ジャパニーズホラー

【劇場霊】島崎遥香の演技にガックリ

更新日:

劇場霊

劇場霊をhuluで見る

企画:秋元康、監督・演出:中田秀夫というジャパニーズホラーのエキスパートが携わった作品です。2015年・1時間40分。あらすじはこちら。

まだ売れていない女優の水樹沙羅(島崎遥香)は、「鮮血の呼び声」という舞台への出演が決まる。

舞台裏ではキャスティングを巡って、他の女優たちと激しい争いが繰り広げられることになる。

そんな中、小道具の女性型人形が持ち込まれたあとから、次々と奇妙な出来事が起こり始めた。スタッフの変死にはじまり、主演女優・篠原葵(高田里穂)の事故による降板、そして主役に抜擢された沙羅の周りに起こる異常な現象などなど。

その人形が危険だと感じた沙羅は、演出家の錦野豪太(小市慢太郎)にそのことを伝えるが、それが影響して主役を降ろされ、代わりに仲良くしていた野村香織(足立梨花)がその役についた。

その後、舞台での事故の多さに不信感を感じた警察が介入してくるのだが・・・

劇場霊をhuluで見る

劇場霊を見た感想

秋元康さんにとって、ホラーは利益を出せるコンテンツということなのか、もしくはアイドルが演技の世界に入る時のとっかかりとしてベストだと捉えているのか知らないですけど、できるならAKB48以外の女優さんを起用してほしいと強く感じました。

なんていうか、「秋元康+AKBグループのメンバーが主演」という構図は、AKBヲタを中心としたファンにしか需要がないと思うんですよ。

まぁ、それでオッケーということなのかもしれないですけど、ホラーファンを納得させるクオリティを目指すことがジャパニーズホラーの復権の足がかりになると思うので、うちわだけで満足するようなことはしてほしくないのです。

劇場霊の主演について思うこと

劇場霊・島崎遥香

主演については、色々思うことがあって・・・。

AKBグループでも、川栄李奈ちゃんとか、竹内美宥ちゃんとか、木崎ゆりあちゃんとかの演技派が主役をはるならば良いのですが、島崎遥香ちゃんレベルの下手な演技だと、ホラーじゃなくてコントになっちゃうんですよね。

確かに「マジすか学園」のときよりは演技力はあがっているかなとは思いましたけど、どれだけ贔屓目に見ても学芸会レベルを越えてないですから。これでも第58回ブルーリボン賞新人賞ノミネートだっていうんですから、日本映画界大丈夫?って思ってしまいました。

同じくAKB関係者では棒演技と言われることの多い前田敦子ちゃんですが、「もらとりあむタマ子」の演技が名女優に見えてしまうくらい、今作品のぱるるはひどかったです。(゜_゜)

高田里穂ちゃんとか、護あさなさんとか、劇団EXILEの町田啓太さんとか、AKBファン以外の集客を見込むためのキャスティングもされていましたが、これも不発でしたね。

劇場霊をhuluで見る

ホラーにはメインとなるアイテムも重要

あと強く感じたことは、ホラーというのは「着信アリ」のように、身近にあるアイテム、誰もが持っているアイテムなどを題材にしたほうが絶対にコワイということです。

劇場霊と言われて、エリザベートが云々とかの内容は、ピンと来ない人も多いと思うんですよ。

秋元康さんがプロデュースしている作品は、古臭いというか、いなたい雰囲気のものが多いのですが、今回の設定も昭和の昼ドラを見ているかのようでした。

Thinking Dogsというバンドが担当したエンディング曲も、「いつの時代の曲なの?」って言うくらいメロディもアレンジも古臭いですから、こういうイメージで統一したかったのかな?と思ったり。

高田里穂ちゃんが演じた篠原葵というタレントも、「こんなわがまま放題で自分勝手な性格のタレントって、ほんとうにいるのかな?(いるんでしょうけど)」というキャラでしたし、すべてが陳腐というか使い古された感が強いというか・・・。

ツッコミながら観るのも楽しかったです

今作にはツッコミどころも満載で、

  • 人形に襲われて逃げるときに、なぜ階段をあがる?普通は階下におりるんじゃないの?
  • 和泉浩司(町田啓太)が水樹沙羅(島崎遥香)を公園に呼び出したとき、ベンチに座らずに階段に座ったのはなぜ?
  • 巨額を投じた舞台の公開ゲネプロをさぼる和泉浩司。スタッフとしてはありえない!
  • 和泉が人形を燃やそうとするが、大道具を保管している部屋で灯油をかけたら大惨事になることくらいわからないの?
  • 人形がそこまで迫ってきているのに、倒れた和泉を心配して襲われているときに背をむけるとか、すごく違和感

などなど、「ちゃんとリアルさを追求してくれよぅ」と嘆いてしまう設定も多すぎました。

極めつけは、ぱるるのセリフ。

「ちょうだいちょうだいって、あげないんだから!」

・・・そのセリフは無いだろ~と、心から思いました。中田秀夫監督もヤキがまわったかな~。

AKB関連作品と秋元康さんの携わったホラーはいろいろ見ましたけど、映画館で見たとしたら「カネかえせ!」と叫ぶレベルの作品でしたね~。

あぁ、Huluに入っててヨカッタ。

そうそう!ケンミンショーのはるみさんも出演しているので、「あ、チョイ役!」と思わず声に出してしまうという楽しさはありましたけどね。笑

あと、スピンオフドラマの「劇場霊からの招待状」全10話も配信されています。こちらは今作品の記憶が脳内から消えかかったころに見たいと思います。

劇場霊からの招待状

劇場霊をhuluで見る

2週間無料で楽しめる!↓↓↓お試しはバナーをクリック!↓↓↓

 

 

[紹介している作品に関しては、現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式サイトにてご確認ください。]

-ジャパニーズホラー
-, , ,

Copyright© 海外ドラマと映画 ネタバレとレビュー , 2020 All Rights Reserved.