海外ドラマ

【4400 未知からの生還者】4400人の失踪者が戻ってきた

更新日:

4400 未知からの生還者

個人的にSFものは大好物なので、有名作品は優先的に見るようにしています。そんな中で、この「4400 未知からの生還者」は視聴優先順位の上位に位置していましたので、最後までじっくり見させてもらいました。

あらすじはというと・・・

アメリカシアトルにある湖に光る球体が突然現れます。そしてその球体が消え去ったあと、湖畔にはおおくの人々が出現。

総勢4400人の彼らは、数年~数十年前に失踪していた人たちだったのですが、特殊能力を備えて現代に戻ってきたのです。

彼らはどこから戻ってきたのか?特殊能力は何のために備わっているのか?NTAC(国家脅威対策本部)のトムとダイアナが捜査をすすめるうちにわかってきたことは、実は彼らには重大な任務が託されていた・・・というストーリー。

4400 未知からの生還者を観た感想

特殊能力をもつ人間っていうだけで、完全に興味を持っていかれるという単純な私。

4400人すべての能力が描かれているわけではないのですが、もし自分ならどんな能力がほしいかなと考えて、登場人物とその能力をピックアップしてみました。

  • リチャード・タイラー(マハーシャラルハズバズ・アリ):念動力
  • マイア・ラトリッジ(コンチータ・キャンベル):未来予知
  • ゲイリー・ナバロ(シャリフ・アトキンス):読心

本当なら透明人間になれる能力と、瞬間移動できる能力もほしいところですが、とりあえずこの3人の能力があれば楽しい人生がおくれるんじゃないかなということで。

4400の中で最強なのは、間違いなくイザベル・タイラー(メガリン・エキカンウォーク)でしょうね。

基本的に不死なうえに強力なパワーをもっているという設定なのですが、個人的には、不死というのは人生を楽しめそうもないので却下。

やはり限り有る時間を生きてこそ充実するもんだと思いますからね。

4400 未知からの生還者・ネタバレ

4400はなぜ現代に舞い戻ってきたのか?という問に対する答えが判明します。

それは「未来の破滅を防ぐ」という使命があるということ。特殊能力によって現代を変えていかなければ、未来には破滅が待っているということだったんですね。

結末はどうなるんだろう?と興味深く見ていたのですが、テレビシリーズはシーズン4で打ち切りとなってしまいました。

続きはどうなったかというと、なんと小説で発表されるという特殊なパターンだったんですね。

「THE 4400 Welcome to Promise City」「THE 4400 Promises Broken」

この2冊で完結ということなのですが、悲しいかな日本語の翻訳版は発行されていません。ドラマが終了してかなり経つということから考えても、日本語訳版は出版されないかもしれないですね。

結末をどうしても知りたければ、英語の得意な友人に読み聞かせてもらうしかないかも。

こういうパターンでなく、きちんとシーズン5まで制作して締めくくってくれれば、星5つの評価だったんですけどね~。ドラマの結末を劇場版映画で発表するというパターンでもヨカッタので、映像作品は映像だけでまとめてほしかったです。

4400 未知からの生還者の女性登場人物について

自分の好みの女性は出演していなかったんですけど、強いていうならこの2人でしょうか。

  • ニッキー・ハドソン役のブルック・ネヴィン
  • アラーナ・マレーヴァ役のカリーナ・ロンバード

ブルック・ネヴィンは「ラストサマー3」の主役を務めているのでご存知の方も多いでしょう。

一方、カリーナ・ロンバードに関しては、個人的に彼女のFACEBOOKをフォローしていますが、1ヶ月に1回程度しか更新されないので、あまり力を入れていないようですね。

今後の希望としては、あの黒髪と妖艶な瞳をドラマや映画で見たいものです。

-海外ドラマ
-, ,

Copyright© 海外ドラマと映画 ネタバレとレビュー , 2020 All Rights Reserved.