海外ドラマ

【クラス -ねらわれたコールヒル高校-】ドクター・フーのスピンオフ学園ドラマ

更新日:

クラス -ねらわれたコールヒル高校-

クラス -ねらわれたコールヒル高校-をhuluで見る

「ドクター・フー」のスピンオフ作品ということなんですが、恥ずかしながらドクター・フーを観たことがなく、ベースとなる設定がよくわかっていません。

ただ、そういう人のためにもわかりやすく制作されているので、この作品を単体のドラマとして観ても違和感は感じませんでした。

肩のこらない学園モノSF作品として楽しめる内容になっています。さて、そのあらすじは・・・

コールヒル高校の校内に突然出現した時空の裂け目を通して、シャドー族と呼ばれるエイリアンが襲来。

彼らの目的は、身を隠すため、高校生として生活をしているロディア星の王子チャーリーだった。

そして、バトルがきっかけで、シャドーキングと心臓を共有することになってしまったエイプリルをキーパーソンとして、シャドー族との戦いが幕を開ける。

スタッフ・キャスト

  • 監督 / 演出:エドワード・バゾルゲット / ウェイン・イップ
  • 原作 / 脚本:パトリック・ネス

クラス -ねらわれたコールヒル高校-の登場人物

  • エイプリル・マクリーン(ソフィー・ホプキンス):シャドー族の王コラカイナスと心臓を共有することになった女子高生
  • チャーリー・スミス(グレッグ・オースティン):高校生のふりをして身を隠しているロディア星の王子。ロディア星唯一の生き残り
  • アンドレア・クイル(キャサリン・ケリー):ロディア族と戦って敗れたため、脳内に「アーン」を埋め込まれたクイル族の女戦士。現在は高校の物理教師。
  • タニア・アデラ(ビビアン・オパラ):飛び級で12年生となった秀才・14歳
  • ラム・シン(ファディ・エルサイード):頭脳明晰、スポーツ万能の学園スター
  • マテウス(ジョーダン・レンゾ):チャーリーの恋人
  • ドロシー校長(プーキー・ケスネル):コールヒル高校の新しい校長
  • ドクター・フー(ピーター・カパルディ):エイプリルたちを地球の守護者として見守る存在

クラス -ねらわれたコールヒル高校-をhuluで見る

シーズン1・第1話「命がけのプロム」

コールヒル高校の秋のプロム前。

校舎内に何者かが現れ、男女のカップルが襲われる。そこには次元の裂け目が出現していた。

秋のプロム前日。

生徒たちは「ケヴィン・ウィリアムズが行方不明になった」「この学校には行方不明者が多すぎる」と噂しあっている。

数人生徒たちは、学校内に黒い影が広がっているのを見つけるが、特に問題が起きている様子はない。

成績優秀者のクラスで授業を受けている生徒たち。なぜか女教師は生徒たちに必要以上に高圧的な態度をとっている。

その授業を受けていたひとりの生徒・チャーリーは自宅に戻ると、なぜかそこに先程の女教師の姿が。

チャーリーは、行方不明になったケヴィンのことに触れ、「生徒を殺したのか?」と女教師に問う。彼女は「生徒をだまして銃で自殺させた」と答えた。

実際は、ケヴィンに銃をわたし、出現したモンスターを殺させたところ、ケヴィンも消滅してしまったというのが真相。女教師は、その銃を上着のポケットに入れている。

プロムのパートナーとして、エイプリルはチャーリーをプロムに誘うが断られる。チャーリーはプロムにマテウスを誘うつもりでいたからだ。

プロムの飾り付けをひとりで行うエイプリルのもとに、得体の知れない影が現れ、彼女の手をつかむ。

クラス -ねらわれたコールヒル高校-
クラス -ねらわれたコールヒル高校-をhuluで見る

そこに女教師が現れ、逃げてと叫ぶ。

出現するモンスター。教師は「あなたの影よ。この銃で撃って」と銃を手渡す。

銃を構えるエイプリルの手首に巻き付く銃。撃とうとした瞬間、チャーリーが現れ、エイプリルが影を撃つのを阻止、急所から狙いを外してしまう。

倒れていた影が起き上がってくる。それを見た女教師が「コラカイナス」とつぶやく。チャーリーは「見つかったか」と。

胸を抑えて違和感を感じているエイプリル。

手渡された銃は「転位銃」と言い、シャドー族を殺せる数少ない武器で、直撃すると、シャドー族と射手は宇宙の果てに飛ばされるという。

エイプリルの元に出現したモンスターはシャドー族の王、シャドーキングだった。

クラス -ねらわれたコールヒル高校-
クラス -ねらわれたコールヒル高校-をhuluで見る

接触によって、彼とエイプリルの心臓は共有されたので、キングを殺すとエイプリルも死ぬことになってしまった。

エイプリルが死んでも構わないと、銃をチャーリーに渡しキングを撃つように促す女教師。チャーリーは「王子」と呼ばれている。

チャーリーはキングを殺さないと告げ、心臓に痛みを感じているキングは、決着は延期だと立ち去った。

状況がよく飲み込めていないエイプリルにチャーリーが説明を始めた。

  • 自分はロディア星という他の星から来たロデイア族の王子
  • 女教師も同じロディア星出身で、クイル族の戦士
  • 南の大陸に住むクイル族は豊かなロディア族を逆恨みし、戦争になり、ロディア族が勝利した
  • クイル族に「アーン」という生き物を頭の中にいれる処罰を与えた
  • 「アーン」は特定のロディア族とテレパシーでつながりコントロールするためのアイテム
  • クイルが武器を使えばアーンに殺され、王子を守り損ねても殺される、摘出を試みるだけでも死ぬ
  • ロディア族とクイル族が内戦に気を取られている間に、シャドウが誰も知らぬうちに侵略、30億人が1日で殺された
  • シャドウ族は影の中に潜み、死ぬのは実体が死ぬときだけ
  • チャーリーたちは時空を超えた伝説の存在に救出され、地球にやってきた

心臓でつながっているエイプリルはキングの考えが読めるので、チャーリーの持つ銃が狙いだと判明した。

エイプリルが襲われたのと同じ頃、タニアの部屋にもシャドー族が現れ襲われる。パソコンで動画通話していたラムもその様子を見ていた。

プロム当日。

会場で影を気にしながら踊るエイプリルたち。

突然エイプリルが倒れ「彼らが裂け目を開けた」と言う。

廊下を出現したシャドー族にラムのパートナーであるレイチェルが殺される。続けて複数のシャドー出現。生徒たちはパニックになり、ラムはシャドー族に右足を切られてしまう。

エイプリルを死なせてしまうことになるので、キングを撃てないチャーリー。すきをついて銃を踏み潰すキング。

絶体絶命のピンチにドクター・フーが登場する。

ドクターがキングのやり方に違和感を持ち問いただすと、キャビネットのために来たとキングは告げた。

魂のキャビネット=死んだロディア族の魂が入る天国のような場所で武器にもなる。種族を絶滅させるパワーがある

チャーリーは、以前にキャビネットを確認したとき、中は空だったとウソをつく。

キングとシャドー族の軍隊をなんとかしようと、タニアが部屋の電気を点ける。何もおこらないが、ドクターは考え方は正しいと言い、その明るさを増加させていく。

その光にたじろいだキングは、その場から逃げ去る。シャドー族の弱点は光だったのだ。ドクターによって、今後の裂け目の守護はエイプリルたちに託された。

抑えておきたいポイント

  • ラムの右足は義足のプロである巨大ムカデのローザン族によって修復された
  • エイプリルの着ているシャツはホリスター

クラス -ねらわれたコールヒル高校-をhuluで見る

シーズン1・第2話「ドラゴン・タトゥーのコーチ」

クラス -ねらわれたコールヒル高校-

ラムはプロムでの出来事から立ち直ることが出来ず、エイプリルたちと距離を置いている。しかも、新しくなった足が馴染まず、サッカーがうまくプレイ出来ない。

足の件を知らないドーソンコーチに、「無理ならやめろ」と言われ、さらに落ち込むラム。

練習後、いったんは帰りかけたが、コーチと話をしようとロッカールームに戻ると、何者かに襲われたキャロルコーチの死体を見つけた。

心を落ち着けるためにトイレに隠れていると、誰かが入ってきた物音がした。おそるおそる覗いてみるとキャロルコーチの死体が無くなっていた。

PTSDによる幻覚なのかと疑い、不可解に思っていると、背後からもうひとりのコーチ、ドーソンから声を掛けられた。

その後、チームのエースだったラムは2軍に降格された。

教育大臣から派遣された、教育水準局の視察官がクイルの授業をチェックしている。

クラス -ねらわれたコールヒル高校-

クイルは視察官が怪しいとにらんでおり、それをチャーリーに報告する。

授業中、視察官の冷静な観察に怒りを感じたクイルは、突然視察官に暴言を浴びせかける。

しかしながら、その件に関して校長からは特におとがめなしで、視察はまだ継続されることになった。

クイルの授業を途中で抜け出したラム。外で女性清掃員とタバコを吸っていると、エイリアンが現れ彼女を連れ去った。

クラス -ねらわれたコールヒル高校-
クラス -ねらわれたコールヒル高校-をhuluで見る

プロムの出来事がフラッシュバックしている中で、エイリアンが女性の皮をはぐのを見ていた。

その夜、タニアに今日あった出来事を打ち明け、ふたりで金属バットを持って学校へ。

そこになぜかドーソンコーチが現れる。ラムが「学校に変なものがいる」と打ち明けると、「見損なったぞ」と呆れられた。

実は、ドーソンの背中にはドラゴン・タトゥーが入っており、体内にエイリアンが存在している様子。そして、その制御が効かなくなってきている。

ラムは、プロムの日に殺された恋人のレイチェルのことはまだ誰にも触れられたくないし、かなりナーバスな状態が続いている。

そんなラムに対し、タニアは父親を脳卒中で亡くしていることを告白する。3歳も年下の同級生が深い悲しみを経験していることを知ったラムは、悲しみからの立ち直り方を尋ねる。

タニアは、ラムのエイリアン目撃発言を確認するため、エイプリルとチャーリーを誘って、女性清掃員がいなくなったかどうかを校長に確認しに行った。

彼らが問題を抱えていると感じ取った校長が、相談を受けると申し出たそのとき、校長の背後に時空の裂け目が出現、エイリアンがやってきて、校長を襲い裂け目へと消えた。

同時刻、ラムは、ロッカールームでドーソンコーチから退部を勧められていた。

その日の夜、タニアはラムに「校長が殺されるのを、チャーリーとエイプリルとで見た」と伝えた。

チャーリーが描いたエイリアンの絵を見て、自分が見たのと同じエイリアンだと知ったラムは、その姿がコーチのタトゥと同じことにも気づいた。

そして、クイル先生にドーソンコーチの退治を依頼する。クイルが校内でコーチを見つけたとき、なぜか視察官もその場に現れた。

視察官はクイルが目的だと告げたそのとき、エイリアンが現れた。二人は必死で逃げるが、教室に追い詰められてしまい、クイルは視察官を差し出す。

エイリアンに捕まった視察官は、なぜか体から発光している。彼は人間ではなくロボットだったのだ。

ラムたち4人も学校に集まっている。そこで校長の遺体の残骸をゴミ箱に捨てているドーソンコーチを見つける。

隠しきれないと思ったのか、ドーソンコーチは、「自分の皮膚に入り込んでいるのは、エイリアン夫婦の妻のほうで、人間を襲っているのは夫だ」と打ち明けた。

弱かった自分を強くしてくれたエイリアンを手放したくないと言い、出現した夫のエイリアンに向かってラムたちを殺さなければ、妻が宿る皮膚を傷つけるぞと脅す。

ところがラムは、英語が話せるエイリアンに対し、「地球では皮を加工する「レザー」というものがあり、今とは違う形で妻を取り戻せる」と教える。

クラス -ねらわれたコールヒル高校-
クラス -ねらわれたコールヒル高校-をhuluで見る

エイリアンは逡巡したあと、ドーソンコーチを捕まえ、時空の裂け目の向こうに消えて行った。

事件解決後の夜。

ラムは右足に馴染むため、自宅でキックの練習をするが、やはりうまくいかない。その姿を見た父親から「病院に行こう」と言われる。

ラムは、父親に自分の右足を見せて、時空の裂け目やエイリアンのことを打ち明けた。

その後も、ラムの練習を見守る父親。ラムは少しづつ右足をコントロール出来るようになっていった。

ロボットだった視察官の残骸を持ち帰ったクイル。

鉄くずとなったボディをを調べていると、「理事会」の刻印を発見した

第2話の感想

学校に出来た時空の裂け目は、シャドー族だけが出入り出来るんだと思っていたら、別のエイリアンの通り道にもなっているんですね。

ということは、今後毎話、新種のエイリアンが登場するということなんでしょか?

となると、エイリアンや怪獣好きにはかなり楽しめる内容になっていきそうです。

個人的には、エイリアンより「グリム」のヴェッセンのほうが好きなんですけど、異形のものは好みなので、非常に楽しみです。

それから、ひとつ突っ込んでおかないといけない点があります。

ラムは、サッカーチームのエースでありながら、タバコを吸っているとか、絶対にダメですね。

あと、清掃員の女性も高校生がタバコを吸おうとしているのを咎めないばかりか、ライターを貸してしまいますからね。

そういうことしてるからエイリアンに襲われるんですよ。やはり、大人は青少年を正しい道に導かないとね。(棒)

クラス -ねらわれたコールヒル高校-をhuluで見る

シーズン1・第3話「夜の訪問者」

タニアの部屋

タニアの父親、ジャスパー・アディオラが亡くなって2年。

命日に家族でお墓参りに訪れたその夜、タニアの部屋に死んだ父親が現れる。

class・ジャスパー・アディオラ

時空を超えて会いに来たと言う父だったが、タニアはそれが本物だとは信じない。

妻の名前や息子が2人いることを告げ、タニアのことを家族しか知らない「パドル」と言うニックネームで呼ぶ。

パドルと呼ぶ理由を問いただすと、正確に答えた。しかし、「心を読めばわかることだ」と信じないタニア。

父の背中から伸びた管のようなものは、窓の外からコールヒル高校へと繋がっている。

タニアの母親や兄弟は、その管で体中を絞められてベッドで身動きせず横たわっている。

父は、タニアに「ランキン」についての説明をはじめた。

ランキンとは、魂を集める種族で、魂を持つ本人が受け入れることで魂を集めていくと言う。

  • 魂が集まるほどランキンは力を持つ。
  • 魂は共有できない、お互いに手を取ることで納得し、初めて集めることが出来る。

クラス -ねらわれたコールヒル高校-をhuluで見る

チャーリーとクイルの家

その頃、チャーリーの元に親と口論になり家を追い出されたマテウスがやってきていた。

自分の息子が同性愛者だということを許せないらしい。

ベッドを共にして眠る2人に、どこからともなく管がその触手を伸ばしてきている。

同時刻。

ドアがノックされ、クイルを「アンドラース」と呼ぶ女性が訪問してきた。

彼女はクイルの実の姉の姿をしていたが、クイルは慎重にその姿をチェックし、背中から管が伸びていることに気づいた。

姉だと語るその女性も、クイルにランキンの説明をしている。背中の管は、1本の幹に繋がって魂を共有しているらしい。

クイルは姉の誘いに乗らず、カメレオンのように擬態し獲物を捉える性質を見抜いた。

ラムの部屋

ラムは、いつも会話に使用しているビデオチャットでタニアと連絡が取れないことが心配になり、エイプリルに連絡をとる。

その時、2階のラムの部屋の窓をノックする音が。振り返ると、部屋の中に死んだはずのレイチェルがいた。彼女もまた背中に管をつけていた。

class・レイチェル

ラムは逃れるように部屋を出て、レイチェルからできるだけ離れようと駆け出した。

街中に管が張り巡らされており、息子を連れ去る老婆の姿を見かけた。あちこちで管に巻かれ、動かなくなった人間たちの姿がある。

ラムはエイプリルに電話をかけ「世界の終わりだ」と叫ぶ。

class・ランキン
クラス -ねらわれたコールヒル高校-をhuluで見る

エイプイリルがラムに合流し、コールヒル高校が管のスタート地点になっていることを突き止めた。

そこからタニアの部屋に伸びている管を発見、タニアの様子を見に行く。

エイプリルからの着信に気付き、折り返したチャーリーは、タニアの危機を知り、クイル、マテウスと共に向かう。

再びタニアの部屋

タニアは警察官だった父親との思い出話をし、涙を流す。そんなタニアを抱きしめようと手を伸ばす父親。

そこにラムとエイプリルが到着するが、一瞬で父親に殴り倒されて、管で身動きを取れなくされてしまった。

悲しみをエネルギーとしているランキンは、どうしてもタニアの大きな悲しみを手に入れたい。

父は、自分と手をつながなければ家族を殺すぞと脅し、それを受け入れたタニアは父の手をとった。

ところが、父の顔が緑色に変化し、様子がおかしくなっていく。

タニアは、悲しいという感情よりも、突然死んでしまった父親に対する怒りのほうが大きく、その怒りをランキンに注入したのだった。

一瞬衰弱しかけた父だったが、立ち直りを見せ始める。

そこに、バスで乗り付けたクイルが管を引きちぎることに成功した。

街中の管が全て消滅したのち、管に巻かれていた人たちは意識を取り戻すが、みな何も覚えていなかった。

第3話のコネタとエイプリルの過去

  • クイルが「ハンガーゲーム」を読み「これ実話?」と独り言を言っている
  • エイプリルの父親はフォークシンガーでフィドルを弾いていた
  • 父は徐々に酒に溺れるようになり、酔っぱらい運転で事故を起こし、助手席の母親が半身不随になった

クラス -ねらわれたコールヒル高校-をhuluで見る

シーズン1・第4話「ふたりの心臓」

シャドー族の王国

クラス・シャドー族の王国

シェアしているエイプリルの心臓を、シャドーキング・コラカイナスの体に固定させる「イカリ」の準備が整っていた。

コラカイナスの体にイカリを取り付けるが、機能せず共有の割合が高まっている。

失敗の原因は担当したシャドー族・ラナスのミスだということで、コラカイナスはラナスを刀で斬り殺した。

エイプリルの部屋

エイプリルがふと気づくと、右手に大きな剣を持ち、床にはシャドー族の体の一部が切り取られて落ちていた。

コラカイナスが打ち据えたシャドー族の体が、エイプリルの家にあらわれていたのだ。

チャーリーの部屋

マテウスに頼まれ、魂のキャビネットの中身を見せるチャーリー。

以前、チャーリーは「キャビネットの中身は空だ」と話していたが、中には死んだロディア人全員の魂が入っていた。

中身が空ではないキャビネットは、武器にもなると言う。

クラス -ねらわれたコールヒル高校-をhuluで見る

学校

新校長にドロシア・エイムスが着任した。

校長はクイルに「理事会が信頼しているあなたに会いたかった」と言う。

授業で、ドイツの撤退作戦における兵士の心理についてディスカッションしているとき、エイプリルの目が一瞬赤く光り、攻撃的な意見を述べ続けた。

クラス・エイプリル

けげんそうにするクラスメイトが反論しても、それにかぶせるように持論を展開する。

「恐怖を抱く兵士は無用よ」
「臆病者は除隊すべき」
「ダンケルクの兵士は戦って死ぬべきだった。でなきゃ一生臆病者よ」

クラスメイトの視線に気づき、ふと我に返るエイプリル。

授業の合間の休み時間。開きづらいいロッカーのドアを、力で破り開けた自分に異変が起きていることに気づき、ラムに相談する。

そこに、裁判所から接見をを禁止されている父親が突然現れた。

クラス・エイプリルの父親

父親が、「娘が恋しい、家族が恋しい」とつぶやきながらエイプリルに触れようとする。

エイプリルはその手を強い力でつかみ、いつの間にか両手に剣を手にしていた。剣でおどされた父親は、慌ててその場を立ち去った。

エイプリルはラムに向かって「コラカイナスに乗り移られると、コントロールできない」と言う。

そこに新しい校長が現れ「クイル先生の授業中のはずでしょ?」と話しかけてくる。

すべてを察しているかの素振りで、エイプリルの体調が悪いということにして、ラムに家まで送るように指示した。

着任早々、すでに生徒の時間割を把握していることに疑問をもち、ラムは校長がエイリアンだと結論づけた。

クラス -ねらわれたコールヒル高校-をhuluで見る

チャーリーとマテウス

魂のキャビネットについて話している。

それを偶然通りがかったクイルが聞いている。

キャビネットは、ロディア族の長だけに反応し、起動すると種族を抹殺する武器となる。

ひとつの魂が1人を殺す。しかし、一つの魂は一度きりしか使えない。

キャビネットには数十億の魂が入っているので、数十億人が殺せるということになる。

クイルは、チャーリーから、キャビネットが空だと聞かされていたので、その話に唖然とし、怒りを覚えている。

キャビネットの中の魂は、ふさわしいものが操れば、相手の体を乗っ取り、生き返るというおとぎ話があるとチャーリーはマテウスに話す。

シャドー族の王国

クラス・シャドー族の王国

新しい参謀・カーラスが、コラカイナスと心臓を共有しているエイプリルの住む惑星を特定した。

さらに、ラナスの使用したイカリをたどれば、位置が突き止められると言う。

コラカイナスは、ラムとエイプリルが愛し合っているとき、みだらな感情になっている。コラカイナスもまた、エイプリルに影響を受けるのだ。

イカリの影響でコラカイナスとエイプリルの結びつきが、さらに強くなっている。

クラス・エイプリル

新しい校長は、校内で散った花びらに異変を感じ、拾い集めて中身を調べている。

そして、呼び寄せたクイルに校内の異変について気づいたかを確認。

食欲旺盛な植物が校内に存在し、血を1滴与えたら増殖しはじめたと説明する。

その危機滴事態を解決するため、クイルに手助けを持ちかけ、その見返りも提案した。

クラス -ねらわれたコールヒル高校-をhuluで見る

エイプリルの家

娘の異変を気にかけた父親が訪ねてきた。

それを見たエイプリルの母・ジャッキーは、裁判所の接見禁止命令を守るように諭す。

そのとき、シャドー族の星ではカーラスがイカリをコラカイナスの体内に埋め込んでいた。

と同時にエイプリルがその場に倒れ込み、心臓を奪われそうになっていた。

エイプリルは両手に剣を出現させ、必死に抵抗する。

眼の前にいる父親への怒りの感情と、心臓奪取に失敗したカーラスに対するコラカイナスの怒りの感情がリンクしているが、エイプリルの心臓は奪えない。

何を思ったのか、エイプリルは「許して」と言いながら母親の胸に自分の腕を突き刺し、何かの力を注入した。

何をしたか問われても答えないエイプリル。

突然、目の色が赤く変化し、「ヤツに見つかった。ここに皆を殺しにやってくる」と叫ぶ。

再び両手に剣を出現させたエイプリルは、空間にシャドー族の王國に繋がった裂け目を作り、そこに飛び込んでいった。慌ててあとにつづくラム。

第4話のツッコミドコロ

チャーリーとクイルは同居を内緒にしているのに、その話を授業中にするのはおかしいですね

他の生徒も周りにいるのに、声を潜めているわけでもなく、秘密にしようとする意識が感じられないのも変です。もしかして、エイリアンには「小声で話す」という習慣がないのかも?笑

クラス -ねらわれたコールヒル高校-をhuluで見る

シーズン1・第5話「勇敢なる心」

シャドー族の王国

クラス -ねらわれたコールヒル高校-
シャドー族の王国へとやってきたエイプリルとラム。

シャドー族の兵士に追われながらも、なんとか倒し、エイプリルはラムに「キングを倒す」と宣言した。

ふたりは星の「再下層(アンダーニーズ)」を進んでいる。

その途中で、エイプリルはラムに向かって、「もう裂け目を作れないので、地球へは帰れない」と言う。

ラムは困惑しながらも気持ちを切り替えて、洞窟を通ってコラカイナスの元へ向かうことにした。
(このときラムは、エイプリルのことを「フロド(ロード・オブ・ザ・リングの主人公)」と呼んだ)

洞窟の中がシャドー族の信仰の場だと知り、ラムが自らが信仰するシーク教の話しをする。

再び歩き始めたとき、コラカイナスがエイプリルを見つけた。心臓を共有しているふたりは、お互いの動きがわかってしまうのだ。

エイプリルたちはコラカイナスの城に到着。ふたりの戦いが開始された。

シャドー族の王は決闘に勝たねばならない。もし負ければ、勝ったほうが新しい王になるというルールがある。

戦いの途中で押され始めたコラカイナスは、部下にラムを攻撃するように指示を出す。ラムをかばいながら戦うエイプリルは、不利な状況となった。

そのとき、母とのつながりを強く感じたエイプリルが、地球へとつながる裂け目を作り出すことに成功した。

コラカイナスを殺すことなく勝者となったエイプリルは、コラカイナスを幽閉し、新しい王となった。

クイルと校長

クラス -ねらわれたコールヒル高校-
校長は、焼却できず腐食もせず除草剤も効かない、生き物の組織を食べ増殖する花の駆除に協力すれば、チャーリーに付けられた「アーン」からの解放も可能だとクイルに言う。

何を手伝えばよいか問うクイルに、校長は「大量虐殺をどう思う?」と質問で返した。

時間をかけて解決策を見つける前に人間が襲われるので、魂のキャビネットしか一掃できる武器がないと校長。

つまり、クイルへの依頼は、チャーリーにキャビネットを使用することを強要することだった。

エイプリルの家

エイプリルとラムがシャドー族の王国に旅立ったあと、タニアがエイプリルの置かれている状況を父母に説明している。

幻覚キノコの影響で、幻覚を見たと考えている父に、「お母さんの体に手を突っ込んで、麻痺を治したの」と話す。

母のジャッキーは、エイプリルを見つける方法を問うが、「ない」とチャーリーが答える。

チャーリーのスマホに、「花の話がしたい」とクイルからメールが入った。彼女が機嫌が良いことをいぶかしがりながらも、エイプリルの父母とマテウスを加えた4人で学校に向かった。

タニアはラムの父親のもとへ状況を伝えに行った。

学校で落ち合ったエイプリルの父母とラムの父親は、ふたりが知り合ってから状況がおかしくなったことを責めあっている。それを諭したのがタニア。

突然、エイプリルの母・ジャッキーの胸が青く光った。

学校

学校につくと、校長とクイルが出迎え、増殖する花びらの件を説明し、チャーリーに協力を要請した。

クラス -ねらわれたコールヒル高校-
外では、人々が花びらに襲われ始めている。

ジャッキーの胸が光る頻度が増えている。それを見たタニアは、ジャッキーとエイプリルに繋がりがあることを察して、それを利用してエイプリルを見つけることを思いついた。

エイプリルのことを強く思うジャッキー。それを感じ取ったエイプリルが、時空の裂け目を作り出すことに成功した。

ラムの父と、エイプリルの父が裂け目を通してシャドー族の王国へと身を投じた。

エイプリルがコラカイナスとの戦いに勝利し、地球へと戻ってきた。

そこで初めて花びらのことを知ったが、対策がわからない。ところが、「シャドーが花びらを殺す」というタニアの言葉で、ラムが解決のヒントを得た。

時空の裂け目を作り、シャドー族を地球に呼び込んだエイプリル。その瞬間から影が花びらを覆いはじめ、あっという間に全てを消滅させた。

その頃、幽閉されたコラカイナスはイカリをはずし、エイプリルとのつながりを断った。

その影響でエイプリルは王ではなくなり、特別な力も消え去ったが、エイプリルが麻痺を取り除いた母親の足は回復に向かい、車椅子から立ち上がれるようになった。

チャーリーの家

自宅に戻ったチャーリーとクイルは、キャビネットや自分たちの過去の行動に関して激論を交わしている。

そこに校長が訪れ、「チャーリー王子、地球を救ってください」と懇願、しかしチャーリーはそれを断った。

校長はマテウスに銃を向け、チャーリーにキャビネットを使用するよう脅したが、「彼を殺すならあなたを見殺しにする」と、チャーリーは脅しに屈しない。

クラス -ねらわれたコールヒル高校-

チャーリーは、シャドー族に花びらを一掃させることを思いつく。しかし校長は「そんな時間はない」とはねつけた。

マテウスが密かに「シャドーが花びらを殺す」と書いたメールをタニアに送る。

窓の外で増殖する花びらを見て、チャーリーはキャビネットを使うことを決心した。

まさに標的を指定しようとしたそのとき、黒い影が花びらを覆い始め、消滅させていった。

それを見て、チャーリーはキャビネットの動作を停止させた。

シャドー族を抹殺できなかったクイルが、はらいせに駐車場で校長の車を破壊しようとしている。

そこに校長が登場。

花びらはひとつの魂で消滅させることが出来たこと、クイルの協力への依頼はまだ継続していることなどを伝え、その場を立ち去っていった。

ツッコミドコロ

1.シャドー族の王国と地球をつなげる裂け目をエイプリルが作ったとき、普通は足手まといになっているラムを返すべきですよね。

ラムの父親とエイプリルの父親がシャドー族の王国にやってくるのは、絶対にチガウ。

2.コラカイナスを打とうとしているまさにそのとき、親子喧嘩をする余裕があるエイプリルと父。

緊迫感のかけらもないですね。っていうか、そのスキを狙って攻撃することが出来ないコラカイナスも大したことないな~と思ってしまいました。

3.コラカイナスを幽閉するときに、棒状のもので空間を遮ったのですが、コラカイナスが触れると電磁波のようなものが出たのに、幽閉する役目のシャドー族が触れても何も起こらなかったのはなぜ?

スイッチをオンにしたような素振りもなかったので、セッティングしたときにビリビリと来るはずなんですけどね。

クラス -ねらわれたコールヒル高校-をhuluで見る

シーズン1・第6話「無限の居残り」

クイルは、チャーリーたちを施錠した教室に閉じ込めて、1時間の居残りを命じた。

エイプリルは、こっそり手に入れておいた合鍵を使って、教室のドアを開けた。

その瞬間、出現した時空の裂け目から、隕石のようなものが飛来してきた。

クラス -ねらわれたコールヒル高校-
クラス -ねらわれたコールヒル高校-をhuluで見る

窓の外や廊下は真っ暗な暗闇になっており、様子がおかしい。

何が起きたのかわからないが、教室だけが異空間に存在しているかのようだった。確認すると、スマホも圏外になっている。

タリアは、爆発のとき裂け目が出来る音を聞いたと言い、教室の片隅で小惑星のかけらのような物質を見つけた。

マテウスは、その隕石のようなものを手に取り、外に投げ捨てようとした。

そのとき、「ここはポーランドか」とつぶやき、去年の祖母の誕生日のことを話しはじめた。そして突然、チャーリーという存在がコワイと言い出した。

不可解な状況に危険を感じたエイプリルが、マテウスの手から隕石を叩き落とした。

マテウスは、隕石を持っている間、「真実を言わずにいられなかった。止められなかった」と話した。

ラムは「真実の隕石」だと言い、時間と空間の間に吹き飛ばされたのかも?と推論を述べる。

なぜか、ラムはエイプリルにとげとげしい態度をとる。そして、その理由が自分でもわからないと言う。

タニアも異様にいらつくことを不可解に思い、隕石を調べることにした。

クラス -ねらわれたコールヒル高校-

隕石が人に真実を話させるわけがない。つまりこれは隕石ではないという結論に。

タニアがいろいろ考察し、隕石を掴み上げた。

すると、幼い頃のことの思い出を話したあと、自分のことを子供扱いしているみんなを責め始めた。

危険だと判断したエイプリルが、取り上げようとしたが、タニアは「まだすることがある。石に質問して!」と叫ぶ。

その質問でわかったことは以下のような事柄だった。

  • 隕石をずっと持っていると脳が動かなくなる
  • 隕石は知能を持っている
  • 囚人が隕石の中に組み込まれている

みんなは、宇宙の刑務所から、裂け目を通ってここにきたのでは?と考える。

チャーリーが教室の外がどうなっているかを確認するため、鉛筆を持った腕を突き出してみると、自分の腕が目の前に現れた。

クラス -ねらわれたコールヒル高校-
クラス -ねらわれたコールヒル高校-をhuluで見る

完全にこの空間だけが、宇宙から切り離されているようだ。

さらに情報を得るため、隕石の囚人に質問することに決め、今度はラムが隕石を手にとった。

ラムはエイプリルに愛を告白する。

タニアが尋ねる。「真実を言わせているのは誰?」。ラムが「最後の囚人だ」と答える。

気を失ったラムが目を覚まし、隕石の中に閉じ込められた囚人は何度も犯行をおかしてきた殺人犯だと言った。

隕石は怒りの感情を伝播させ、みんなを争わせようとしているようだ。

今度はエイプリルが隕石を手にとった。そして、ラムを愛せる自信がないと告白。

告白したあと質問すると、隕石の中の声が「時間も空間もない場所にいる。絶対に逃げられない。」と言う。

時間軸から離されたので、食事も必要ないことが判明したが、もとに戻る方法はまだ不明。

みんなは怒りの感情にさいなまれているが、チャーリーは影響をうけていない。

みんなをケンカさせようとしている隕石の中の囚人。気づいているが、抗うことができないエイプリルたち。

チャーリーが隕石を掴む前に「キャビネットを使ってシャドー族を殺したい。でも、そうするとマテウスを失う。それが辛い」と正直な気持ちを告白した。

チャーリーが隕石を掴むと、彼の意思が伝わったかのように、囚人が「お前は私を殺す」と恐怖に怯えた。

そして、隕石は真っ二つに割れ、次の瞬間、教室は元の世界へと戻ることが出来た。

クラス -ねらわれたコールヒル高校-

囚人がいなくなった刑務所は、代わりにチャーリーを取り込もうとした。

絶体絶命のピンチに、クイルが現れ銃で隕石を破壊。なぜか、彼女の顔の左側には、赤い縦傷が走っている。

そして、クイルが銃を扱えたことを不可思議に思うチャーリーに、アーンを取り出したことを告げた。

これで、クイルはチャーリーの奴隷ではなくなったのだ。

クラス -ねらわれたコールヒル高校-をhuluで見る

ツッコミドコロ

1.エイリアンのロディア族・王子であるチャーリーも、人間と同じように閉所恐怖症だったり、パニック発作をおこすんですね~。

2.マテウスが、ナルニア国物語に言及し、スーザンは著者に嫌われているという見解を述べたのですが、外国作品は他の作品に言及するセリフを多用する傾向にありますね。

3.ラムがエイプリルを運命の人だとまで言ったのに、エイプリルの「ラムほど愛していない」という告白を受けて、「女はエイプリルだけではない。他にも女は存在する」と言ってしまいます。

怒りの感情の影響もあるし、ついつい勢いでの発言とも考えられるんですが、この発言をした時点で「エイプリルは運命の人」という言葉は、ほぼウソだということがわかってしまいましたね。

たとえ自分を愛してくれない状況でも、運命の人だと信じる気持ちは簡単には揺るがないのが普通ですから。

クラス -ねらわれたコールヒル高校-をhuluで見る

シーズン1・第7話「クイルの変わらぬ決意」

チャーリーたちを教室に閉じ込めたあと、クイルは校長にアーンの摘出を実行するように願い出た。

校長がバロンという男を呼び出し、古い器具である哲学エンジンを使って3人で異空間へと移動した。

クラス -ねらわれたコールヒル高校-

校長はクイルに幼いころの記憶を思い出せと言う。

クイルが母の死の記憶を頭に浮かべるとと、バロンは突然何かを追いかけ始め、子猫のような生き物を捕まえた。

それは子猫ではなく、アーンだった。

校長は「このアーンのフェロモンで、クイルの脳内アーンを鎮静する」と言う。

呼び出したバロンはロー族のシェイプシフターで、クイルの手術を執刀する外科医らしい。

校長が哲学エンジンを操作し、新しく移動した場所は「ロー・アプ・スリス」と呼ばれるロー族の地獄だった。

次に必要なのは、ロー族の神の血。

遠くから聞こえる獣のような、神の唸り声に怯えるバロン。なんとかクイルが彼を鼓舞し、協力して神の血を得た。

次の移動先は、クイル族の女神が生まれた場所だった。

囚われていた冥界から抜け出して来た女神。

クラス -ねらわれたコールヒル高校-
クラス -ねらわれたコールヒル高校-をhuluで見る

バロンとクイルは女神と戦い、倒すことに成功し首を切り落とした。

女神が暴れた際、殴られて気を失った校長が目覚めるまで、クイルとバロンはお互いの過去を告白し合う。

突然、クイルの脳内のアーンが抵抗を始めた。それはクイルがアーン除去の成功を信じ始めたからだった。

校長が目覚め、手術に必要なものをすべて手に入れたので、コールヒル高校へと戻った。

校内でバロンはクイルの手術を開始した。

指先を変形させ、クイルの左目を刺し皮膚を大きく開き、中から飛び出たアーンを始末する。

傷口にロー族の神の血に浸したクイル族の女神の脳をあてがうと傷がふさがった。

クイルの顔に大きな縦傷は残ったが、皮膚と眼球は完全に再生している。

クラス -ねらわれたコールヒル高校-

ふと床を見ると、大量の砂がこぼれている。ドアを開けると目の前には広大な砂漠が広がっていた。

クイルが振り返るとそこに校長が立っており、学校はすっかり消滅していた。

校長は言う。「学校へは行ってない。ホログラムよ」。クイルはそこがキャビネットの中だと気づいた。

校長は自分の姿もホログラムだと告げ、贈り物があると黒い箱を差し出した。その中にはクイルの銃が入っていた。

理事会の結論は、クイルとバロンの1人だけが現実世界に戻れるというものだった。

戦わないと言うふたりに、校長は地球で見つけたバロンの姪の画像を見せた。

そして、クイルにも、シャドー族を倒すには元の世界に戻るしかないと言い、戦うように気持ちを向かわせた。

結果、2人は戦うことを選んだ。

銃を手にしたバロンは、クイルを撃ったが、校長の細工によって銃が改造されていたことで、自分を撃つことになってしまった。

クイルはバロンの亡骸を砂に埋め、キャビネットの扉を見つけ、そこから現実社会へと戻ることに成功した。

そして、チャーリーを襲う隕石を撃って助けた後、その場で気を失ってしまった。

クラス -ねらわれたコールヒル高校-をhuluで見る

第7話の感想

クイルが引用した言葉「家がサメの口でない限り出る人などいない」を言った地球の詩人は誰なのか、気になって仕方ないです。

一応ググって見たんですが、それらしい言葉はヒットしませんでした。やっぱり英語で検索すべきなんですかね~?

今回もツッコミドコロがひとつありました。

それが、キャビネットの中でバロンが使った銃なんですね。

バロンがクイルを撃ったときに、光線(?)が自分のほうに飛び出して、自分を撃つことになってしまったわけですが、これが校長の仕業だということはわかります。

問題はその後なんですよ。

キャビネットから出て現実世界に戻ったとき、チャーリーが隕石に襲われているのを見て、クイルはためらうことなくその銃で隕石を撃つんですよね。

このとき、普通なら「バロンのように、自分を撃つことになるかも?」と思うはずなんですよ。

自分の銃だから、校長の細工は1回きりのものだとわかったんでしょうか?

このあたりの説明何もなかったので、どうもしっくりこないです。

クラス -ねらわれたコールヒル高校-をhuluで見る

シーズン1・第8話「迷えし者」

クイルが気を失ってから6日。

エイプリルがオリジナル曲「ロスト~迷いし者~」をライブハウスで歌っている。

クラス -ねらわれたコールヒル高校-

その頃、ラムが父親とサッカーの練習をしていると、突如、真っ黒な剣が父の身体を刺し貫いた。

ラムが振り返ると、そこにはコラカイナスの姿が。

ラムはライブハウスにやってきて、エイプリルに先程の出来事を伝えた。

エイプリルはラムに、「さっき、コラカイナスを感じたけど、一瞬で消えた」と話した。

チャーリーの家

チャーリーとマテウスが話していると、1週間も寝たままだったクイルが、隣の寝室から大きな叫び声をあげた。

急いで見に行ってみると、クイルは妊娠したかのようにお腹を大きくしており、何が起きているのか状況を飲み込めない表情をしていた。

冷静になったクイルは、これはキャビネットのせいだと考えた。そして、エイプリルに呼び出されたふたりが出かけた後、「また戦争が始まる、今日」と呟いた。

クラス -ねらわれたコールヒル高校-
クラス -ねらわれたコールヒル高校-をhuluで見る

タニアの家

試験勉強に励むタニアに話しかける母。

友達のことに言及しようとする母の言葉のを遮り、タニアは「ほっといて」と告げる。

母がゆっくりと部屋を出ていこうとしたとき、突如現れたコラカイナスに身体を刺し貫かれた。

タニアはクイルを訪ね、母がコラカイナスに殺されたことを告げた。

エイプリルの家

タニアの母が殺されたとき、エイプリルは一瞬コラカイナスを感じていた。

そこにコラカイナスが現れ、エイプリルの母親を背後から捕らえた。

彼は王座に返り咲いたらしい。そして、エイプリルに心臓を差し出せば母親の命を助けると言う。

クラス -ねらわれたコールヒル高校-

コラカイナスはチャーリーの心臓に「影」を入れ、マテウスを指差し「5人目はお前だ」と言い残して去っていった。

チャーリーの家

タニアはキャビネットを使おうとクイルに提案した。

チャーリーにしか使えないキャビネット。彼が使う気になるよう説得しようと言う。

学校

校長の元を訪れたチャーリーとマテウスは、銃で脅し、彼女に協力を要請した。

エバー・アップワード・リーチ社の職員専用の部屋の前で、何が起きているか突き止めると校長は言う。

どうやら何かの到着を待っているらしい。そして、ひとりでタイムマシンとなっている部屋へ消えていった。

図書館

タニアの兄ふたりがコラカイナスに襲われそうになったまさにそのとき、クイルが助けに入った。

嬉々として戦うクイルが、コラカイナスを圧倒する。

職員専用の部屋から戻ってきた校長が、チャーリーらを連れて図書館へとやってきた。

シャドー族が出現しているのは、影だけが通れる微小な裂け目を見つけたからだと言う。

クラス -ねらわれたコールヒル高校-
クラス -ねらわれたコールヒル高校-をhuluで見る

講堂

クイルがタニアに戦い方を教えている。

そこにチャーリーたちがやってくる。

キャビネットを使うようにチャーリーを説得するタニア。しかしながら、チャーリーはうんと言わない。

突如現れたコラカイナスがマテウスの喉に剣を当てている。

エイプリルがそこにやってきて、「マテウスを離したら一緒に行く」とコラカイナスに伝える。

シャドー族が大量に現れて、校内の生徒たちの影に入っていく。

シャドー族を操っているのは王だと気づいたエイプリル。みんなが助かる方法はひとつしかない。

エイプリルがチャーリーに訴えかけると、彼は手に持った銃でエイプリルごとコラカイナスを撃った。

クラス -ねらわれたコールヒル高校-

コラカイナスに操られていたシャドー族は、消滅せずにその場に微動だにせず固まっている。

シャドー族の掟では、王を倒したものが次の王になる。つまり、チャーリーがシャドーキングの座についたのだった。

チャーリーは、キャビネットを起動させ、シャドー族と王国を殲滅した。

チャーリーはロディア族でひとり生き残ったことを嘆き、ラムはエイプリルの亡骸にすがりついて泣いている。

そのとき、倒れていたコラカイナスがすっと起き上がった。

唖然となったみんなに向かって話しかけたその声は、まぎれもないエイプリルのものだった。

エバー・アップワード・リーチ社の職員専用の部屋

理事会のメンバーの前で、「道義心の強いチャーリーがキャビネットを使ったのは予想外だった」と、申し開きをしている校長。

理事たちは校長の資質を疑っている。そして「到着」の備えた任務から外されたばかりか、殺されてしまった。

クラス -ねらわれたコールヒル高校-
クラス -ねらわれたコールヒル高校-をhuluで見る

第8話の感想

とりあえず、マテウスの平和主義、無抵抗主義はうざく感じてしまいますね。

同級生たちがシャドー族に襲われている状況で、チャーリーがこれしか解決の方法はないと起動させたキャビネットなのに、「他の方法でなんとかなる」と言い続けるあたり、本当にむかつきました。

具体的なアイディアもなく、相手を傷つけることを避けるという一点だけを押し通すために、みんながやろうとしていることを止めるとか、やっぱり違和感しかありません。

別に、平和主義がダメだと言っているわけではなく、ベストな解決策を提案しろよと言ってるだけなんですよ。

彼の中では、自衛権も行使しないのが理想のようですが、結果的にそのせいでみんなが死ぬこともイヤだって考えてそうなので、全く意味がわかりません。

理想論を語るだけなら誰でも出来るってことを、彼にはわかってほしいですね。

ところで、校長が理事たちの目の前で殺されたシーンで、一つ気になることが・・・。

理事長っぽいポジションの黒人男性が、タニアの父親、ジャスパー・アディオラにそっくりだったんですけど、これはなにかの布石なのか、それともたまたま似ている俳優さんをキャスティングしたのか、一体どっちなんでしょ???

ツッコミドコロ

クイルがタニアに戦い方を教えるシーン。

格闘技経験のない少女が、付け焼き刃でなんとかなるくらい、シャドー族は弱いのか?って話しですよね。

結局、どうにもならなかったので、「そりゃそうだよな」と思ったのですが、少ない時間でも何かをやらなければ!と思う気持ちは貴重でしたね。

14歳のタニアと、人間のポテンシャルを把握していないクイルだからこその、数分間の格闘技訓練だったと考えれば納得できます。笑

クラス -ねらわれたコールヒル高校-をhuluで見る

2週間無料で楽しめる!↓↓↓お試しはバナーをクリック!↓↓↓

[紹介している作品に関しては、現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式サイトにてご確認ください。]

-海外ドラマ
-,

Copyright© 海外ドラマと映画 ネタバレとレビュー , 2019 All Rights Reserved.