洋画

【2001年宇宙の旅】SF作品の金字塔

投稿日:

2001年宇宙の旅

2001年宇宙の旅をhuluで見る

アーサー・C・クラークとスタンリー・キューブリックによるSF映画が「2001年宇宙の旅」なのですが、1968年公開とは思えない特撮技術はいま見ても唸ってしまうほどです。

現在も使われ続けている技術がこの頃にできていたんだと思うと、ちょっと驚いてしまいますよ。

さて、その2001年宇宙の旅のあらすじなのですが・・・

人間がまだ進化の途中だったサルだった頃、その集団生活の中に突然、黒い石板「モノリス」が出現する。このモノリスの影響でサルは知恵をつけていき、武器をつかって敵対するサルたちを殺してしまうというところから物語が始まる。

時は過ぎ、科学力を手にした人間は月の裏側でモノリスを発見。そして木星へ向けて何らかの電波を発信したモノリスと木星について調査するために、宇宙船ディスカバリー号が人口知能を搭載したコンピューター「HAL(ハル)9000型コンピュータ」と乗務員を乗せて地球を出発する。

途中、HALが暴走しはじめ乗組員たちを抹殺しはじめるのだが、唯一生き残ったボーマン船長はモノリスに遭遇して・・・というお話。

2001年宇宙の旅をhuluで見る

2001年宇宙の旅を見た感想

2001年宇宙の旅

この木星探査の年代は2001年という設定なのだと思いますが、1968年に想像した2001年というのは、やはりどこかちぐはぐ感があって、宇宙船のソファやインテリアが「無理して未来感をだしている」という感じでなかなか味わい深いものがあるんですよね。

ただ、ファッションや髪型は1960年代そのまんまですし、機能性素材などが開発されていないこともあって、今見ると安物感がそこはかとなく漂っています。

でもしかし、当時のスタンリーキューブリックの想像力に人々は感嘆したことは想像に難くなく、「未来はこうなっているのか」という期待感にワクワクした人たちが大多数だったように思います。

それくらい斬新ですごいアイディア満載の作品だったわけですね。

実際にHALという名前は京都コンピューター学院がいただいてたりするわけですし、SF系アニメなどでもハルと名付けられたキャラクターが存在します。後々の作品の多大なる影響を与えた作品として今も語り継がれているのは、それだけのインパクトとパワーをもっているということなのでしょう。

2001年宇宙の旅をhuluで見る

2001年宇宙の旅のネタバレ

2001年宇宙の旅

とにかくHALがコワイ。

宇宙船内に設置されたカメラのレンズを通して、その奥にHALがいる、いろいろと思考しているというシーンが多々あるのですが、BGMもなにもなく、ただただレンズだけが大写しになっているシーンはサスペンスやホラーに近い恐怖を感じてしまいます。

ストーリーを無視して、そのシーンだけを見たならなんということはないのですが、映画の最初からストーリーを追いかけているとそのコワサがジワジワとやってくるのです。

そう思ってしまう根底には「人工知能をもっていると言っても所詮はコンピューター。人間を裏切るかもしれない」という想像が常につきまとうからだと思うのです。

この作品以降も人工知能をもったコンピューターは完全に信頼できるのか?ということをテーマやモチーフにした作品が多く発表されていますが、これは永遠に解けない問題のような気になってしまいますね。

ターミネーターのスカイネットが刷り込まれてしまっているというのもあるかもしれませんが、人間の持つ冷酷さの数倍、コンピューターのほうがすごいのはわかりきっているからでしょう。マトリックスで描かれたように、人間が動力にされてしまうっていうこともありえるわけですし。

とにかく、「2001年宇宙の旅」はSF映画好きなら絶対に見ておくべき映画だと思います。

ちなみに今作品の続編が「2010年宇宙の旅」。さらにその続編で「2061年宇宙の旅」という小説もアーサー・C・クラークが書いています。

2001年宇宙の旅をhuluで見る

2週間無料で楽しめる!↓↓↓お試しはバナーをクリック!↓↓↓

[紹介している作品に関しては、現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式サイトにてご確認ください。]

-洋画
-

Copyright© 海外ドラマと映画 ネタバレとレビュー , 2020 All Rights Reserved.