洋画

【キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー】スーパーソルジャーとなったひ弱な兵士

投稿日:

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャーをhuluで見る

アベンジャーズ関係作品は時系列順に観ていったほうが中身は理解しやすいだろうと言うことで、順番通りに観ています。

今回、チョイスしたのは「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」。

実は、マイティソーと同じく、キャプテン・アメリカという名前とルックスを少し知っていたくらいで、先日観たアベンジャーズでちゃんと認識したというのが正直なところなんですよね。

そして、今作品を観たことで「なんであんなダサダサな衣装を着てるんだろう?」という長年の疑問も解消されました。あと、スーパーヒーローの中でも最弱っぽいのも仕方ないって納得できましたね。笑

それでは早速あらすじをご紹介していきます。あらすじと言ってもほとんどネタバレなのでご注意を!

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャーをhuluで見る

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャーのあらすじ

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー

雪原に埋まっている巨大な物体。調査部隊がその内部に入ってみると星のマークが書かれた金属製アイテムが埋まっているのを発見した。

1942年3月、ノルウェー・トンスベルグ。
石棺の中の遺体の上に主神オーディンが所蔵していたコズミック・キューブがある。実はこれは悪用を考える者たちを欺くためのフェイク。

本物のコズミック・キューブは壁の世界樹のレリーフに隠された箱の中に隠してあったのだが、それを見つけたドクロマークの男の軍隊が奪っていく。

第二次世界大戦中の軍隊入隊のための身体検査。ガリガリに痩せた小柄なステーブ・ロジャース(クリス・エヴァンス)は喘息などの持病があり不合格となってしまう。

落ち込むスティーブを励まそうと、女の子たちを連れて万国博覧会にやってきたバッキー・バーンズ(セバスチャン・スタン)。そこではハワード・スタークの開発した飛ぶ車が展示されている。

会場にあった陸軍の新兵募集のポスターを発見して、またも検査を受けることにしたロジャースは、SSR(戦略科学予備軍)の代表アースキン博士の面談を受け合格となる。

陸軍の戦略科学予備軍に入隊したロジャースは、スーパーソルジャー第一号となるため訓練を受けるが、体力でなく頭脳で課題をクリアしていく。

アースキン博士(スタンリー・トゥッチ)がその資質を見抜いて推薦するが、フィリップス大佐(トミー・リー・ジョーンズ)は軍人の模範生のようなホッジを推奨している。
ただし、スーパーソルジャーになるために打つ血清は、内なるものを全て増幅させるため、哀れみなどを知る弱者こそ血清をうつべきだとロジャースに決定する。

ロジャースはエージェント・カーター(ヘイリー・アトウェル)に連れられブルックリンの骨董品店へ。
店主に合言葉を交わし本棚の奥に隠された研究施設へ入ると、そこはSSR管理区域だった。

博士や研究者立ちが待つ場所で血清を打ちヴァイタ・レイを照射。この研究にはスタークも参加している。

議員や国務省の人間なども見守る中、危険な状態になりながらもリアクターを続行した結果、肉体が大きく変化したロジャースが中から現れた。実験は成功したのだった。

ドクター・ゾラ(トビー・ジョーンズ)の研究室。
研究機関ヒドラの責任者はヒトラーの側近であるヨハン・シュミット。

ドクター・ゾラが開発中の兵器に奪ってきたキューブをセットし、そのエネルギーで作動させることに成功する。この兵器によって戦争が大きく変わると確信。
さらに、アースキン博士の血清が驚異となるため、奪う作戦を決行する。しかしながら、実験が成功し身体能力が大幅にアップしたロジャースの阻止され失敗してしまう。

ヒトラーからの伝令を新兵器で殺したシュミットは、ヒドラの進化のためにヒトラーを見限るつもり。

血清を奪いに来たヒドラのメンバーが逃走する際、人質となった少年を助けたことで国民的ヒーローとなったロジャース。その影響で軍への志願者も増えている。

国債の購入を増やすための議員の戦略に利用されるロジャース。
星のマークを胸につけたコスチュームを着用させられてショーに登場、各地を周るという軍のプロパガンダに利用されている。さらに「キャプテン・アメリカ」という名前もつけられた。
子どもたちに大人気となるが、集まった志願兵たちはショーに登場するコーラスガールが目当てだった。

イタリアに侵攻したシュミット軍と戦い、バーンズ軍曹のいる107連隊の多くは死亡したか捕虜となっている。
ロジャースはバーンズ軍曹を探しにオーストリアへ向かうことに。エージェント・カーターはスタークの飛行機をつかって協力する。

捕虜たちを生産力として兵器ワルキューレを増産しているヒドラの施設に忍び込んだロジャースは、各国の捕虜たちを解放し、敵の武器を奪い兵器工場を襲撃する。
別の場所に隔離されているバーンズの救出も成功。

その戦いぶりをモニタで確認していたシュミットは劣勢を感じ取り、キューブを持ち出し工場を自ら爆破、逃亡するために屋上へと向かう。

そこに到着したロジャースとシュミットが戦うことになるが、不完全な状態の血清をうっているシュミットは、その副作用でマスクを脱ぐと真っ赤な皮膚になっていた。その容姿から「レッドスカル」と呼ばれていたのだ。

ヘリ型飛行体で逃亡するシュミット、残されたロジャースは建物の大爆発に巻き込まれてしまう。

作戦本部で指揮をとっているフィリップス大佐は、大爆発によってロジャーズ大尉は死亡したと考えている。
そこに107連隊の兵士たちを連れ帰ったロジャース。相手の武器と戦車も持ち帰るという功績もあわせて兵士たちから讃えられ、名誉勲章を授与された。

ヒドラの研究施設で見た地図をもとに、彼らの各地の兵器工場の場所を報告、107連隊のメンバーたちと向上を襲撃することに決定。

スタークがヴィブラニウム製の新しい盾やコスチュームを制作し、連隊とともにナチスを攻撃。
ドクター・ゾラの乗る列車へ乗り移ると待ち構えていたように武装兵に攻撃を受け、バーンズ軍曹は谷底へ落下してしまう。

なんとかドクター・ゾラを拘束することに成功し、シュミットの計画の中身を知る。

彼は世界の支配者となるべく、開発した兵器で世界のハンブを吹き飛ばす気でおり、アルプスの地表下152メートルの基地に潜伏中だと言う。
そこに正面から乗り込むロジャース。フィリップス大佐とエージェント・カーターらとともに制圧に成功するが、シュミットは飛行体に乗り込みニューヨークへと飛び立った。
間一髪で飛び乗ることに成功したロジャースが内部に入り込むと、そこにはシカゴとニューヨークを攻撃するミサイルが積んであった。

シュミットはロジャースとの戦いのさなか、キューブを手にしたことで異空間へと飛ばされてしまう。その場に残ったキューブは自らの熱で飛行体の床を溶かし落下してしまった。
コントロール出来なくなった飛行体を操縦するロジャース。通信でエージェント・カーターと気持ちを伝え合い、デートの約束を取り付ける。

雪原の不時着し機は大破、そのまま雪の下へ沈んでいく。

戦争集結。スタークが海からキューブを回収。

ニューヨークの病院のベッドで目覚めるキャプテン。ラジオから野球中継。しかしながらその試合は過去に自分が知っている試合だったことから、違和感を感じて街へと飛び出していく。

すっかり変わってしまった街に驚くロジャース。そこに登場したニック・フューリーから70年近く眠っていたことを告げられる。

とまどうロジャースは、エージェント・カーターとのデートの約束を思い出していた。

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャーをhuluで見る

まとめ

マーベル作品は全てつながっているのがよくわかりますね。

例えば、アベンジャーズ関連作品の重要アイテムのコズミック・キューブや、スターク親子、リアクターなどなどですね。

時系列順に見ていくのがベストですけど、ひとつの作品だけを観ても楽しめるようになっている構成はすごいですね。さすが世界中で大ヒットする作品を連発しているだけ有ると思います。

いくつか気になる部分があったので、それをまとめておきますね。

  • ドクター・ゾラ役のトビー・ジョーンズは「ウェイワード・パインズ 出口のない街」でも科学者の役でしたね。すごく科学者っぽいなと思う分、「裏切りのサーカス」のスパイ組織のリーダー役はピンときませんでした。
  • ロジャースが血清を打つ前と打ったあとの身体的変化がすごすぎて、どうやって撮影したんだろうと本気で悩んでいます。笑
  • シュミットの素顔はジムキャリーのマスクの赤い版っぽいですね。
  • シュミット役のヒューゴ・ウィーヴィングが、ミスタースポック役のレナード・ニモイとかぶって仕方なかったです。
  • チョイ役のロレイン二等兵役で、「ゲーム・オブ・スローンズ」のマージェリー役のナタリー・ドーマーが出演していたのを見逃しませんでした。
  • ヒドラの施設に密かに侵入したロジャースは、なぜかアメリカ国旗の盾はもったまま・・・あれだと目立ちすぎると思うんですけどね。笑
  • キャプテン・アメリカの代謝は成人男性の4倍だそうで、酔わない・傷がすぐ治るなど特徴があるそうです。でも太らないのが一番羨ましいです。
  • シュミットが乗っていた飛行体はステルス戦闘機のようでしたね。
  • シュミットの車を運転するフィリップス大佐の姿は、メンインブラックのトンネル内爆走シーンを思い出しました。
  • スピンオフの「エージェント・カーター」というドラマもあるそうで、そちらもhuluで配信してほしいですね。

あと、マーベル作品定番のクレジットロール後の映像はなかったです。

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャーをhuluで見る

アベンジャーズシリーズ 時系列

1:アイアンマン(2008年)
2:インクレディブル・ハルク(2008年)
3:アイアンマン2(2010年)
4:マイティ・ソー(2011年)
5:キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー(2011年)
6:アベンジャーズ(2012年)
7:アイアンマン3(2013年)
8:マイティ・ソー/ダーク・ワールド(2013年)
9:キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー(2014年)
10:ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年)
11:アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン(2015年)
12:アントマン(2015年)
13:シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016年)
14:ドクター・ストレンジ(2017年)
15:ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年)

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャーをhuluで見る

2週間無料で楽しめる!↓↓↓お試しはバナーをクリック!↓↓↓

[紹介している作品に関しては、現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式サイトにてご確認ください。]

-洋画
-, , ,

Copyright© 海外ドラマと映画 ネタバレとレビュー , 2020 All Rights Reserved.