アカデミー賞作品

【17歳のカルテ】アンジーの演技力は圧巻!

投稿日:

17歳のカルテ

17歳のカルテをhuluで見る

アンジェリーナ・ジョリーがアカデミー助演女優賞を受賞した1999年のアメリカ映画。原作はスザンナ・ケイセンの自伝「思春期病棟の少女たち」。さて、そのあらすじは・・・

アスピリン1瓶とウォッカ1本を飲んで病院に運ばれ、胃洗浄を施されたスザンナ・ケイセン(ウィノナ・ライダー)は、自殺未遂と判断され精神病院へ入院することになる。

そこでは「境界性(ボーダーライン)人格障害」と診断されるが、自分にはその自覚がないのだが、他の入院患者の女性たちとの生活を通じて、自分を見つめなおしていく・・・というストーリー。

17歳のカルテをhuluで見る

17歳のカルテを見た感想

この作品は原題を「Girl, Interrupted」といい、主人公スザンナの自伝の映画化です。

精神病院を舞台にした作品というのは、古今東西いろいろあると思いますが、邦画のそれとは違って、三流ミュージカルのような演出はいっさいありません。

入院患者たちのキャラクターもわかりやすく表現していますので、よりリアリティを感じるのだと思います。

中でも、アンジェリーナ・ジョリーが演じたリサ・ロウは、狡猾でありながら人間味があふれ、とても精神的に病んでいるようには見えません。実際の病院でも「普通に見える」患者というのは存在するはずで、表面だけを見ていては病気の有無はわからないのだということも教えられます。

この作品は、描かれている時代背景からして1960年代の出来事だと思うので、現在とは治療方法や施設なども変化していると思うのですが、舞台になっているクレイムア病院は、アットホームな部分もきちんとあり、「ザ・ウォード~監禁病棟~」で描かれている世界観とは、また違った雰囲気になっています。

17歳のカルテをhuluで見る

17歳のカルテの出演女優

17歳のカルテ/ウィノナ・ライダー

主役のスザンナを演じたウィノナ・ライダーは、超絶な美人というわけではないですが、透き通るような美肌と、細いのに程よい大きさのバストを持ち合わせていて、なんともいえない魅力をもっている女優さんですね。

白い介護服のままバスにほうりこまれて、透けてみえる素肌はセクシーでした。

ですが、リサ・ロウを演じたアンジェリーナ・ジョリーの存在感が優っていましたね。アカデミー助演女優賞を受賞したのも納得の演技力!

この作品出演時は非常に若いのですが、この頃からセクシーで前髪パッツンのキンパツがかわいく、パンクスっぽいファッションもすごく似合っていました。

脇を固める女優さんも、なかなか良い役者さんを出演させていて、スザンナと同室のジョージーナ・タスキン役はクレア・デュヴァルが演じています。「ノイズ」、「イベント」などに出演していて、ツボをおさえた演技をするひとなんですが、ときどきネイブキャンベルに見えるんですよね。

ちょっとゴリラ顔ですが、不思議な魅力をもった女優さんです。

17歳のカルテをhuluで見る

劇中歌

60年代の音楽というのは、個人的に大好きなんですが、この作品中で流れる音楽も涙ものです。

  • Booknds / サイモン&ガーファンクル
  • イパネマの娘 / アントニオカルロスジョビン
  • ダウンタウン / ペチュラクラーク
  • It's all over now baby blue / ボブディラン
  • Got a feelin' / ママス&パパス
  • Time has come today / チェンバース・ブラザーズ
  • Que sera sera /ドリスデイ
  • The weight / the band
  • Roadhouse blues / レイマンザレク&ジムモリソン
  • The end of the world / スキータ・デイビス

劇中歌だけでなく、ケネディのポスター、髪型、服装、車、キング牧師殺害のニュースなど、その時代を感じさせてくれるアイテムが満載で、かなり楽しめました。

17歳のカルテをhuluで見る

ここからネタバレ

クレイムア病院に入院することになったスザンナは、タクシーにのって病院に向かいます。そのときの運転手との会話が、なんか良いんですよね。

スザンナが「幻覚が見える」と言ったに、「それならジョンレノンも同じだ」と答えるセンスは、かなりなものだな~と感心してしまいました。

病院についたスザンナに、施設の案内をするのがヴァレリー・オーウェンス(ウーピー・ゴールドバーグ)です。

そこに、脱走していたリサ・ロウが2週間ぶりに捕まって戻ってきます。ジョージーナはリサを見て怯え部屋に戻るのですが、そこに新顔のスザンナを見つけたリサが怒鳴りこんできて、

「ジェイミーはどこにいるの?」

と問い詰めます。実はリサと親友だったジェイミーは、リサがいなくなって寂しさに耐え切れず、首をつって自殺してしまったのです。

そんなこともありながら、日がたつにつれて少しづつ病院に馴染んでいくスザンナ。

ある日、深夜1時に芸術室にみんなで集合して、別棟への移送用に作られた通路を伝って閉鎖されている場所に足を踏み入れます。そこで手動のボウリングを楽しんだあと、ウィック先生の部屋に忍び込み全員がそれぞれのカルテを見ていきます。

そこにあった医学書の「境界性(ボーダーライン)人格障害」の項目を読み上げるスザンナ。

・自己像 関係 気分の不安定 目標不明確 衝動的 自傷行為 カジュアルセックス 反社会性と悲観的態度が顕著である

カジュアルセックス=淫乱だとみんなに言われますが、スザンナは否定します。

場面は変わって雪の日のシーン。

外出の日ということで、ヴァレリーらの引率で、アイスクリームパーラーにいつものメンバーで出かけます。

みんなはミントバーを注文するのですが、リサは男性店員にチョコレートアイスクリームを注文します。そのときのサクランボを舐める姿が、おそろしくセクシーなんですよね。

そこでスザンナは、友達とその母親に会いひどい言葉をかけられますが、それをリサが撃退してくれたことで、よりふたりの心は近づいたようです。

数日後、リサは「フロリダに行こう」とスザンナを誘い病院から脱走します。ワーゲンバスをヒッチハイクし、そのままマリファナパーティーに潜り込み、逃走資金を得るためにリサは誘惑した男性の財布を盗みます。

そして、そこを後にし、すでに退院したデイジー・ランドネ(ブリタニー・マーフィ)のアパートを訪ね、一晩泊めてもらいます。

久し振りに会ったデイジーと、ケンカのような言い合いになったあと、彼女の腕にいくつものためらい傷を見つけます。さらに、父親との近親相姦をリサに指摘されたデイジーは、その夜に自分の部屋で首吊り自殺をしてしまうのです。

このとき、レコードプレーヤーでオートリピートになっていた、スキータ・デイビスの「The end of the world」が妙になまなましく響いていたのが印象的でした。自殺するときにこの曲を選ぶなんて、ちょっと劇的すぎるので精神疾患の凄まじさというか、根の深さを感じましたね。

救急車を呼ぶスザンヌに対して、リサは逃げようといいますがスザンヌはこれを拒否。迎えにきたクレイムア病院のスタッフとデイジーの飼い猫とともにクレイムア病院に戻ります。

その日からスザンヌの気持ちに大きな変化がおき、ウィック先生と週3回面談し、様々な思いを話すようになります。

数日後、リサがつかまって戻ってきたのですが、完全に病んでる人の雰囲気でした。

スザンヌの退院が決まった夜、リサはこっそり盗んだスザンヌの日記を例の通路で読み上げ、読書会をひらきます。そしてスザンヌが日記に書いていた自分たちの悪口について非難します。

ですがスザンヌの真理をついた言葉を受け、その場で泣き崩れるのです。

退院の日、ベッドに拘束されているリサにマニキュアを塗ってあげるスザンナ。

リサ:「コレでお別れか」
スザンナ:「あなたが退院して私に会いに来るの」

この会話が実現したかは描写されていませんが、このときのメンバーのほとんどが数年以内に退院したということなので、再会を果たしたと思いたいですね。

17歳のカルテをhuluで見る

2週間無料で楽しめる!↓↓↓お試しはバナーをクリック!↓↓↓

[紹介している作品に関しては、現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式サイトにてご確認ください。]

-アカデミー賞作品
-, , ,

Copyright© 海外ドラマと映画 ネタバレとレビュー , 2020 All Rights Reserved.