洋画 ホラー&サスペンス

【ボーンコレクター】猟奇殺人犯を追う刑事と女巡査

更新日:

ボーンコレクター

ボーンコレクターをhuluで見る

ジェフリー・ディーヴァーの「リンカーン・ライム」シリーズ1作目が原作の当作品。され、そのあらすじは・・・

デンゼルワシントン演じるリンカーンライムは一流の鑑識の捜査官。同僚の警官の殺害現場を調査しているときに落下してきた鉄製のパイプが直撃し、首から上と右手の人差指以外は動かない体になってしまう。

そんな折、不動産王の夫婦が不審なタクシーに拉致され、夫が変死体として発見される。発見したのはアンジェリーナジョリー演じるアメリアドナヒー巡査。

この事件をきっかけに次々と異様な殺人事件がおこるが、リンカーンが現場調査の方法をアメリアに教えながら事件解決、犯人逮捕に向かうというストーリー。

ボーンコレクターをhuluで見る

ボーンコレクターを見た感想

ボーンコレクター

さすが原作がよく出来ているだけあって、非常に面白い作品に仕上がっています。

デンゼル・ワシントンとアンジェリーナジョリーという2大看板を擁していることもありますが、殺人現場に残された証拠品とそれを推理するリンカーンの豊富な知識、最初は職務を拒否しながらも鑑識(科学捜査官)としての才能を開花し始めるアメリア。

人間関係の描き方もうまいですし、事件の背景設定や細かいヒントのひとつひとつまで、ものすごくよく練られているので非常に楽しめる作品となっていますよ。

ボーンコレクターをhuluで見る

ボーンコレクターの出演俳優について

ボーンコレクター アンジェリーナ・ジョリー

毎日こうしてHULUで映画や海外ドラマを見ていると、

「この俳優さんは昨日見た作品にも出演していたな」

ということが時々あります。

今回も、科学捜査官エディー・オーティズを演じているルイス・ガスマンがそれに当てはまり、「コンフィデンス」の悪徳警官コンビの片割れを演じているのを前日に見たところでした。

デンゼルワシントンとアンジェリーナジョリーのキャラクターもばっちり仕上がっているのですが、脇役のこういった渋い俳優さんがキラリと光っていることも、面白い作品の条件だと思います。

看護師のセルマを演じたクィーン・ラティファや、チェイニー部長を演じたマイケル・ルーカーなども素晴らしいエッセンスとなっています。

ボーンコレクターをhuluで見る

ボーンコレクターのネタバレ

連続殺人を起こす犯人は、日頃タクシーの運転手をしながら乗客のなかから殺すターゲットを探しているわけですが、「5Z66」というタクシーナンバーとルームミラーからぶら下げた動物のキーホルダーだけを映し出す演出が恐怖心をあおります。

そして殺害現場に残される「次の殺人」のヒント。

例えば不動産王夫婦の夫が殺された現場には

  • アスベスト
  • 牡蠣の貝殻をくだいた粉末
  • NSGと刻印された鉄製のボルト

などが残されていました。

これらのものから次の殺人現場をひもといていくリンカーンが頭脳となり、その手足としてアメリアが現場で証拠集めを行うのですが、

「捜査官が現場を荒らす」

ということから、アメリアが最初にひとりだけ現場に入るという手順をふみます。

しかしながら、これは本当の現場でもそうなっているのかが非常に気になりました。

というのも、日本の刑事ドラマなどを見ていると「現場確保」ということが徹底されていて、捜査員が勝手に殺人現場に入り込むことはないというイメージが出来上がっているからです。

ただ、設定としてはまだ殺されているかどうかわからないので、救出を優先するということで捜査員をいれるということなのかもしれません・・・、いや、多分そうですね。
で、ですね。

ひとつめの殺人は不動産王。ふたつめはニューヨーク大学の男子学生。3つめはおじいさんと少女がターゲットとなるのですが、その度に現場に何らかのヒントになる品が残されているのは先述したとおり。

そして、現場に残された複数のコマ切れの紙片から、かなり昔のホラー専門誌のロゴが浮かび上がります。

古本を扱う書店でその専門誌をアメリアが探したところ、「ボーンコレクター」という作品が見つかり、その内容は一連の殺人事件と全く同じものが描かれていたのです。

最終的な犯人の目的は「リンカーンを殺す」ということなのですが、その犯人は身近な人物で、リンカーンに恨みをもっていたことから一連の殺人をおこなっていたというわけです。

その背景には、敏腕科学捜査官であるリンカーンの頭脳に挑むというものがあり、実はこの3つの殺人事件以外にも複数の殺人を行っていたことが判明します。ところが、無能なチェイニー部長がその関連性に気づくことが出来ず、それぞれは独立した事件として処理していたのです。

衝動的な犯行でもなく、快楽殺人でもなく、ただ「自分の優位性」をリンカーンに認めさせ、敗北感を感じさせるためだけにおこなった連続殺人。これは精神的な猟奇殺人といえるかもしれませんね。

ボーンコレクターをhuluで見る

2週間無料で楽しめる!↓↓↓お試しはバナーをクリック!↓↓↓

[紹介している作品に関しては、現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式サイトにてご確認ください。]

-洋画 ホラー&サスペンス
-,

Copyright© 海外ドラマと映画 ネタバレとレビュー , 2019 All Rights Reserved.