洋画 ホラー&サスペンス

【ブラインドネス】全人類が視力を失う世界が描かれる

投稿日:

ブラインドネス

ブラインドネスをhuluで見る

ポルトガルのノーベル文学賞受賞作家、ジョゼ・サラマーゴの「白の闇」をフェルナンド・メイレレスが映画化した2008年の日本・ブラジル・カナダ合作。さて、そのあらすじは・・・

車の中で信号待ちをしている日本人男性が、突然目が見えなくなるところから物語は始まる。

この男性を手助けし、車を運転して自宅まで送っていった男性や、眼科医、眼科の待合室にいた患者、眼科の受付、男性の妻などが次々と視力を失っていき、軍によって隔離施設に運ばれる。

そこでは目が見えなくなった人たちが、次々と運び込まれ、軍によって監禁同然の生活を強いられるのだが、新しいコミュニティの中で争いやいざこざがおこり・・・というストーリー。2時間2分。

キャスト

  • 眼科医:マーク・ラファロ
  • 眼科医の妻:ジュリアン・ムーア
  • サングラスの女性:アリシー・ブラガ
  • 最初に失明した男性:伊勢谷友介
  • その妻:木村佳乃
  • 車泥棒:ドン・マッケラー
  • 会計士:モーリー・チェイキン
  • 少年:ミッチェル・ナイ
  • 黒い眼帯の老人:ダニー・グローヴァー
  • 第三病室の王:ガエル・ガルシア・ベルナル

ブラインドネスをhuluで見る

ブラインドネスを見た感想

まず、この作品の登場人物に名前が無いんですよね。誰一人名前を呼ばない状況で物語が進んでいくというのは、なんとも不思議な感覚なのですが、違和感はあまり感じません。

で、目が見えない人ばかりが集まっていて、ヘルプするスタッフなどもいないので、その建物がどんどん汚れていくんですが、それがあまりにリアルでちょっと見ていて気分が悪くなってしまいました。

日本映画では、あまり汚いシーンというのは作らないものですが、海外の映画は汚物とか吐瀉物なそのシーンを平気で放り込んでくるので、何かを食べながら見るとかいうのは避けたほうが無難ですね。

この作品も、お菓子を食べながら見てたんですが、途中で食べるのをやめてしまいました(;_;)

人間の汚さとか、最悪感のなさとか、そういう部分もたくさん描かれていますし、「うぇ」となることも多いですが、逆に希望とか人とのつながり、愛などもしっかり描かれています。

登場する人物の中で、唯一目が見るのが眼科医の妻なのですが、作品を見ながら、

「もし、自分だけが目が見える状況だったら?」

と、考えずにはいられませんでした。

そういう状況になっても、自分の配偶者のお世話はすると思いますが、赤の他人の世話まで出来るかな?とか、みんなが見えていないことを良いことに、悪いことをしないで我慢できるかな?とか。

そういう意味では、この眼科医の妻の人間としての器の大きさには頭が下がりましたし、腹立たしいことがいくつもあったにもかかわらず、夫を見捨てなかった愛の深さも感動ものでしたね。

ブラインドネスをhuluで見る

ブラインドネスの出演女優について

この作品では、日本からは木村佳乃さんが出演しています。彼女はニューヨーク育ちということで、ネイティブな英語が話せる女優さんというのがキャスティングされたひとつの理由だと思うのですが、伊勢谷友介さんとともに違和感のないセリフ回しをされていて、ひっっかかることなく演技を見ることができました。

ただ、他の女性たちと一緒にシャワーを浴びているシーンで、ひとりだけヌードを披露しないっていうのはどうなんでしょう?

東山紀之さんとの結婚前ということもあるんでしょうけど、「さくらん」でも濡れ場を演じながらヌードにはなっていませんでしたから、「そこまで裸を拒絶するのって、何か理由があるのでは?」と、思わず勘ぐってしまいましたね~。

30歳こえた女優が、海外との合作でも脱がないって、どんな力がバックで働いてるのかなとか・・・。

まぁ、美脚は披露してくれていたので、それで我慢するということで満足するしかないのかもしれないですね。

ブラインドネスをhuluで見る

ブラインドネスのネタバレ

伊勢谷友介さんと木村佳乃さんが日本語で会話しているセリフまで、字幕がでるのは全く意味不明でしたが、とりあえずオッケーということにしておきました(笑)

物語の冒頭で、伊勢谷友介さんの目が見えなくなり、そこから接触感染していくことで、一気に患者数が増大していきます。

ラジオのニュースによると、

  • 最初の24時間で数百人が感染した
  • さまざまな学術会議が開かれたが解決策は見つからず
  • 交通渋滞が頻発する
  • そんな中、バス事故が起き23人が死亡
  • 飛行機事故も2件おきる
  • 外出は危険ということで、人々は家に引きこもり交通渋滞も解消
  • 感染者は増大する一方

という流れになったそうですが、感染者を隔離するときの軍の兵士たちも、防菌服のようなものを着て完全防備でした。でも、眼科医の妻だけは感染しなかったんですよね。何かの免疫があったということなんでしょうか?

症状としては、光の粒子が目にあふれて目の前が真っ白になり、何も見えなくなるというものなんだそうですが、水晶体も網膜も異常なしということで、まったく原因がわからないんですね。

黒内障に似ているが真っ白なのはおかしいと眼科医も言っていましたが、伊勢谷友介さんが発症する前の行動がどんなだったか知りたいですね。

例えば、未開のアマゾン奥地に行ってたとか、訳の分からないドラッグを自家製造してたとか、何か原因がないと症状もでないでしょうからね。

そのあたりについては何も触れられていないですが、政府としては「白の病」と名づけて感染者隔離をするしか対策はなかったようです。

隔離施設で、このバタバタに乗じて権力をつかもうとするヤツが出てくるのは定番のパターンです。

「第3病室の王」と名乗って、食料品を管理するのですが、何故か銃を持っているんですよね。そして、この男の参謀的なポジションで「ほんとうの盲人」がそばについています。

生まれながらの盲人ということで、見えない世界に慣れているということも、大きな顔が出来る理由だったのでしょう。

「食いたければ支払え」というポリシーで、患者たちから貴重品を集めていきます。おそらくこのときには、この騒動が収束して建物から開放された後のことを考えていたんでしょうね。

それにしても、「食いたければ支払え」という宣言をしたときに、スティーヴィー・ワンダーの「I Just Called to Say I Love You ~心の愛」を歌う演出は、ちょっとドギツイものがありましたね。

盲目のスティーヴィーワンダーを揶揄しているとも取られかねない演出ですから、決して気分の良いものではありませんでした。

まぁ、悪役というポジション、嫌われ役という役柄を際立たせるためのものだったんだと思いますが、もうちょっと他の方法はなかったのかなと思いました。

あと、全然関係ないのですが、ティラミス食べながら赤ワインを飲むのってありですか?

眼科医と妻が食事をしているとき、妻がティラミス食べてワインも飲んでいたので、これって普通なのかな?と思って・・・。私はコーヒーでお願いしたいですね。

さて、隔離生活がある程度長くなったころ、第3病室の連中が「これからは貴重品ではなく、女と引き換えに食事を与える」と言い出します。

眼科医たちがいる第一病室は9人の女性が志願し、慰み者にされるのですが、ある女性がそれに耐え切れなくなったんでしょう、第3病室に放火して中にいた男性たちは焼死してしまいます。

他の感染者たちは中庭に避難し、そこで眼科医の妻が警備兵に問いかけますが、返答はなし。そればかりか警備兵の姿は見えず扉も開いていたのです。

隔離施設を抜け出し街にでると、都市が機能していないうえにそこらじゅうゴミだらけ。教会の聖像、マリア像やキリスト像には布で目隠しがされているという惨状でした。

眼科医の妻は仲間を連れて、近所にある自分たちの自宅に戻るのですが、幸いなことにそこは誰にも荒らされておらず、ようやく人間らしい生活を送れるようになります。

シャワーを浴びている女性たちの笑顔は、本当に素敵でしたよ。

そして、眼科医の妻が伊勢谷友介にコーヒーを入れてあげているときに、彼の視力が回復するのです。

「このまま、みんなの目が見えないままで、今視力がある眼科医の妻も、いずれは見えなくなるんだろうな。なんの希望もない作品だな」

と思っていた矢先だったので、これにはちょっと嬉しくなりましたね。

最初に発症した伊勢谷友介が視力回復したということは、次々にみんなの目が元通りになる可能性があるということですからね。

ただ、問題は、街を徘徊している人たちの視力が回復していったときに、この混乱した状況に秩序は戻るのか?という心配があるんですよね。

政府主導で元通りに戻そうとするでしょうけど、無法地帯になっている地域もいくつも存在しているでしょうから。

本当は、どのように都市が再生していくのかまで見せて欲しかったのですが、原作にもそこまでは描かれていなかったのかもしれません。

ブラインドネスをhuluで見る

2週間無料で楽しめる!↓↓↓お試しはバナーをクリック!↓↓↓

[紹介している作品に関しては、現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式サイトにてご確認ください。]

-洋画 ホラー&サスペンス
-,

Copyright© 海外ドラマと映画 ネタバレとレビュー , 2020 All Rights Reserved.