海外ドラマ

【ゲームオブスローンズ シーズン6】ジョン・スノウがまさかの復活

投稿日:

ゲームオブスローンズ シーズン1

ゲームオブスローンズ シーズン6をhuluで見る

シーズン5ではジョン・スノウが殺されてしまうというまさかの展開!

ジョンが覇権争いに加わってくると予想してたのに、あっさりその予想を覆されてしまいました。このドラマは毎回シーズン最終話で予想を覆す展開をぶち込んできますよね。

ところが!

いきなりネタバレしてしまうんですけど・・・2話でまさかのジョン復活!呪術のパワーで死者を蘇らせるとか、おそろしすぎ!っていうか強引すぎ!笑

私としてはジョンのどこか頼りなげな雰囲気は好きだったりするので、嬉しいて展開ではあるんですけどね。

今日現在、本家の放送局でもシーズン7の放送はまだされていないので(2017.7.17スタート)、まだ見ていない人は全シーズンをHuluでチェックしておいて、シーズン7に備えるというのがベストだと思います。2018年6月現在、シーズン7の第7話まで配信されています。

それでは恒例となった、各人物ごとのストーリー展開をおいかけてみたいと思います。

ゲームオブスローンズ シーズン6をhuluで見る

ゲームオブスローンズ シーズン6のストーリーの流れ

デナーリス関係

ゲームオブスローンズ シーズン6

ドスラク人の一族の王カール・モロの元へ連れて来られたデナーリスが自分はカール・ドロゴの妻だったと伝える。デナーリスを我が物にしようとしていたカール・モロは「王の妻だったものは誰にも触れられないという掟」に従い手出しすることをやめる。

デナーリスは自分をミーリーンまで送り届けるように依頼するが、死んだ王の妻が集う場所「ドシュ・カリーン」だと告げられ神殿に連れて行かれる。
自分がドスラクを率いると宣言したことで、反感を買い身の危険を感じるが、救出に来たモーモントらと合流しある計画を実行する。それはカール・モロをはじめ幹部や妻たちもろとも神殿に火をつけるというものだった。焼け落ちる神殿から無傷で現れるデナーリスの姿にドスラクの民がひざまずく。

腕の石化範囲が増えてきたことで自分の最後を悟り、デナーリスに別れを告げるモーモント。そんな彼に今から治療法を見つけ治し、私に死ぬまで仕えるようにとデナーリスは命じる。

ミーリーンへと向かう途中、デナーリスは超巨大化したドロゴンを見つけ背中に乗ってミーリーンへ戻って行った。

シオンとヤーラがデナーリスに接見。
100隻以上の船をさしだすのでヤーラを鉄(くろがね)諸島の支配者だと認めてほしいとシオン。さらに叔父のユーロンを殺すのを助けてくれと請う。
強奪などの禁止を交換条件を出したデナーリスは、グレイジョイに七王国の女王だと認めさせた。

ウェスタロスと協力しあうために現地の諸侯と結婚するつもりのデナーリスは、愛人であるダーリオ・ナハリスは連れていけないと告げた。
そして、ティリオンを「女王の手」に任命。

ミーリーンではデナーリスがいない間を狙って親方が復権、奴隷商人も復活している。

ティリオンは親方たちに奴隷制廃止まで7年の猶予をあたえ、その後金銭を与えるのでハーピーの息子たちの援助をやめるように言う。
さらにヴォランティスの紅の寺院の女祭司キンヴァラをミーリーンに呼び寄せ、デナーリスの偉大さを民に知らしめるように依頼する

ヴァリスのスパイがハーピーの息子の黒幕の情報を時期に伝えるだろうとティリオンに言う
ヴァリスはヴァーラという女がハーピーの息子たちを操っている黒幕(アスタポアとユンカイの親方とヴォランティスの奴隷商人)を知っていると理解しているので、息子のドムを人質に交渉する。
ヴァリスの「小鳥」と呼ばれるスパイは子供たちであることが判明した。

ティリオンとの交渉を反故にして、親方たちが奴隷を取り戻しに船隊を組んでミーリーンに押し寄せてきた。
そこへデナーリス帰還。街を破壊し親方たちを磔にするというデナーリス、それに反対するティリオン。

親方たち優勢の中、ドロゴンに乗り2匹のドラゴンも合流して船団に反撃、ドスラク人たちもハーピーの息子たちを襲撃する。
3人の親方のうちひとりだけを残し、デナーリスとドラゴンの凄まじさを人々に伝えろとティリオンは彼に告げた。

ゲームオブスローンズ シーズン6をhuluで見る

ナイツウォッチ / 黒の城 関係

ゲームオブスローンズ シーズン6

殺されたジョン・スノウ。
大狼が泣くのを聞いて外に出たダヴォスら支持者たちがジョンの遺体を確認、部屋に運び込んだあとソーンの仕業だと気づき、ジョンに恩のある連中ら信用できるものを集める手配をする。

会合にて、マーシャやヤーウィックなどの指揮官と自分が殺したと発表するソーン。
部屋に閉じ困っているダヴォスの元を訪れて投降すれば好条件をだすというがダヴォスはそれを信じていない。なぜなら部屋を出れば皆殺しにされる可能性が高いから。

ソーンが条件にだしていた時間がきて、扉をたたき割られる。ダヴォイスらは反撃の準備をしている。
そのとき城の門をこじ開けた野人たちがソーンらを襲撃、ナイツウォッチたちはひるんで攻撃をやめる。捕まえたソーンと反逆者たちを牢へ。

サー・ダヴォスは紅の女司祭メリサンドルにジョンを蘇らせる魔術がないか尋ねる。
それを一度は断る女司祭だったがダヴォスに説得され術を行い、ジョンを生き返らせることに成功する。

裏切り者たちを吊ったあと、自分の役目は終わったと黒の城を離れる決意をしたジョン。そのときサンサとブライエニーたちが到着、再会。
サンサは北部を奪回するためにジョンに協力を求め、野人たちがバックアップすることを約束する。

ラムジーから手紙が届く。リコンを地下牢に監禁しておりサンサを返さなければ黒の城を襲うと書いてあった。
相手は5000人、野人は2000人という圧倒的不利のため、戦いを躊躇するジョンに「正式な北部総督継承者に北部の人がサポートしてくれるはず」と説得するサンサ。

そしてサンサのもとにピーター・ベイリッシュから手紙が届きモウルズタウンで待ち合わせると、谷間の騎士たちが支援すると告げられる。
サンサは、ラムジーとの結婚をすすめたピーターに、結婚後された虐待について話し、ラムジーの性質を知っていて結婚をすすめたと責めた。そして助けは必要ないのでケイリンへ帰れと命じた。

そんなサンサに対し、大叔父の軍隊に助けを求めてくださいと告げて去るピーター。

ジョンとサンサはスターク家に忠誠を誓った名家を周り、協力の兵を出すように依頼するがグラヴァー家など断られ、思ったような戦力が得られない。
さらにモーモント家の協力を得るが、リアナから出された兵士は62人のみだった。
その他の戦力は「野人2000・ホーンウッド家200・メイゼン家143」という微々たるものしか集まっていない。

ラムジーと顔を合わせたジョンとサンサ。自分を北部総督だと認めひざまずけばお咎めなしだとラムジーは言う。
ジョンは伝統に則り一騎打ちを求めるが、それに乗ってこないため翌朝の全軍対決になる。

翌朝。
ラムジーはリコンの拘束をといて、正面にいるジョンの元に走れと言う。
後ろから弓をひこうとするラムジーを見て馬で助けに行くジョン。目の前でリコンが射られて死亡、それをきっかけに戦闘が開始された。

単騎でつっこむジョンに騎馬隊が襲いかかる、後ろから味方が追いつく。味方にあたるので矢を射るのをとめるダヴォスに対して味方もろとも矢で打つラムジー。
頭に血が上ったジョンは戦略も何もなく、槍兵に包囲されてしまう。

絶対絶命のピンチに登場したピーターとサンサと谷間(ヴェイル)の騎士によって形勢逆転。ジョンはラムジーと向かい合うがラムジーは城に敗走。

巨人が扉を破り城へ。サンサの見ている前でジョンがラムジーを殴りつける。
ジョンたちはウィンターフェル城を奪還することに成功した。
サンサは監禁しているラムジーの牢屋へ。そこへエサを7日間与えていないとラムジーが話していた犬たちを解き放つ。食い殺されるラムジー。

サー・ダヴォスがシリーン姫にプレゼントした鹿の彫刻を焼け跡から見つけた。
紅の女司祭メリサンドルに、彼女を火あぶりにしたことをジョンの前で告白させる。
処刑を望むダヴォス、今後避けられない夜の王との戦いに助力できるとメリサンドル。そんなメリサンドルに対し「今日中に南にたて、帰ってきたら処刑だ」と告げるジョン。

リアナ・モーモント公の演説によって各家がジョンに忠誠を誓う。「北の王」と呼ばれるジョン。

ゲームオブスローンズ シーズン6をhuluで見る

サム関係

シタデル(知識の城)は女人禁制のため、ジリたちをサムの故郷であるホールヒルに預けることにした。
母と妹のタラに再会し、ジリとサムウェルを紹介、夕食の席で父とも顔を合わせるが、野人嫌いの父から叱責されてしまう。
サムはそれに腹を立て、タリー家に伝わるヴァリリア鋼の剣を盗み3人で家を出た。

ゲームオブスローンズ シーズン6をhuluで見る

ラムジー / ウィンターフェル城関係

ゲームオブスローンズ シーズン6

ミランダの死に復讐を誓うラムジー。逃亡したサンサを見つけることが出来なければ、後を継ぐのは無理だと父にほのめかされる。
猟犬を使いサンサを見つけたが、そこにブライエニーが助けに入りシオンも助太刀した。

城に戻ったあと、男の子が生まれたがばかりの父ルースを刺殺したラムジー。側近に、敵に毒をもられてルースが死亡したと公表せよと指示する。

父の妻レディ・ウォルダと赤ん坊を呼び、犬舎の中で犬に襲わせ殺す。
城にリコン・スタークとオシャが連れてこられ、ラムジー暗殺を企てたオシャは逆に殺されてしまう。

ゲームオブスローンズ シーズン6をhuluで見る

ラニスター関係

ゲームオブスローンズ シーズン6

ドーンからジェイミーの乗った船が戻り、迎えに出たサーセイはミアセラが死んだことを知る
子供の頃に聞いた魔女の予言通りだとサーセイはジェイミーに言う。

サー・グレガーがサーセイの側についている。

ラニスター家をねじ伏せつつ有るハイスパローを、タイレル家の軍隊を利用してマージェリーを奪回しつつ暗殺する計画をたてるサーセイ。
ところが、ハイスパローの影響ですっかり人間が変わっているマージェリーに会い、トメンも懐柔されてしまう。
そして、決闘裁判の禁止やサーセイの裁判を行なう件などのおふれを出す。

マージェリーの贖罪の道行きが中止される。
ハイスパローはトメンを取り込んでおり、圧力をかけようとしたジェイミーを逆に王都から追い出すことにした。
ジェイミーはブリンデン・タリーからリヴァーランを取り戻す任務を与えられたのだった。

ロラス・タイレルの裁判。
ロラスは全ての罪を告白。
タイレルの名を放棄し、七王国の神に身を捧げると誓い額に印を付けられる。

ジェイミーに説得された城主エドミュア・タリーが入城を求めるが、ブリンデン・タリー(ブラックフィッシュ)は入れるなと言う。
部下たちは城主の命令を聞くと言い入城させ、エドミュアが開城を指示、ジェイミーらが入城しリヴァーランを奪還する。
ブライエニーはブリンデン・タリーに一緒に船で逃げようと言うが、彼は戦うために残り討ち死する。

サーセイは自分の裁判の前にサー・グレガー・グレゲインをトメンの部屋に向かわせ、裁判に出席しないようにとどめた。
さらに裁判のためにベイラー大聖堂に集まっているハイスパローたちを、鬼火を使って爆死させてしまう。

上級学匠、ハイスパロー、マージェリー、ロラスらは全員死亡。 その光景を見て微笑むサーセイ。
ところが、マージェリーの死亡を知ったトメンは飛び降り自殺してしまった。

サーセイが玉座に座り七王国の女王となる。

ゲームオブスローンズ シーズン6をhuluで見る

ドーン関係

ドーラン王にミアセラが死んだ便りが到着。
その直後エラリア・サンドがドーランと王の護衛を暗殺、トリスタンも船内でオバラらに殺される。

レディ・オレナ(マージョリーの祖母)がドーンに呼ばれる
ラニスターはドーンに宣戦布告したので協力しあおうと言うドーンの女王となったエラリア・サンド。
レディ・オレナはマージェリーの復讐がしたいと告げる。そこにはなぜかヴァリスの姿が。

ゲームオブスローンズ シーズン6をhuluで見る

アリア関係

ゲームオブスローンズ シーズン6

盲目になり町で物乞いをしているところに白と黒の館の少女がやってきて、アリアに棒を渡し殴りつける。そして「また明日」と言って去っていく。武術の訓練は翌日からも同じように続く。
ジャクェンが名前をたずねるが、アリアは「何者でもない」と答え続ける。

訓練のうえ、盲目でも特訓相手の女子の攻撃を防げるようになったアリアは、飲むと死ぬ館の泉の水を飲み視力回復、完全に誰でもない者になった。

ある日、女優レディ・クレインの暗殺を指示されるが、好人物が殺されることに納得できず、レディ・クレインが同僚の女優に命を狙われていることをばらしてしまう。
ジャクェンは任務を遂行できずに裏切ったアリアの暗殺を指示。アリアは岩場から剣を取り出し迎え撃つ準備をする。

この場所を離れるため船長に交渉をしたあと、街を歩いているときにお腹を刺されるが、なんとか海に飛び込み逃げ、レディ・クレインの元へ、手当をうける。
そこにアリアの訓練相手だった少女がやってきてレディ・クレインを殺し、逃げるアリアを追いかける。

お腹の傷が開いてしまったアリアは、剣を隠しておいた場所に逃げ込みろうそくの火を消し返り討ちにし、白と黒の館へ彼女のデスマスクを飾る。
そこに現れたジャクエンに「誰でもないものになったな」と言われるが、「アリア・スタークだ、故郷へ帰る」と宣言する。

その後、変装しリヴァーランに忍び込み、ロブや母親を殺したウォルダー・フレイを殺すことに成功、復讐を遂げた。

ゲームオブスローンズ シーズン6をhuluで見る

ブラントン関係

ゲームオブスローンズ シーズン6

洞窟の中で三つ目の鴉から、父や叔父、おばの子供の頃の光景を見せてもらっているブラントンは過去の歴史を次々と見ていく。
そこでホワイトウォーカーを作り出した女性のことも知った。

ひとりで潜っているときにホワイトウォーカーの夜の王に見つかり触れられてしまう。
三つ目の鴉は「しるしを付けられたので、ここにやってくる。すぐに立ち去れ」とブラントンに命じる。

洞窟をでる準備中、ホワイトウォーカーの大群が結界を破って洞窟内へはいってくる。ホーダーに潜り逃げるが、残された三つ目の鴉は殺されてしまう。
ミーラは潜り続けるブラントンを連れて逃げるが、目を覚ましたブランは「見つかった」とミーラに言葉をかける。

追いついてきたホワイトウォーカー、そこに助けにはいった馬上の男がふたりを馬に乗せて逃げる。
男は壁の向こうで行方不明になっていたベンジェン叔父で、森の子らに魔物になるところを助けられたと言う。

ブラントンは三つ目の鴉を継承した。
そして、ジョン・スノウはネッドの落とし子ではなく、ネッドの妹の子であることを知った。

ゲームオブスローンズ シーズン6をhuluで見る

グレイジョイ関係

ゲームオブスローンズ シーズン6
死んだと思われていた王の弟ユーロン・グレイジョイが城に戻り、切り掛かってきたベイロン王を橋から落とす。
選王民会で後継者選びが行われる。

シオンは故郷へと帰る。
姉ヤーラに救出時の裏切りを責められるが、姉が王になるべきでその力になりたいと告げる。
ヤーラが正当な継承者だと皆に宣言するが、叔父ユーロンが玉座を求めベイロン王を吊橋から突き落としたことを皆の前で告白する。
ユーロンは巨大な船団をつくりデナーリスを手に入れ七王国をまとめると宣言。儀式のあと王となり、ヤーラとシオンを殺そうとするがふたりは船を奪い仲間とともに海へ。

ヤーラはデナーリスと協力関係を結び鉄諸島を取り戻す計画をたてている。

ゲームオブスローンズ シーズン6をhuluで見る

ヴェイル(谷間)関係

アリンの王はピーター・ベイリッシュの言いなりになっている。
谷間の騎士を集め、いとこであるサンサのバックアップをすることを決意する。

ゲームオブスローンズ シーズン6をhuluで見る

ゲームオブスローンズ・シーズン6について・その他

ブラントンがめちゃくちゃ大きくなっています。イケメンには違いないんですけど、子供の頃の女の子のようだった姿がなつかしいです。笑

サンダー・クレゲインが生きていたのには驚きました。助けられた人のもとで働いているんですけど、血で血を洗う世界からは抜けきれない運命にあるようですね。

アリアはお腹を何回も刺されて水に落ちたのに劇場まで歩いていけるなんて、どんな体力なんだ?って不思議で仕方ないです。しかもすぐに回復してたし、傷が開いて血が出て痛そうにしてたのに追手を殺したら傷みが全くなくなったみたいに歩いてるし・・・登場人物の中で一番の体力の持ち主なのかもしれません。

紅の女司祭メリサンドルが就寝するとき、首輪をはずしたんですけど、老婆の姿に変わったのにはビックリ。魔術で自分の姿を若返らせてたんですね。HUNTER×HUNTERのビスケなみの能力ですね!

ゲームオブスローンズ シーズン6をhuluで見る

2週間無料で楽しめる!↓↓↓お試しはバナーをクリック!↓↓↓

[紹介している作品に関しては、現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式サイトにてご確認ください。]

-海外ドラマ
-, ,

Copyright© 海外ドラマと映画 ネタバレとレビュー , 2019 All Rights Reserved.