洋画 ホラー&サスペンス

【ボディハント】郊外への引っ越しは怖い

投稿日:

ボディハント

ボディハントをhuluで見る

マーク・トンデライ監督によるサスペンス作品。さて、そのあらすじは・・・

エリッサ・キャシディ(ジェニファー・ローレンス)とサラ・キャシディ(エリザベス・シュー)の親子は、シカゴから州立公園の中にある郊外の一軒家に引っ越してきた。

向かいには、過去に娘が両親を惨殺するという事件があった家が建っている。この家のお陰で安い家賃で家を借りることができたのだ。

その家(ジェイコブソン家)には誰も住んでいないと聞いていたのだが、息子のライアンが預けられていたおばの家から戻ってきて、ひとりで住んでいるらしい。

そして、両親を殺したというキャリーアンという娘は事件以降行方不明で、森の中で暮らしているという噂もある。

パーティーの帰りに車で送ってもらったことをきっかけに、エリッサとライアンは少しづつ仲良くなっていくのだが、ある日キャリーアンが地下室でまだ生きていることをエリッサは知ってしまう。

ライアンはキャリーアンのことは秘密にしてくれと頼むが、そこから事態は大きく展開していく・・・というストーリー。2012年作品。1時間41分。

ボディハントをhuluで見る

ボディハントを見た感想

ボディハント

郊外に引越すと、そこで事件が起こる・・・このサスペンスの王道設定を踏襲している作品ではありますが、中身は非常によく練られていてかなり楽しめました。

両親を殺したキャリーアンの見せ方がすごくうまいというか、途中まで「キャリーアンが次の殺人をおこすのはいつなんだろう?」「エリッサは生き残るとして、母親のサラは殺されるんだろうな」という流れを予測していましたからね。

あと、エリッサの通う高校で、飢餓救済の集会と称してただの遊びのパーティーを開いているタイラー・レイノルズ(ノーラン・ジェラード・ファンク)も、「確実に殺されるキャラだな」と思っていたんです。

これらの予想がことごとく外れてしまいました。そういう意味でも、うまくひねりを加えた内容に仕上げたなという印象です。

なるほど、オープニングのシーンをしっかりと見直すと、すべての辻褄がばっちり合うようにできているんですよね。このへんはさすがです。

人間の心理をついた演出というか、「言葉と見た目による思い込みを利用する」というのはサスペンスの常套手段であるにもかかわらず、途中までまったく気づきませんでした。

してやられた~って感じですね。

ところで、「House at the End of the Street」という原題が「ボディハント」という邦題になっているのは、ちょっとシックリこないですね。

短くて興味をそそるタイトルにすることが大事なのはわかりますが、もうちょっと他になかったのかな?と思ってしまいます。と言いつつ、「じゃあどんなのがいんだ?」って言われても思い浮かばないんですけどね。いつでも視聴者はわがまま勝手なものなのです(笑)

ボディハントをhuluで見る

ボディハントの主演女優

この作品と同年に公開された「世界にひとつのプレイブック」でオスカーを獲得したジェニファー・ローレンスがエリッサ・キャシディを演じています。

ボディハント ジェニファー・ローレンス

「iCloud」のハッキング事件での画像流出が記憶にあたらしいですが、こういった被害から立ち直って、今後も堅実な演技力で良い作品を作り続けて欲しいですね。

エリッサの友人ジリアンを演じたのがアリー・マクドナルド。

ボディハント アリー・マクドナルド

「ALPHAS」のシーズン2の7話に出演しているということで、思わず見なおしてしまいました(笑)

そして、ストーリーの中で重要なヒントになるカフェの店員さん、ペギー・ジョーンズ役の女優さんも可愛かったです。

ボディハント ペギー・ジョーンズ
ボディハントをhuluで見る

ボディハントのネタバレ

引っ越してきてからウッドシアハイスクールへ登校したエリッサは、ご近所さんとのBBQで知り合ったタイラーから、飢餓救済の集会に誘われて参加することにした。

そこではただ生徒たちが集まって飲み食いしているだけで、飢餓救済のための活動などは何も行われていなかった。タイラーは表向きは良い顔をしているだけで、本当は不良生徒なのだった。

パーティーの最中にいきなり口説いてきたタイラーから逃れるため、エリッサはひとりでパーティー会場から立ち去った。自宅まで15キロの道のりを歩いていると、向かいのあの家に住んでいるライアンが車で通りかかり、家まで送ってくれた。

ボディハント

少しづつ仲良くなっていく中で、ライアンはエリッサに身の上話をしてくれた。

  • 7歳のときにおばの家に預けられたので、両親との思い出は家だけだということ
  • その家を自分で修理していつかは売却しようと考えていること
  • キャリーアンはブランコから落ちて気を失い、目が冷めてから暴力的になったこと
  • 目を離すとすぐに森に行くので、窓に格子をつけたこと
  • 13歳のキャリーアンには、事故で脳に障害があったこと

同情心もあるのか、エリッサはライアンに惹かれていったのだが、母親のサラはライアンと仲良くなることに反対している。

そして、ライアンを食事に呼んだ時に、エリッサとふたりきりで会わない約束をさせた。それを不満に思ったエリッサは約束を守らず、ライアンと時々会うのだった。

ライアンは作った料理を床下の階段から地下の奥まった部屋へと運んでいく。

ドアの上部においた鍵を手にしてドアを開けると、中から女性が襲いかかってきた。ライアンはなんとか抑えこみ、鎮静剤をうって眠らせた。

ある日、ライアンが地下室のドアに鍵をかけ忘れたせいで、中にいた女性が外へと逃げ出しエリッサの家へと向かって走っていった。それに気づいたライアンは女性を捕まえ、おとなしくさせるために押さえ込んだときに誤って殺してしまった。

後日、ライアンはカフェのカウンターで深く悩んでいた。そんな彼の姿を見て、スタッフの女性(ペギー・ジョーンズ)がケーキを差し出し、元気づけてくれた。

エリッサが、ジリアンの兄ジェイクと組んだバンドのライブが高校で行われる日、ライアンがそれを見にやって来た。

タイラーとその不良仲間たちは、ライアンに対して良い印象をもっておらず、彼の車をバットでボコボコにしてしまった。そして、それを止めに入ったライアンを複数で暴行した。

反撃したライアンはタイラーの足を骨折させたが、その間にタイラーの不良仲間たちがライアンの家に向かい、火の着いた布を石にくるみ投げ込んだ。

ボディハント

エリッサはいち早くそれに気づき、ライアンの家が燃えるのを防いだのだが、ゴミ箱の中からコンタクトレンズや生理用品の空き箱を見つけ、不審に感じた。

そして、地下から物音がしたのを耳にして、その場所を探っていった。床の扉をあけ螺旋階段をおり、廊下の突き当りのドアを発見。中へと入った瞬間、そこにいた女性に襲われた。

もみ合っているところにライアンが戻ってきて彼女に鎮静剤を打った。1階まで戻ったエリッサは自分の腕に青いコンタクトレンズがついているのを見つけた。地下の女性ともみ合っているときに、彼女がつけていたコンタクトが外れたのだろう。

そして、そこにおいてあったライアンの財布を見ると、中にペンシルベニア州立大学ペギー・ジョーンズの学証を発見した。

戻ってきたライアンは、キャリーアンのことは内緒にしてくれとエリッサに頼む。エリッサは身の危険を感じ、それを承諾したふりをして帰ろうとするが、ライアンはそんな彼女をクロロフォルムで眠らせ、地下室で拘束した。

・・・ということで、ここからラストにむけてライアンとキャリーアンにまつわる秘密が次々に明らかになっていきます。

アメリカという国は、家も大きいですし国土も広いので、こういうことが実際に多く起こっているんでしょうね。

家賃が安い物件には注意したほうがよさそうです。・・・というか、エリッサの母は医師で高収入でしょうし、ふたりきりの暮らしなのにこんなに大きな家に引っ越してくる必要があったのかな?と、今になって思ってきました(笑)

ボディハントをhuluで見る

2週間無料で楽しめる!↓↓↓お試しはバナーをクリック!↓↓↓

[紹介している作品に関しては、現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式サイトにてご確認ください。]

-洋画 ホラー&サスペンス
-,

Copyright© 海外ドラマと映画 ネタバレとレビュー , 2020 All Rights Reserved.