洋画

【エラ・エンチャンテッド】日本未公開のファンタジー

投稿日:

エラ・エンチャンテッド

エラ・エンチャンテッドをhuluで見る

ゲイル・カーソン・レヴィン原作の「さよならいいこの魔法」という児童文学をトミー・オヘイバー監督が映画化。別題は「魔法にかけられたエラ」「魔法の国のプリンセス」。さて、そのあらすじは・・・

妖精たちが住むフレルという街に、エラという女の子が生まれる。その話を聞きつけた問題ありの魔法使い、ルシンダ(ヴィヴィカ・A・フォックス)がやってきて誕生祝い代わりの呪文をエラにかける。

その呪文とは、なんでも人の言いつけを守る「いい子(服従)の魔法」だった。

スクスクと成長したエラ(エイミー・ブリッグ/アン・ハサウェイ)は、「いい子の魔法」が自分にかけられていることを他の人に知られないようにと、この魔法のことを知っているのは、母親(ダナ・デント)とマンディ(ミニー・ドライバー)だけだと、亡くなる直前の母から聞かされる。

母親の死後、屋敷の存続のために父ピーターは、性悪だけど金持ちの女性オルガ(ジョアンナ・ラムリー)と再婚する。彼女にはハッティ(ルーシー・パンチ)とオリーブ(ジェニファー・ハイアム)という2人の娘がおり、両方ともシャルモン王子(シャー王子/ヒュー・ダンシー)を追いかける意地悪な性格の姉妹だった。

ある日、ハッティに「いい子の魔法」のことを悟られたエラ。彼女に良いように使われる自分にかかった魔法を解いてもらうため、呪文をかけたルシンダ探しの旅に出る・・・というストーリー。2004年ミラマックス作品。1時間36分。

エラ・エンチャンテッドをhuluで見る

エラ・エンチャンテッドを見た感想

最初は、「エラ・エンチャンテッド」っていう名前の女の子の話かと思ってたんですけど、ふとディズニー映画で「Enchanted~魔法にかけられて~」という作品があることを思い出して、「Enchanted」は「魔法に掛けられた」っていう意味なんだなと理解した私でした。

そしてこの作品、意外なことに日本未公開で、DVDにもなっていないんですよね。アン・ハサウェイのようなメジャーな女優さんの主演作でも、こんなことってあるんですね!

権利の関係とかがあるんでしょうけど、子供も楽しめるファンタジー作品なので、日本でDVD化されたりテレビ放映があったりすると、結構人気がでると思うんですけどね。

ストーリーも非常にシンプルで、昔の定番お伽話の要素が入り交じっている、「どこかで聞いたような見たような内容」になっています。

登場するキャラクターも、妖精、魔法使い、エルフ、巨人、鬼、性格の悪い継母、性格の悪い継母の娘姉妹、イケメンの王子、極悪な王様など、コレでもか!というくらいのファンタジーのワンパターン美学が貫かれています。

そのおかげで、見る前からラストシーンがわかってしまうのですが、それはそれ。

お決まりのオチに向かって突き進むストーリーを楽しむのが良いのです。そして巨人族やエルフが「グリム兄弟のせいで、我々のイメージが悪い」と嘆くシーンなど、なかなかウィットに富んでいて面白いんですよね。

エラ・エンチャンテッドをhuluで見る

エラ・エンチャンテッドの主演女優

主人公エラを演じたのはアン・ハサウェイなのですが、まだ年齢をかさねてシワっぽくなる前なので、めちゃくちゃかわいいです!

エラ・エンチャンテッド/アン・ハサウェイ

途中で歌い踊るシーンもあるのですが、「レ・ミゼラブル」の歌唱シーンよりも、個人的にはこちらのほうが好きですね。

そして、エラの幼少時代を担当したエイミー・ブリッグが、「アン・ハサウェイの子供の頃って、こんな感じだったんだろうな」と思えるくらいに似ていて、アメリカの子役の人材の豊富さに驚きました。

エラ・エンチャンテッド/エイミー・ブリッグ

あと、エラの親友アレイダを演じたパーミンダ・ナーグラ(「アルカトラズ」のルーシー・バナジー役など)も、若くてかわいかったですよ。

エラ・エンチャンテッドをhuluで見る

エラ・エンチャンテッドのネタバレ

「いい子の魔法」をかけられたエラは、実母が亡くなったあと、再婚した父と継母、その連れ子の娘2人と暮らし始める。

なんでも言うことを聞くエラに対して、なんとなく違和感を感じる連れ子の姉ハッティ。エラが首から下げていた母親の形見を躊躇なく差し出したことで何かを確信した様子。

エラたちの住む国では、シャルモン王子がミーハーな女子たちに大人気で、ハッティとオリーブもそのうちのひとり。一方エラは、森に住む鬼たちの虐殺を行う王族のやり方に意義を唱えており、王子に対しても良いイメージをもっていない。

そんなある日、村のハズレで王子と偶然出会うエラは、「そこで待ってて」と言われ、呪文のせいで動けなくなる。そこに通りかかる馬車。戻ってきた王子に間一髪助けられるが、その後ハッティたちがその場にやってきて、王子とふたりきりになりたい彼女によって、そこから立ち去るように命じられる。

王子がエラに興味を持っていることをうすうす感じているハッティは、いじめる意味もあって、街でエラに万引きを命じる。いろいろなものをカバンに入れていくエラは警官に捕まってしまう。

自宅に戻ったエラは、継母から万引きをした理由を聞かれるが、ハッティの「アレイダのせいにしろ」という命令によって、訪ねてきた親友のアレイダを追い返してしまう。

深く傷ついたエラは、呪文をかけたルシンダに魔法を解いてもらうように、本に変身してしまったマンディ(ミニー・ドライバー)の彼氏ベニーを手に旅に出る。

エラ・エンチャンテッド/エイミー・ブリッグ

ピムの森のなかでいじめられているエルフのスラネンを助けだしたエラ。しかし、その後、鬼のニッシたちと出会い、危うく殺されて食べられそうになってしまう。

そこに、またしても現れたのがシャルモン王子。鬼たちからエラを助け出すのだが、ニッシから「シャルモン王子の父、フロリアンが王だったときは、鬼の世界も平和だった。弟のエドガー卿(ケイリー・エルウィス)が即位してから、いろんな権利が奪われた」と告げられる。

王子は「自分からおじさんに話してみる」と答え、その後エラのルシンダ探しの旅に同行する。

巨人族の村にルシンダがいることを、ベニーの本で知ったエラたちは、巨人族のパーティーに参加する。クイーンの「Somebody To Love」を歌い踊るエラ。そして、巨人族の思いをいろいろ聞かされる王子。その夜、ふたりはお互いに惹かれ合っている気持を知ることになる。

翌日、ラミアに到着したエラは国勢調査の資料を閲覧させてもらい、ルシンダの居場所を突き止める。

エラと王子が恋仲になっていることを、同行させていたヘビのヘストンから聞かされたエドガー卿は、王子との結婚をエサにハッティとオリーブから、エラの秘密を聞き出す。

「服従の魔法」のことを知った彼は、自分が王でい続けるために邪魔な王子の暗殺を企てる。その方法は、即位式の夜12時に短剣で王子を殺すようにとエラに命じるというものだった。

ここからエンディングに向かって話は進んでいきます。

まぁ、ハッピーエンドなのはわかっていると思うので、あえて詳しい説明も必要ないとは思いますが、エラが自分にかけられた魔法を解く方法に、ちょっと感動しました。

母親の言葉である、「あなたの中にあるものは、あんな呪文より強いのだから」というのがヒントなんですが、やはり愛の力は強大だということでしょう!

ちなみにラストシーンはインド映画のそれのようで、まさにハッピーな雰囲気で締めくくられますよ。家族で楽しめる作品です。ぜひどうぞ!

エラ・エンチャンテッドをhuluで見る

2週間無料で楽しめる!↓↓↓お試しはバナーをクリック!↓↓↓

[紹介している作品に関しては、現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式サイトにてご確認ください。]

-洋画
-, ,

Copyright© 海外ドラマと映画 ネタバレとレビュー , 2020 All Rights Reserved.