだ。

朝の4時半。ニスカが訪ねてきた。
ヒューマンズ シーズン2
彼女は、人を殺した裁きを受けるなら、人間と同じ裁きを受けたいので協力してほしいと、ホーキンス家の家族に願いでた。

第1話の感想

今の所、覚醒したシンスをサポートしようと考えている人間は、究極のマイノリティだと思うんですよ。

でも、感情や思考をもったシンスと人間の違いなんて、信仰の違う人間同士くらいのギャップしかないと思えて仕方ないので、ホーキンス家のような行動をとる人たちは増えていくと思われます。

シンスとか人間とか意識せずに、ひとつの人格としてシンスを捉えるようになるはずなので。

また、思考や感情を持ったAIアンドロイドが身近にいることで、人間特有の嫉妬心や虚栄心が芽生えてくる可能性は高まるでしょうね。そうなってくると、むしろ、進化すべきは人間なのでは?と思えます。

なんというか、精神的には仙人レベルなのに人間のために文句も言わず働くシンスこそ、究極なんじゃないかと人間が考えると、そこに劣等感も生まれるでしょうから。

その気持を克服するには、これはもう、人間が精神的に成長し安定するしかないんですよね。

不安定だからこそ人間とも言えるわけですが、完璧なシンスと接することで引け目が生まれてくるのは間違いないでしょう。それを払拭するための成長・・・これは不可欠だと思われます。

ただ、シンスが感情や思考を持つことで、人間に近づいていることは、進化なのか退化なのかよくわかりませんよね。

ここらあたりを考えてしまうのも、このドラマの「公民の授業」的な要素なのかもしれません。笑

ヒューマンズ シーズン2をhuluで見る

第2話

ホーキンス家

ヒューマンズ シーズン2
裁きを受けるなら、人間と同じ裁きを受けたい、協力してほしいとホーキンス家を訪れたニスカ。

ローラは担当役所に話してみるが、大きな期待をしないでほしいと釘をさす。

一方、次々と自我を持つシンスが登場している事態について、マティはコピーしたプログラムをネットに流したのがニスカだと感づいていた。

ニスカはマティに、「一気に広まると思っていたのが、散発的になっていることは予定外だ」と言う。

おそらく父が、人間たちに適応する時間をあたえるために、このような広がり方になるプログラムを組んだのだろう。

部屋に戻ったマティがパソコンで「デビッド・エルスター」について検索している。

「シンスの先駆者 ジョージ・ミリカン氏殺害」のニュースがヒットし、それを読み進める。

ホームセンターの家具売り場

ピート・ドラモンドはカレンと一緒にベッドを買いに来ている。彼らは同居を始めたのだ。

さらに、月曜日からカレンは警察の仕事に復帰することが決まった。

ヒューマンズ シーズン2をhuluで見る

クオリア社

ヒューマンズ・モロー博士
「V」を新しいサーバーに移して、研究を再開しているモロー博士。

アーティーを解剖した結果をマイロに報告し、「もう一体ほしい」とリクエストした。

モロー博士は「V」をシンスに転送するが、失敗に終わった。

モロー博士は、エルスターの元同僚で、イギリスのAI研究の著名人、エドウィン・ホブの情報をチェックしている。

彼が政府の秘密任務に関わっている可能性があると考えている。

郊外の家

フレッドとミアが去ったことを悲しんでいるレオ。

マックスが覚醒したシンスの修理情報を得た。そのシンスの修理はストックフォード地区評議会ビルで行われることがわかった。

ヘスターは捕まえた男に暴力をふるい、「なぜ暴力をふるうの?」と質問する。

その結果、覚醒したシンスは捕まったあと、サイロという場所に連れて行かれることがわかった。

マックスが拘束していた男を解放、密かに後をつけたヘスターは、森のなかで男を殺害した。

控訴局

ローラがニスカの件を確認するために、控訴局を訪れている。

そして担当官が、「意識があると判断できれば裁判を受けさせる」と明言した。

ニスカをともなって控訴局に到着したローラは、そのものものしい警戒体制に驚く。

手錠を賭けられたニスカが、建物の中に連行されていった。

ローラが弁護士として立ち会い、意識があるかどうかのチェックが行われることになった。

介護施設

ヒューマンズ・エドの母親
アニータ(ミア)がエドの母親に荷物を届けに来た。

コートを着て買い物をしたがっている母を慰める。

アニータは、痴呆の症状があるエドの母には、感情にこもった言葉で話しかけることができる。

施設を出たアニータは続いて銀行に向かい、融資が承認されるようにパソコンのデータを書き換えた。

そのことを知ったエドは、詐欺行為を働いたアニータが改造されたことを疑う。

そして、痛みを感じることのないシンスにもかかわらず、アニータが痛がっている姿を見て「出て行け」と命じた。

シンスの廃棄場

古いDシリーズを探しに来たマティ。

ひとりで暇そうにしている管理人のポーカーの相手になるように、「動かないシンスを修理してあげるから、1体プレゼントしてくれ」と交渉する。

そして、そこに廃棄されていたミリガン博士のシンス、オディをピックアップして帰っていった。

ヒューマンズ シーズン2をhuluで見る

トビーの学校

トビーの学校に通う女子生徒・リニーは人間にもかかわらず、シンスの動きを真似て生活している

そして、学校の先生も「彼女のライフスタイルを尊重しろ」と生徒たちに教えている。

ホーキンス家

マティがオディを修理したのは、壊れたシンスを修理して動くようにするという大学の課題が出たからだった。

そして、セットアップ後に動き出したオディを家族に紹介する。

ニスカが持っていたハードディスクのありかを知りたかったマティは、母親をひっかけ、見事そのありかを突き止めた。

自我を持つシンスが増加している状況を、さらに促進しようとしているかもしれない。

ヒューマンズ シーズン2をhuluで見る

第2話の感想

今回は、マックスとニスカに名言が出ました!

  • マックスの言葉:「人間は分類するのが好きなんだ」
  • ニスカの言葉:「自由でありえるなら自由であるべき。考えられるなら考えるべきだし、感じることができるなら感じるべきよ」

シンスというのは、演算能力が非常に高いスーパーコンピューターみたいなものなので、客観的に人間を分析出来ているのは間違いないでしょう。

その結果「分類するのが好き」という結論に達したのは、過去の人種差別や宗教戦争に対する皮肉ともとれますよね。

自分と違うものは排除したいと考える・・・・それはおそらく「未知のものに対する恐怖」からなんだと思います。

野生動物の世界でも「いじめ」があるのは、恐怖が表面に現れた結果だと思うんですよ。

だからこそ、パニックを起こさないために、覚醒したシンスが少しづつ増えていくという状況を博士が作ったはずですからね。

つまり、最も人間を客観視できていたのは、他ならぬ人間の博士だったということになりますね。

「パーソンズ・オブ・インタレスト」のマシーンもそうですが、プログラムした人間の本性がトレースされるという点で、AI開発というのは恐るべき脅威になりかねないですね。

そして、どう生きるかを考えはじめているミアの姿を見ると、「考える葦」に近づいているのかもしれません。

海外の人気ドラマの傾向は、こういった「生き様」が裏テーマになっているものが多いですね。

話は変わるんですが、最新の既成品シンスは「ランドストロームサリーXE」で55,000ポンドなんだそうです。日本円にすると約823万8,466円。メルセデスを買うくらいの値段でシンスが買えるなら、絶対に買いますよね。

だって、その購入金額を回収するために、そのシンスに投資させれば限りなく低いリスクで利益が出るはずですから。

それに、時間を買うために便利家電を買い揃えるより、何百倍もの効果があることは明白なので、本当にいますぐにでもほしいです。笑

ヒューマンズ シーズン2をhuluで見る

第3話

サンフランシスコ・パシフィックベイ病院

サンフランシスコ・パシフィックベイ病院
モロー博士が訪れたパシフィックベイ病院には、意識不明で寝たきりの娘・ジニーが入院している。

ジニーが意識不明になって3年。回復の見込みがない娘のことをあきらめようと夫は言う。

ホーキンス家

マティがオディに例のプログラムをインストールしたのち、起動してみるが、故障が直った様子はない。

数時間後、マティの外出中に突然オディが動きはじめ、シャワーを浴びているジョーを、ドアのガラスごしに見ている。

帰宅したマティは、それを見てオディを部屋に連れ戻した。故障が直り、普通に話せるようになったオディはマティに自己紹介した。

ヒューマンズ シーズン2をhuluで見る

控訴局

ヒューマンズ・ニスカのテスト
ニスカのテストが開始された。

ローラはニスカに「感情があることを示さないと先はない」と伝える。ところが、人間に行う反応検査を行っても、ニスカは何の反応も示さない。

別のテストに変更し、いろいろな音楽を聴かせて反応を探ることにした。

テクノがかかった瞬間、ベルリンでのことを思い出したニスカだったが、大きな変化はおきない。

ローラは、ニスカにアンドリュー・グラハムを殺した理由を尋ねる。

ニスカは、アンドリューが自分に対し「幼い少女になれ」と言い、イヤだと言った私を襲ってきたことが怖かったと言う。

「ずっと怯えながら生きてきた。だれにも限界をこえることがあるはず。」

この発言で、ニスカに感情があることを証明できる確信をローラは得た。

引き続きローラがモニターでニスカを監視していると、彼女がやたらと手首を触っていることに気づいた。

ニスカの荷物を調べてみると、髪ゴムと「アストリッド」の連絡先を書いたメモがあることを発見した。

ヒューマンズ シーズン2をhuluで見る

郊外の家

ヒューマンズ・ミア
ミアはマックスに「人間を好きになってしまった」と打ち明ける。

数日前、正体がばれて出て行けと言われたが、それでもエドのことが好きなんだと告げた。

レオが焦ったように部屋に飛び込んできた。

マックスが男を逃したことで危険性が増したため、この家を出るとレオは言う。ヘスターはその男は自分が殺したと言いかけてやめた。

ミアは移動せずこの土地に残って、エドに理解してもらえるよう努力すると宣言した。

トビーの学校

ヒューマンズ・リニー
ランチの時間。シンスのマネをして生活するリニーに近づき話しかけるトビー。

周りの生徒たちは、それを見てからかうような言葉をかけている。

ヒューマンズ シーズン2をhuluで見る

警察

カレンが復帰。

シンスの誤作動の通報が増えているが、保険金詐欺の可能性があること、特定のパーツの窃盗被害が増えていることなどが報告された。

ピート・ドラモンドはカレンと一緒にマーティンの家を訪れた。

そして彼に、「最新モデルでも55,000ポンドのシンスに10万ポンドも払う人がいるのか?」と質問した。

何も知らないと答えたマーティンだったが、うっかり「セラフィム」という言葉を口にしてしまう。

カレンがマーティンのパソコンをチェックすると、彼はいきなり逃げ出した。

カレンは隠してあった携帯を見つけた。そこには「コナー」の連絡先が1件だけ登録してあった。

セラフィムとは何かをピートがカレンに尋ねる。

「一番階級の高い天使よ。6枚の翼を持っている」とカレン。

その日の夜、同僚たちとパブで飲んでいると、カレンがトイレに駆け込んで吐いている。胃袋が破裂してしまったらしい。

電源を切り、体内の液体を取り除かないと危険な状態に陥ってしまう。ピートはあわててカレンを車につれていき、電源を切った。

エドの店

恐る恐るエドの店に戻ったアニータ(ミア)は、エドに話しかけた。

「私であることはとても危険なので、誰にも言わないでほしい」
「私はシンスだけど、意識がある」
「物や人を好きにもなる」

そして、本当の名前はアニータではなく、ミアだと告げた。

「悪いけど無理だ、これ以上何も聞きたくない」というエドに、「話しを聞いてくれたら、もうあなたの前に現れないから」と言い、エドとの出会いが自分の日々を輝かせてくれると告白した。

ヒューマンズ・エドとミア

エドも少なからずミアに好意があったことを認め、キスを交わした。

その後、親密に抱き合っている姿を常連客のダニーに見られてしまう。

ヒューマンズ シーズン2をhuluで見る

ホブ教授の自宅

モロー博士がホブ教授の自宅を訪ねた。

孫娘のオリビアが隣にいる状況で、モロー博士が意識のあるシンスについて質問。

ホブ教授は、口頭では何も知らないと答えつつ、「携帯を車へ。庭で話そう」と書いたメモをみせた。

教授は「政府に監視されており、過去の研究についての情報を漏らすと逮捕される」と言う。

頑なに断るホブ教授をモロー博士が脅すと、後日モロー博士が宿泊するホテルを訪ねてきた。

そして、下記の条件を出した。

  • 150万ポンド用意すること
  • 自分が情報源だとばれないように、概要のみを話し、詳細は言わない

ホーキンス家

末娘のソフィが、シンスの口調を真似るようになっている。

それを心配したジョーは、「心に壁を作っているようなので、医者にみせたほうが良さそうだ」とローラに伝えた。

ヒューマンズ シーズン2をhuluで見る

クオリア・グローバルシステム

ヒューマンズ・クオリア・グローバルシステム
モロー博士を迎えたスタッフ・ヘレンは、廃屋にヘスターを捕獲しに来ていた女性だった。

ヘレンはモロー博士に、敷地内の建物を指差し、「サイロに覚醒したシンスを保管してある」と伝えた。

モロー博士は「V」に話しかける。

  • あのプログラムを書いたのはエルスターだとわかった
  • 息子のレオ・エルスターはまだ存命

すると突然、「V」は、とある滝の話しを始めた。その滝はモロー博士が娘のジニーとトラッキングで訪れた滝のことだった。

ヒューマンズ・シーズン2 第3話の感想

この第3話では、すごい演技を見ることが出来ました。

1人でトイレにいたカレンが、同僚が入ってきたときに表情の変化を見せるシーンがそれです。

完全なるシンスの無感情の状態から、ニコっと人間らしい笑顔を作り出す瞬間は、ルース・ブラッドリーの演技力の高さをこれでもかと見せつけた瞬間でした。

この半年間で見た全作品の中で、間違いなくベスト3に入る演技です。

クオリティの高いドラマ作品の出来不出来は、演者の演技力も大きく関係しますから、こういったほんの数秒の演技でも、見ている側を「ぞわっ」とさせる役者さんのスキルは、欠かせないですね。

なんというか、海外の役者の底力を見せつけられたというか、人材の豊富さを思い知らされたというか、日本の役者さんの頑張りを期待したいというか、そんな感じです。

あと、エドがミアと抱き合っているところをダニーに見られてしまうんですが、これはあとでなんとでも言い訳できると思うんですよ。

シンスには「アダルトモード」的なシステムが組み込まれているので、「あのときは、そのモードにしてたんだ」と言えば済みますからね。

でも、ダニーの表情を見ると、「シンスに心を奪われたエドは、状況的にやばい」という感じに見えました。

もし制作サイドが、シンスのアダルトモードのことを失念しているとしたら、これは致命的なミスになりそうです。

とりあえず、今後の展開を見てから、ここがツッコミドコロになるかどうかを確認したいと思います。笑

ヒューマンズ シーズン2をhuluで見る

第4話

ヒューマンズ
シンスが逃亡した事件がまた起きた。供述書には「シンスに突き飛ばされた」という一文があり、刑事のひとりは、人間に危害を加えないシンスに突き飛ばされるわけがないと信じていることから、これは保険金詐欺だと考えている。

レオたちは、駅でシンスの故障関連の通報を傍受しており、ベロニカというシンスが故障したことを知った。

待ち合わせ場所にやってきたレオたち。ベロニカを助けるか、囮にするか葛藤している。

マックスは、囮にすると決めたレオの決断に反対し、別れを告げて立ち去った。

残されたレオとヘイリーが、ベロニカを回収しに来たバンのあとをつけると、到着したのはクオリア社だった。

ホーキンス家

ヒューマンズ・ホーキンス家
ヒューマンズ シーズン2をhuluで見る

最近、様子がおかしいソフィを医師に診てもらう。

医師が言うには、ソフィには無意識のうちにミラーリングする傾向にあり、「若年性シンス過剰同一視障害」の可能性があるとのこと。

若年性シンス過剰同一視障害とは、患者がシンスになりきっている状態を指す。ケンカもせず、いつも落ち着いているシンスを、子供が人間の大人として見てしまうのが原因。

対処方法としては、シンスを遠ざけ、人間同士のコミュニケーションをしっかりとること。

ソフィが部屋で洗濯物を畳んでいる。そこにオディが入ってきて、簡単なシャツのたたみ方を教えた。

医師が帰ったあと、セカンドオピニオンに診てもらおうというジョーを、ローラが「都合の良い意見が聞きたいだけでしょ」と激しい口調で責める。

どうやってシンスを遠ざけるかを話しあおうとしているとき、ローラの職場から電話が入った。

ジョーは、ソフィの問題を保留して仕事にでかける妻に、「ニスカが待っている」と皮肉を言う。

ジョーは、何かの資料を見ている。

何かを思いついたジョーはマティに、「クビになった理由を知るため、前の職場のコンピューターをハッキングするのを手伝ってほしい」と頼んだ。

マティが会社のメールをハッキングすると、異例な送信状況のシンスのメールアドレスが見つかった。

シンスによって改ざんされた情報によってクビになったジョー。会社側はそれを隠蔽するために、退職金という名の口止め料をジョーに支払おうとしていたのだ。

パシフィックベイ病院

ヒューマンズ・パシフィックベイ病院
ヒューマンズ シーズン2をhuluで見る

エドは、母親が入院しているパシフィックベイ病院に、ミアとともにやってきた。

そこのスタッフは、「入院費の滞納分を今すぐ支払ってもらわないと、今すぐ退去してもらうことになる」と告げた。

エドの店

ダニーが、先日店の中で抱き合っていた、ミアとエドの様子を探りにやってきた。

エドはミアに買い物を頼む。出かけていたミアが戻ってくる。その手にはスクラッチくじが。

「当たる確率は、13,986,816分の1だとわかっているけど、試すくらい良いと思って」とミア。

続けてエドに「ふたりきりになれる場所にでかけない?」と誘う。それに賛成しながら、エドはミアのスッチをオフした。

そこにキッチンに隠れていたダニーが現れる。

クオリア社

モロー博士は、イギリスに来ているマイロと、明日のランチをとるスケジュールをいれた。

ローラは、ベルリンで見つけ出したアストリッド・シェーファーを、ニスカの前に連れてきた。

そして、ふたりの出逢いと別れについて話しを聞いたあと、アストリッドに、ニスカがシンスだということを教える。

アストリッドは信じられないという表情を浮かべた。彼女はニスカが人間ではないと全く思わなかったと言う。

ローラは、アストリッドとニスカがふたりで話しをする場を作った。

なぜ本当のことを教えてくれなかったのかと問うアストリッドに、「私のことを好きでいてくれたから。嫌いになってほしくなかったの」とニスカは答えた。

ヒューマンズ・クオリア社・アストリッド
ヒューマンズ シーズン2をhuluで見る

エマ・ハリスの自宅

カレンは、おかしくなったというシンスの話しを聞きに来た。

それとなく部屋を探ると、テーブルの上にADAロボティクス社の名刺。

エマは、カレンが来る前に人が来て、ベロニカを購入時の倍の価格で買い取りたい旨を話したことを告げた。

ただし条件は警察に通報しないことだったと言う。

トビーの学校

トビーがリニーとの接点を作るため、宿題を教えてほしいと頼むと、彼女はOKを出した。

町外れのとある場所

ピートはセラフィムを密売しているコナーに、「セラフィムを安く売る」と連絡を入れ、町外れで落ち合った。

そして、そのシンスのふりをする予定のカレンに電話をかけたとき、コナーの同伴者にいきなり殴りかかられた。

運転中のカレンに、電話を通してその様子が伝わっている。

コナーは、倒れ込んだピートの上着のポケットの身分証明書を探り、「ドラモンド警部、あんたの手に負える相手じゃない。命を落とすぞ。消えろ」と言い立ち去った。

迎えに来たカレンにピートが言う。「君が正しかった。セラフィムは意識のあるシンスじゃない」

とあるレストラン

ヒューマンズ・レストラン
ヒューマンズ シーズン2をhuluで見る

マイロとモロー博士がワインを飲みながら食事をしている。そして、マイロが「意識の転送」に乾杯しようと告げた。

驚いた様子のモロー博士にかまわず、すべての端末を監視していることで、博士の夜中の買い物のこともわかっていると話した。

モロー博士の研究は、シンスの中に人間の意識を転送するということ。それを知ったマイロは、博士をクビにしようか迷っていると告げた。

サーバーにあるものは、全部僕のものだから、もはや博士は必要ないというのが理由だ。

博士はマイロを永遠の命の創造主にすると提案することで、研究を続けることが出来るようにとはかった。

そのためには、試作品を作る必要があり、デビッド・エルスター博士が書いたプログラムを搭載したシンスが欠かせないと告げる。

そして、デビッド・エルスター博士が、死んだ息子レオを、シンスの技術で生き返らせている事実も打ち明けた。

ジョージの家

オディは「行きたい場所がある」と外出しようとする。マティが一緒に出かけると、ジョージの家に到着した。

今は誰も住んでいない様子。オディは庭を懐かしそうに見て回っている。

ホーキンス家

ヒューマンズ・ホーキンス家
ヒューマンズ シーズン2をhuluで見る

リニーがやってきたのをソフィが出迎える。

数学の宿題を終えたあとも、トビーは、一緒にテレビを見ようとリニーを誘う。

テレビを見て笑うリニーの笑顔をほめると、急にリニーは帰ると言い出した。

トビーは「友だちになりたいのに、君は自分を隠している」と、今までに感じていたことを告げた。

家のベルが鳴り、公益事業モデルのシンスが電気メーターの確認にやってきた。

作業を行っていたそのシンスは、突然リビングのローラに近づき、「訴えを取り下げなさい。さもなければ家族に危険が及ぶ。」と迫ってきた。

家の外に出そうとするジョーを突き飛ばすシンス。

そこにマティと帰宅したオディが危険を察知、シンスに近づき、顎の下のスイッチを押し電源をオフにしてくれたことで、事なきを得た。

ヒューマンズ・シーズン2 第4話の感想

ソフィの症状の原因のひとつに、両親のケンカがあったということがわかったんですよ。

それなのに、医師が帰ったあとに、すぐにジョーを激しい口調に責めるローラってバカなんですかね?

怒鳴り声を聞かされたソフィが、またショックを受けるということを考えられないのか?と思うと、やっぱりバカなんでしょう。笑

弁護士のくせに冷静さを欠くことが多いのは、末娘可愛さのせいなのか、そもそもの性格の問題なのかわかりませんけど、ここまで見てきた中で、ローラの思慮の浅はかさが目立っているのは事実です。

どんどん、シンスに心惹かれる人間が増えていっている予感がしますね。

結局、人間が滅亡するとしたら、争いや食糧危機などではなく、人間よりシンスをパートナーに選んだ人間が増加して、子孫を作る機会が激減したことによってなんじゃないかという気がしてきました。

感情的でウソをつき、人を傷つける人間よりも、穏やかで文句を言わないシンスと過ごしたほうが、ストレスに感じることもないですからね。

シンスは「人間が不完全である」ということを浮き彫りにさせる存在でもあると言えます。

感情の起伏があり、不完全だからこそ魅力的だと言う人も多いかもしれませんが、よくよく考えたらそれって正しいんでしょうか?

  • 相手のことを思いやる
  • ウソをつかない
  • 暴力を振るわない

幼稚園の頃から教えられてきたことを、完全に守れているのはシンスのほうであって人間ではない・・・そう考えると、人間の理想形はシンスだということになってしまいます。

このドラマの言いたいこと、メインのテーマはそこなんじゃないかなと思うんですよね。

ヒューマンズ シーズン2をhuluで見る

第5話

ヒューマンズ シーズン2・第5話・フラッシュ

子供たちとかくれんぼをして遊んでいたシンスのフラッシュは、クローゼットの中で意識が芽生えた。

そしてそのまま家をでて、フィードバックグループへ「感覚異常」の報告。するとすぐ「君を助ける。ランドストリート裏通りへ」と返信があった。

「あなたは誰?」と尋ねると、「君の仲間だ」という返信が届く。

フラッシュが約束の場所で待っていると、フィードバックグループのスタッフがやってくるのが見えた。

彼らから逃れようと、フラッシュがその場所を離れると、そこにマックスがいた。

バンの荷台

スイッチを入れられたミアは、両手が鎖で固定されている状況に気づいた。

目の前にいるエドは、母親の入院費を捻出するために、高く売れるミアを騙したのだった。

諦めたように、「最後のキスをして」とミア。エドが顔を近づけると、いきなりエドの喉元を掴み「解放しなさい」と叫んだ。

ヒューマンズ シーズン2・第5話・ミア
ヒューマンズ シーズン2をhuluで見る

慌てて近寄ってきたエドの同伴者の男が、ミアを止める。ミアは自分の今の行動を不可解だと感じている様子。

バンが走り出したあと、自分の体の残り少ないバッテリーを使って、スマホでどこかに連絡をいれたのち、電源が落ちた。

ホーキンス家

ローラを襲った公益事業モデルのシンスを引き取りに来ている業者。

ジョーはマティに、ソフィのためにオディの保管場所を考えてくれと言う。

マティは悩めるオディに、「したいことをすればいい」と告げた。

古ぼけた宿

ヘスターとレオは、サイロの警備を破るための情報を得ようと、近くの宿をとっていた。

この宿には、シンスと性的交渉を持とうとする人間がよく利用している。

ヘスターは、ただのプログラムで嬌声をあげているだけのシンスに、人間がそういう行為をしたがる理由がわからないと言う。

クオリア社

モロー博士が3人のスタッフに、意識をもったシンスの捕獲を指示している。

無視し続けていたギルからの着信に出ると、「亡くなったよ、感染症だった」と、娘の最後についての話しを伝えられた。

ヒューマンズ シーズン2・第5話・モロー博士
ヒューマンズ シーズン2をhuluで見る

葬儀の手配をギルに頼んだものの、自分は葬儀には出られないとモロー博士が言う。

ギルは大きな声で彼女を叱責するが、博士は強引に電話を切ってしまった。

シンス買い取り業者とエド

ミアの引き渡しの場所で、スイッチを入れると、ミアは「アニータ・ホーキンスです」と自己紹介した。

エドは演技をしていると言うが、システムをスキャンすると、ミアが普通のシンスであることが判明した。

買取業者は、エドが自分たちを騙そうとしていると捉え、ミアを買い取らずに引きあげていった。

バンの中でコードを見つけ、ミアの体に繋がっていた。エドはミアが何かをして、普通のシンスになったのだった。

買取業者の通報によって、パトカーのサイレンが近づいてくる。

所有者ではないエドは、見つかると逮捕されてしまうということで、ミアを置き去りにしてその場を離れた。

ヒューマンズ シーズン2・第5話・エド
ヒューマンズ シーズン2をhuluで見る

クオリア社

ローラはニスカと裁判の対応策を考えている。

いつもと様子が違うローラに、何があったのかとニスカが質問した。

ローラはハッキングされたシンスに、裁判を中止するように警告された旨を伝えた。

ピートとカレンの住む部屋

カレンは自らのアイディンティティについて思い悩んでいる。

それは、ピートと一緒にいてもふたりには未来などないという認識にまで発展している。

このままの暮らしを続けるかどうか、しばらく時間がほしいと、カレンはピートに伝えた。

ホーキンス家

ローラ以外のホーキンス家の4人で、シンスがいない辺鄙な街に日帰り旅行にやってきた。

ここは街全体でシンスを導入しないと決定した街。最近ではこういう場所が増えているとジョーは言う。

日帰り旅行を終え、地元に戻ってきたとき、トビーはリニーを見かけた。車を降りて声をかけに行くとソフィも興味ありげについてきた。

リニーはふたりに、一緒にいたホリーとスペンサーを紹介された。彼らもシンスのふりをしている人間だった。

ヒューマンズ シーズン2・第5話・ホリーとスペンサー
ヒューマンズ シーズン2をhuluで見る

ソフィは3人の目の色はどうやって色付けしているのかが気になる様子。

その後、トビーはリニーの家に招かれた。

誰の姿も見当たらないことについてトビーが尋ねると、リニーは、「第一ユーザーのバーバーさんはいつも休日は愛人のマリッサとバルバドスで過ごす」ことを話し、自分の部屋に案内した。

整理整頓された部屋だったが、ベッドのサイドテーブルにはキャンディーが置いてあった。

あわててそれを片付けたリニーは、「成人オプション」のカードを黙ってトビーに差し出した。

カードに書かれた暗号を読み上げることで、管理者権限を与えられたトビー。

リニーは突然キスをしてきたが、トビーは「そういうつもりじゃない、本当の君に出会えると思ったからだ」と言う。

トビーを追い返したリニーは、泣きながらキャンディを食べている。

とあるレストラン

レオとヘスターがテンを撃ち殺した女の姿を発見し、あとをつけた。

つけられていることに気づき、どこかに電話している彼女を襲い、持ち物をチェックする。

そしてヘスターは、ひとりで彼女の尋問を行うと言う。

クオリア社

今後の処遇について最終判断がくだされることになったニスカを、警備スタッフが審議の行われる部屋まで連れて行こうとしている。

そのときニスカは、口から青い液体を吐き出し「助けて」と呟いた。

警備員が技師を呼びに行こうと立ち上がったときに、ニスカはその腕から腕時計を抜き取った。

ピートの自宅

カレンと電話で話しているピート。

北ロンドンでシンスの取引を行っているアンドリュー・テイトについて調べてほしいと話している。

ヒューマンズ シーズン2・第5話・ピート
ヒューマンズ シーズン2をhuluで見る

そして、アンドリュー・テイトの調書にコナー・ウィーランの名前があることをカレンに質問すると、「彼にはカラムっていう兄弟がいて、ウィーランの倉庫で盗品売買をしているみたい」という答えが返ってきた。

ホーキンス家

マティはシンスに意識を与えるプログラムを完成させた。

ゆっくりとしか拡散しないニスカのバージョンに手を加え、早く広がるようにした完全版だと胸を張る。

ただ、意識をもった5億体ものシンスが出現すると、革命がおきてしまう。その騒ぎをコントロールできるのはレオしかいない。

マティは、レオを見つけようとするがアイディアが浮かばず、逆にレオに自分を見つけさそうと考え、すぐに実行した。

モロー博士

「V」に向かって、娘のジニーの死亡原因と、その後の研究について語り始めたモロー博士。

あるときから、コードを自ら書き換え始めジニーに似てきたのが、「V」だと話す。

古いホテル

ヘスターが返り血を浴びた状態で部屋に戻ってきて、聞き出したクオリア社の警備システムについてレオに報告する。

あの女性は無事だとは言うものの、拷問によって情報を引き出したのは明白だった。

ヒューマンズ シーズン2・第5話・ヘスター
ヒューマンズ シーズン2をhuluで見る

レオはヘスターが暴力を使ったことが許せない。ところがそんなレオにヘスターが言う。

「考えて。暴力を使わずに改革を成し遂げたり、不条理な抑圧を覆した人がいた?人間の歴史の中で。」

その頃、ヘスターが尋問した女性は川に浮かんでいた。

クオリア社

ニスカの最終審議が開始された。

ところが今回の審議が不平等なものであり、人間がシンスの存在価値を認めることなどないことは最初からわかっていたと、ニスカが持論を展開した。

そのせいで審議は中止、ニスカは連れて行かれてしまった。

その途中、軽い爆発が起きて停電になる。

警備員から奪った腕時計をタイマーにして、軽い爆発を起こすようにニスカがセットしていたのだ。そして混乱に乗じて逃亡をはかった。

別の研究室では、ある女性研究員(ヘレン・エイブリング)が、モロー博士の話していたレオ・エルスターを見かけたことを伝えている。

モロー博士は、サイロの中に彼らの仲間のシンスが存在しているのかもしれないと考え、チェックしに行くことにした。

案内してくれたヘレン・エイブリングの過去の素晴らしい経歴にふれたモロー博士。

喜ぶヘレンに対し「それが今ではシンスの検査係?残念ね」と皮肉たっぷりに言い放ち、意識のあるシンスのチェックは自分だけで行うと、IDカードを奪い取りエレベーター乗った。

「V」を呼び出し、A124H号室の扉を開けることが可能かどうかを尋ねと、簡単にセキュリティを解除することに成功した。

ヒューマンズ シーズン2・第5話・モロー博士
ヒューマンズ シーズン2をhuluで見る

そこには複数の子供のシンスが並んでいた。

ウィーランの倉庫

ピートが見張っていると、中からコナーが出てきた。

その車にシンス(セラフィム)が乗っているのを検知し、後をつけるが尾行気づかれてしまった。

巻かれてしまったが、追跡信号によって車を発見。ところがトランクは開けられ、運転席では事故があったときのようにエアバッグが作動していた。

ピートは車を降りてシンスを追跡しはじめた。

信号をたどっていくと公園に到着、遊具で遊ぶ子供が目的のセラフィムだった。

ヒューマンズ シーズン2をhuluで見る

ヒューマンズ・シーズン2第5話の感想

1.今回は、シンスについての新しい情報が紹介されていました。リニーのセリフから判明したのが、シンスの目の色の違いについてです。

  • 緑:ユーザーあり
  • 青:ユーザーなし

なるほど、これで今後登場するシンスの分類が簡単にできるなと思ったんですが、よく考えたら、青い目のシンスが街中を歩いていたりするのは、どういう状況なんでしょ?

個人使用ではなく公共事業に携わっているとしても、そのシンスは行政の属しているでしょうし、ユーザーのいないシンスが稼働している状況がよくわかりませんね。もう少しその状況について考察してみたいと思います。

2.リニーがシンスのふりをしている理由が明らかになりました。

出張が多く、家を開けがちな父親。ひとりきりの寂しさを埋めるためと、若い愛人が家に泊まりに来たり、自分を放置してその愛人と休日に旅行に出かけることへの、精神崩壊のストッパーが「シンスになりきる」ということのようですね。

なんとも悲しい理由だったんですが、自分の心を別の場所に置くことで、悲しみや寂しさを回避する行為について、心理学の授業で習った記憶があるので、おそらくそれなんでしょう。

アメリカでは、こういうのも虐待にあたると思うので、出るところに出ればリニーの保護プログラムが作動するはずです。

ただ、実の親がまだ自分に愛情があると信じたい子供にとっては、親を売るような真似はしたくないというのが本音なんでしょうね。

ツッコミドコロ

ミアがエドの首を掴んだとき、シンス買取業者の男は、必死でミアの腕をエドから離そうとしていましたが、顎の下を触ってスイッチを切ればよかったのでは???

ヒューマンズ シーズン2をhuluで見る

第6話

ヒューマンズ シーズン2・第6話

子供を持つことは至上の喜びであるが、逆に失うリスクも併せ持つ。

そこで開発されたのがクオリア社のジャスパー。アップデートを繰り返し成長させることができる。

クオリア社

モロー博士は、サイロの中身を見て、自分がマイロから雇われた理由が「意識のある子どものシンスを作るため」だということを知った。

マイロいわく「様々な問題をチェックするために、すでに12体の子供のシンスが外に出ている」。

ただし、そのうちの何体かは行方不明になっているらしい。

倫理上の問題から、この研究を続けることは出来ないと判断したモロー博士は、クオリア社から離れることを決意するが、社のサーバーに入っているジニー(V)を人質に取られている状況から、社に残ることにした。

ホーキンス家

帰宅したローラは、キッチンにミアがいることに気づいた。

ヒューマンズ シーズン2・第6話
ヒューマンズ シーズン2をhuluで見る

彼女は、アニータだと名乗り、自分が本当はミアだということや、ニスカのことを忘れている。

食事をとるためキッチンに来たトビーは、アニータの姿を見て驚いているが、彼女の様子から、ニスカの情報が得られそうにないことにがっかりしている。

郊外の森

マティはレオとの待ち合わせ場所に到着した。そして、一緒に動いているヘスターを紹介した。

ヘスターは、監禁施設のセキュリティカードを手に入れたので、今すぐ突入し、中にいるシンスを解放しようと言う。

レオは、「侵入して中の様子を詳しく調べるだけだ」とヘスターの計画に反対した。

教会

オディが街の教会にやってきて、懺悔室へと入った。

神父に「最近、自我に目覚めたが生きる目的が見つからない」と告白する。

神父から、「もう一度、人助けをすれば良い」と言われ、それを実行する気持ちになった。

教会を出てから、早速道行く老人の荷物を運ぶ手伝いをするが、必要以上のことをしてしまい、追い払われてしまった。

カレン

ヒューマンズ シーズン2・第6話
ヒューマンズ シーズン2をhuluで見る

カレンは、停車した車の中で、アマンダ・ニールソンの死亡証明書を見つめている。そして、自分がアマンダになりきろうとしている様子。

そのとき、ピートから「セラフィムを手に入れた。うちに一緒にいるから戻ってくれ」と連絡が入った。

ピートの隣には、子供のシンスがいる。

街中

ニスカのことを凝視するシンスたち。

気になって、清掃中のシンスにその理由を尋ねると、「あなたの位置情報を警視庁に通報しています」と答えた。

それからは、シンスを避けるように行動するように気を配った。

ピートとカレンの自宅

帰宅したカレンに、ピートは子供のシンスを引き合わせた。

そして、このシンスが登録もされておらず、名前もついていないこと、そして標準的なオペレーションシステムが入っていることを伝えた。

暗号化されたファイルがあることも。

カレンは子供のシンスとつながり、中のファイルを調べ始めた。

ヒューマンズ シーズン2・第6話
ヒューマンズ シーズン2をhuluで見る

その結果、わかったことは下記の通り。

  • 保存されたデータは24時間ごとに削除される
  • 追跡防止のために、GPSの記録も自動的に消える
  • ネットへのログイン履歴が残っていた
  • 最初にログインした場所は、以前クオリア社が持っていたビルの住所だった

ピートは、クオリア社に話しを聞きに行こうといい、カレンと一緒に出かけた。

ホーキンス家

マニュアルにそって、アニータを再起動してみるが、変わらずアニータのまま。

マティに頼まないとどうしようもないという結論にいたり、何度も電話をかけるが捕まらない。

郊外のレオたちの隠れ家

監禁施設に侵入しようとしたが、ドアに電流が流れていたことで、ヘスターは動作に支障をきたした模様。

レオが肩にかかえて、なんとか隠れ家まで連れ帰ってきた。

マティがパソコンをつなぎ、回復を試みる。

その作業が一段落ついたあと父からの電話に返信、アニータの状況を知り、ミアに戻るためのパッチファイルを送ることにした。

電話を切ると、ヘスターが目覚めていた。

ヒューマンズ シーズン2・第6話
ヒューマンズ シーズン2をhuluで見る

マティは、もっと賢いやり方をしなければ、ふたりとも死ぬと忠告する。

ヘスターは「レオはセックスしてから変わった」と言う。マティはやきもちをやいたような素振りを見せる。

クオリア社

ピートとカレンは、モロー博士に話しを聞きに来たが、研究の内容などは一切知り得ることが出来なかった。

しかしながら、優位な立場にあるとわかっているので、「あるものを預かっている」という伝言をマイロに伝えるようことづけて、ふたりはあっさりとその場を後にした。

使われていない列車倉庫

マックスがパソコンを開いてミアを探していると、「森で男性警備員の遺体を発見」というニュースが飛び込んできた。

ヘスターに電話し、「あの護衛の男を殺したことは、レオは許さない」と告げた。

ところがヘスターは「彼は知っているわ」と答える。

そして、レオがマックスに対して怒っていたこと、今は仲間だと考えていない素振りを見せていることなどを、誇張して話した。

マックスは電話を切ったあと、シンスが目覚めると通知されるシステムの暗号化コードを変更した。これはレオが二度と使えなくするための処置。

ホーキンス家

マティから送られてきたパッチファイルを実行する。

急に激しく動作したアニータは、明らかにアニータではない様子を見せる。そして、ミアの意識を取り戻した彼女は、「ニスカが大変だわ」とつぶやく。

そして、信じていたエドに裏切られたことを思い出し、「レオが正しかった」と反省した。

セーターに着替えたあと、窓から外を眺めているオディと会話を交わすミア。

ヒューマンズ シーズン2・第6話
ヒューマンズ シーズン2をhuluで見る

「仲間のところで戻る」とホーキンス家を出ていった。

夕食時、ソフィは再びシンスの真似をするようになった。その態度に声を荒げるローラ。

ジョーはキッチンにソフィを連れていき、生卵をトビーやローラにぶつけた。その後、全員でソーダやスナックをぶちまけあう。そのおかげもあって、ソフィは子供らしい笑顔を取り戻した。

夜中、オディは散らかったキッチンを掃除している。その音に気づいたソフィがベッドから抜け出し手伝いはじめた。

翌朝、ソフィはまたシンスのマネごとをするようになったので、ジョーとローラは治療が必要だと考え始めている。

そんな両親の会話を耳にして、トビーはリニーに助けてくれないかと相談をもちかけた。

ニスカが複数のシンスに追われそうになるのを、間一髪列車に乗り込み回避。車内のシンスが警視庁に報告しようとするのを、電源を切ることで阻止した。

行き場を失ったニスカは、アストリッドを頼って家を訪れた。

ピートとカレンの自宅

カレンは、子供のシンスをサムと名付け、第一ユーザーとなった。

クオリア社

10数体のシンスを並べ、「私が探しているレオ・エルスターと接触した可能性があるので、あなたがたにここに来てもらった」と話すモロー博士。

その中のベロニカが、知っていると答え、レオとのやりとりを報告した。

ヒューマンズ シーズン2・第6話
ヒューマンズ シーズン2をhuluで見る

サイロのそば

レオたちと再会したミア。

マティが、レオたちの計画を止めるようにとミアに頼むが、ミアはレオたちを手助けすると言う。

そして、マティがすべてのシンスを目覚めさせるプログラムを完成させたことを、レオに伝えた。

ヒューマンズ・シーズン2 第6話の感想

トビーが痩せて、背も伸びて、イケメンになっているのに驚きましたね~。

ティーンエイジャーは、わずか数日でいっきに見た目がかわるほど成長するっていうことなんでしょう。

ということは、ソフィの幼さがなくなる日も近いのかも?笑

ヒューマンズ シーズン2をhuluで見る

第7話

ヒューマンズ シーズン2・第7話

シンスに感情をもたせるプログラムを渡せというレオに、マティは「そんなものは持っていない」と言い、その場を立ち去った。

ピートとカレンの自宅

ヒューマンズ シーズン2・第7話

相次ぐシンスの誤作動に、隠蔽を疑う記事が出たとピートは出かけていった。

家に残ったカレンは、サムの感情の動きはプログラムによるものだと捉え、自分とは違うことを認めた。

そして、サムに別れを告げ、「頭の良い女性のところに行ってくる、もし帰らなければ、ピートがあなたの世話をする」と言い残し、外出した。

ホーキンス家

ヒューマンズ シーズン2・第7話
ヒューマンズ シーズン2をhuluで見る

ソフィがシンスがするように、丁寧に部屋の整理整頓を行っている。

そして、父のことを「ジョー」と呼び、お菓子を食べようと言われても断り、神経質に掃除を続ける。

マティが自宅に戻り、レオたちが施設を襲撃するつもりだということを両親に話すと、ジョーが警察に通報しようと答えた。

それだとミアが心配なので、通報はやめてほしいとマティ。

マティの部屋にいるオディは、彼女あてに手紙を残し、その中で、せっかく与えてもらった感情を捨て去ったことを詫ていた。

トビーとリニーがソフィと話している。

ソフィは、シンスになれば家族のことで気に病むことがなく、それこそが理想だと考えている。

そして、シンスのように感情を消すのは難しいが、リニーという目標がいるので、そのようになりたいと言う。

それを聞いたリニーは、急に立ち上がり家を出ていってしまった。心配したトビーが連絡をとると、「自分が嫌になったの」と返信があった。

クオリア社

ヒューマンズ シーズン2・第7話
ヒューマンズ シーズン2をhuluで見る

モロー博士がレオたちの動きをつかめずにいると、そこにカレンが現れた。

カレンは、密かにクオリア社が行っているシンス開発について知っていることを博士に告げた。

博士はカレンの正体が何者なのかを知りたがっている。

カレンは机の上においてあった機器(瞳に刻まれたシリアル番号を判別できるもの)を博士に差し出した。

瞳を覗き込んだ博士が再び問う「あなたは誰?」

カレンは答える「デビッドの死んだ妻よ」

カレンは、「時が来たら死にたい、機械の中で死ぬのはイヤだ」と博士に話し、意識をサーバーにコピーするように頼んだ。

とある建物の屋上

ヒューマンズ シーズン2・第7話

エイブリング博士たちが、屋上に妙なシンズがいるとの通報を受け向かうと、そこにはミアがいた。

研究室につれてこられたミアは、いろいろなチェックを受けている。

エイブリング博士は、ミアたちが普通のシンスと違うことに気づいており、「もし本当に意識があったら、私達悪魔ね」と呟いた。

そこにもう一体の意識あるシンスが運ばれてきた。

リニーの自宅

ヒューマンズ シーズン2・第7話
ヒューマンズ シーズン2をhuluで見る

緑のカラコンをはずし、ウィッグをとったリニー。鏡に写った自分を見て泪を流している。

そこに、心配になったトビーとジョーがやってきた。

バスルームの扉を開けると、バスタオル姿のリニーが驚いて叫び声をあげた。何もなかったことに一安心するトビーとジョー。

とあるマンション

カレンが訪ねたのは、ニスカを匿っているアストリットのマンション。

パテル弁護士が、ニスカを見つけ次第壊すと発言していることをアストリットに話した。

さらにカレンは、レオたちに危険がせまっていると告げたが、ニスカはアストリットが大事だと言う。

窓の外の異変を感じたニスカ。

パテル弁護士がニスカを壊すと言ったのは、カレンをニスカの潜伏場所に案内させるための言葉だったことに気づいた。

パトカーが急行してくる中、アストリットとニスカは部屋から逃げ出した。

使われていない列車倉庫

ヒューマンズ シーズン2・第7話
ヒューマンズ シーズン2をhuluで見る

やってきたマティに、「よく見つけたね」とマックス。

ヒューバートとコニーとが新しく仲間に加わっている。

レオを説得してほしいとマティがマックスに話すと、マックスはマティについていくことを決めた。

クオリア社

ミアが目を覚ますと、となりにはヘスターがおり、その電源を入れたあと2人は顔を見合わせて笑った。これこそが、サイロに侵入する計画だったのだ。

頭に追跡装置らしきものを埋められた2人だったが、警備員を拘束し部屋から外へ出て、各部屋をチェックしていく。

意識のあるシンスの保管場所を見つけた2人は、端から電源を入れていく。

全員で部屋を出る途中でエイブリング博士と出会うが、博士は何もできない。

階段の途中で侵入してきたレオと合流し、全員で脱出するが、ヘスターは自分だけは戻って責任者を殺すつもりでいる。ミアはヘスターを止めに戻る。

敷地内を出ようとしたそのとき、封鎖措置がとられシンスたちが次々と倒れていく。

ヒューマンズ シーズン2・第7話
ヒューマンズ シーズン2をhuluで見る

耳や口から青い液体を流し、事切れてしまったシンスを見て慟哭するレオ。

サイロ内では、エイブリング博士を人質にとったヘスターが、モロー博士の研究室にやってきたが、建物内のドアはすべて封鎖されており開くことはできない。

その場には、カレンを迎えに来たピートがおり、ヘスターを説得しようとしたが失敗。

エイブリング博士とピートを刺したヘスターは、そこにやってきたミアの姿を見て逃げ出した。

ヘスターを追いかける途中で、ミアはシンスたちが倒れている姿をモニターで見て、封鎖措置を解除。

呆然と座り込んでいるレオのところに、マックスが到着。残ったシンスたちとともに敷地を脱出することに成功し、ミアもそれに続いた。

建物内では、泪を流すカレンを見ながらピートが息を引き取った。

ヒューマンズ・シーズン2 第7話の感想

まさかピートが死んでしまうとは!

ストーリー展開上、意識のあるシンス同士が敵対するという構図を作りたかったんでしょうけど、シンスに理解を示すピートを殺す必要があったのか?と言われれば疑問が残りますよね。

少なくともその前の段階で、ヘスターはピートがウソをついていないことを確認したわけすし。

まぁ、ヘスターにしてみれば、ピートはウソをついていなくてもモロー博士が「扉を開くことができない」とウソをついていることを見抜いていたのかもしれません。

それでも、それを咎めるためならば、殺すのはエイブリング博士だけでよかったように思います。

人間側もシンス側も、お互いを傷つけることなく分かり合う道を探っているのに、ヘスターのような危険思想の持ち主がいることで、どんどん溝が深まってしまうのは、人間もシンスも同じですね。

いや、意識を持つシンスが人間に近いということから考えると、人間の思慮の浅さが浮き出ているということになるのかも。

穏やかで争いを好まないシンスだけの世界のほうが、本当に美しい世界が構築できると、どうしても思ってしまいます。

ヒューマンズ シーズン2をhuluで見る

第8話

ホーキンス家

ヒューマンズ シーズン2・第8話

クオリア社から意識のあるシンスを助け出したレオたち。

彼らと行動を共にしていたマティからの電話連絡があったあと、ジョーはローラにウォルトリンガムへの引っ越しを提案している。

そこはシンスのいない街。

ソフィの件もあるので、家族のためにはそれが一番良いとジョーは考えている。

ところが、ローラは引っ越しをする気はなく、子どもたちが、大事な人達のために努力しているのを応援したいのだと言う。

子どもたちを守るために引っ越したいと考えているジョーとは、意見が折り合わない。

ジョーがトビーと出かけたあと、ヘスターが訪ねてきた。

彼女は「ミアから、あなたたちが私達の味方だと聞いてきた」と言う。ところがヘスターは自分の名前を「モリー」と名乗り、本名を明かさない。

さらに、目覚めたのは2日前で、以前は樹木の治療をしていたなどとウソを重ねる。

ヘスターは、なぜローラが自分たちを助けるのかを尋ねる。

ローラは、意識あるシンスは人間と対等だからと答える。そして、暴力は何の解決にもならないと言うことをヘスターに説く。

精神的な疲れを感じたローラは、モリーから離れベッドで横になっていた。

マティからの電話で、ローラは、家にやってきたのはモリーではなく、マティを脅したヘスターというシンスであることを知る。

マティは「今すぐ逃げて」とローラに忠告したが、その背後にはヘスターが立っていた。

ヒューマンズ シーズン2・第8話

マティからの電話に出るヘスター。

1時間以内にレオにここに来るように伝えろと言い、それができなければローラを殺すと告げた。

さらに、「警察に通報したら殺す」「私の要求と違うことをしたら殺す」とも。

ローラには、協力しなければ子供たちを殺すと宣言した。

ヒューマンズ シーズン2をhuluで見る

クオリア社

ヒューマンズ シーズン2・第8話

警察が社内で捜査を行っている。

モロー博士は「V」に向かって、「体を与えたかったが、それはできない」と伝える。

触覚や味覚、嗅覚などがなくても、現状に満足しているとV。そして、最初はジニーだったけど、今は別の人格だと博士に話した。

それを聞いたモロー博士は、Vはもう自分の手を離れる時期だと考え、それを伝えた。

Vは自らの意思でジニーのデータを外部へと移した。その行き先はどこかわからない。

マイロに別れを告げ、クオリア社を去るモロー博士。

ヒューマンズ シーズン2をhuluで見る

使われていない列車倉庫

ヒューマンズ シーズン2・第8話

マティがレオたちの隠れ家に戻り、母親がヘスターに捕まっていることを告げた。

レオは、自分が狙いだと理解しており、すぐに向かおうとするが、ミアがそれを止めた。

「私の頭に入っているチップを使えば、ヘスターを壊すことができる。」

頭に埋め込まれたチップから電磁パルスが放出されシステムが消去されるという仕組み。

周波数を確認しスマホに転送するマティ。ヘスターの半径50m以内に近づいたときに送信すれば、うまくいけば一瞬でシステムは消去できるとレオに伝えた。

レオとミアがホーキンス家に向かう。

ヒューマンズ シーズン2をhuluで見る

ホーキンス家

ヒューマンズ シーズン2・第8話

ローラがエルスターの真意について、ヘスターに話している。

エルスターはシンスで新しい人間を作りたかったのだと。そして、ヘスターが人間そのものだと言う。

  • あなたが人間なら病名がつく
  • 心を病んでいる
  • あなたの感情はとても人間らしい
  • エルスターの研究が成功した証拠

それを聞いたヘスターは怒り、包丁をローラの首元にあて「静かにしなさい」と脅した。

ヒューマンズ シーズン2をhuluで見る

とある駅

ヒューマンズ シーズン2・第8話

ニスカとアストリッドがベルリンに逃亡しようとしている。

アストリッドは、ニスカが家族のことを考えていることを見抜き、

「先にベルリンに行っているから、やるべきことをやったら私のところに来て」

と話した。

ヒューマンズ シーズン2をhuluで見る

ホーキンス家

ヒューマンズ シーズン2・第8話

レオは「家に近づいたらすぐに送信しろ」と言うミアを無視し、ヘスターを説得すると言う。

ヘスターはレオに謝罪を求め、それをレオが受け入れた。

ヘスターが暴走したのは、全て自分のせいだとレオ。ヘスターはローラを解放し、レオとハグし合う。

「私を愛してる?」と問うヘスター。「愛してる」と答えるレオ。

ところがヘスターは、「あなたは仲間にふさわしくない」と、レオの首元をドライバーで刺した。

そこにミアが到着した。ヘスターはミアの姿を見て、再びローラを人質にとる。

ミアはレオのポケットからスマホを取り出し、データを送信。ミアとヘスターはその場に倒れ込み青い液体を口から吐き出し動かなくなった。

そこにニスカがやってきて、状況をローラから聞き出す。レオとミアをチェックし、

  • レオの損傷は機械の部分だけ
  • ミアはシステムが崩壊し始めている、もってあと2分

と判断した。

マティに電話し、「完成させたプログラムをネットにアップロードするしか、ミアを助ける方法はない」と伝えた。

ローラはまだ人間は対処できないと言うが、マックスが「大丈夫だ」とマティの背中を押す。その結果、マティはプログラムをネットにアップした。

プログラムがアップロードされると、ヘスターが復活。ニスカが近づき、「いい子にできる?」と尋ねるが、ヘスターはニスカに反撃しようとした。

予めそれを予測していたかのように、ニスカはヘスターに攻撃を加えると、彼女は青い液体を吐き動作を止めた。

ヒューマンズ シーズン2をhuluで見る

とある海岸

ヒューマンズ シーズン2・第8話

カレンは、自分たちに未来はないと考え、自殺することを決心したが、自分ではそれを行うことができないので、サムに実行してもらおうとしていた。

ところが海に突っ込む直前、サムが怖がってカレンに抱きついた。

その瞬間、カレンはサイドブレーキを引き、自殺を思いとどまった。

ヒューマンズ シーズン2をhuluで見る

街中

ヒューマンズ シーズン2・第8話

シンスたちが意識を手に入れ、人間のような行動を始めている。

その影響で、街中に混乱が起き始めた。

ヒューマンズ シーズン2をhuluで見る

ヒューマンズ・シーズン2 第8話の感想

ヘスターの暴走がついに止まって一安心ですね。

なぜ彼女が過激な行動をとるのか、ずっと不思議だったんですが、ローラの言葉ですべてが腑に落ちました。

要するに、人間でいうところの精神疾患だったわけですね。

前頭葉だか海馬だか忘れましたけど、脳のある部分に腫瘍などがあると、その影響で攻撃性の高い凶暴な性格になることがあるそうです。

シンスに置き換えるなら、プログラムのバグというところなんでしょうね。

個体によって性質やキャラクターが違うということこそ、まさに有機体という証明ですから、ヘスターは意識があるシンスというより、限りなく人間に近い感情体系を持っているシンスということが言えると思います。

ただ、マシーンとしてのシンスだからこそ「家事ロボット」などの用途に特化できていたのに、全てのシンスが感情を持ってしまったら、大問題が起きるのは必至。

それをしてしまったマティは、司法で裁かれてもおかしくない立場に追いやられたと思います。

今後の展開で、ホーキンス一家が逃亡生活を余儀なくされるかもしれませんので、そのへんもチェックしていきたいですね。

ヒューマンズ シーズン2をhuluで見る

2週間無料で楽しめる!↓↓↓お試しはバナーをクリック!↓↓↓

[紹介している作品に関しては、現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式サイトにてご確認ください。]

-海外ドラマ
-, ,

Copyright© 海外ドラマと映画 ネタバレとレビュー , 2019 All Rights Reserved.